FC2ブログ
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

BRM602 近畿600 通過①~PC⑤まで  

【通過①高見山~PC②勢和多気】
高見山の通過チェックには9:37到着。思いの外疲弊している(笑)

IMG_1995.jpg

ここからは下り基調。路面に滑り止めが付いており下りづらいったらありゃしない。

10:30頃に飯高の道の駅に到着。やはりスタート時間が早かったので空腹感を感じたので食堂を目指すも…開店は11時とな。

これで完全に立ち寄った意味が無くなった。トイレだけ借りてリスタート。

とはいえ空腹感は解消されないので、次の道の駅茶倉で昼食を取ることにした。

コースからは若干外れるが300mくらい。。。と思ったら食堂は劇坂の上にあった(笑)

11時過ぎに入店したのでもちろん客はまばら。でも景色は最高。カレーを食べようと思っていたが、奮発してカツカレーにした。

IMG_1984.jpg



再スタートを切り、多少のアップダウンをこなして12:06にPC②の勢和多気に到着。


【PC②勢和多気~PC③鳥羽】
すでに昼食を済ませていたのでドリンクだけ補給して再スタート。

R42を北進する。PC②通過後4km走ったところでなぜか参加者の一人であろうミニベロの方と対向した。後で聞くとどうやらPC②を飛ばして走っていたらしい。

その後分かりづらい交差点を左折し県道13号線に入ると延々片側1車線の道路を向かい風の中伊勢方面へ。

この区間で初めて麦畑を目にした。真っ茶色の畑だった。このブルべで一番新鮮味のあった風景。ビールの材料にするのだろうか??

伊勢市駅までは町中を走る。今年唯一DNFだった苦い思い出のある伊勢200のスタート地点前を通過し一路鳥羽方面へ。

左折し近鉄電車と並走する辺りからはずっと登り。予想していなかった山越だったので少しダメージをくらったかな。

理由は分からないが、ブルべ以外のサイクリストがよく走っていた。何かの推奨コースになっているのであろうか。

だらだら登って、一気に下ってR42号を右折。R42に復帰すると程なくして13:54PC③鳥羽に到着した。


【PC③鳥羽~PC④大紀町】
ようやく全行程の1/3が終了。ただし既に問題が発生しつつあった。

まず最初に発生した問題はシューズ。履いているシューズはスペシャのSW-SUB6なる紐靴。

たぶんブルべマスターなら、そんな硬い靴で走ってるの?と馬鹿にされそうなんですけど、仕方がないんです。これしかシューズ持ってませんから(笑)

カミハギでフィッティングを受けた際にシューズのサイズも診てもらいましたが問題なしだったので、おそらく合う合わないの話なのではないかと。

もしくは長時間走ることで足が膨張し、足の内側外側両方が擦れて痛くなるのではないかと。要は足先が痛い。

まあまだ走れなくなる程の痛みではなかったので、擦れて痛くなっている個所に絆創膏を貼ってリスタートした。

なお、PC③~PC④までは72㎞程度。恐らく1日目の最難関区間ではないかと。

というのも後半のR260区間は伊勢200で経験したのだが、アップダウンの数が半端ない。

それに加えてR260までもアップダウンが連続するので、相当苦労・消耗するのではないかと予想していた。

R260に到達するまでは難なくこなせたのだが、R260に入ってからは大変大変。大変大変。

70㎞程度のうち50㎞走った辺りにあったローソンに溜まらずピットイン。この日初めて氷を購入しボトルにも氷を。

多少補給もし20分は止まっていただろうか?次のPCまであと20㎞…辛い。

ローソンを出た途端またアップダウン(笑)ただね、前回MTBで走ったのが功を奏した(?)のか、ここからの20㎞は想像していたほどきつく無かったわ。

とはいえ、最後の最後に200m程度の登坂が待ってたんだけどねw新道のトンネルを超えればこの区間の終わりであるPC④大紀町に18:08到着した。


【PC④大紀町~PC⑤勝三屋】
町中のコンビニではないので既に品薄状態。まあさっき補給したからね。すぐにスタート。

この頃から未体験ゾーンに突入。というのも消化器系が今まで経験したことがない状態に。つまりは固形物を受け付けないってやつ。

なのでこの辺りからは持参していたジェル系の補給食を取り始めました。持ってきて良かった(笑)荷物になってただけだったっすからねえ。

ここからは2つほどの峠を超えて紀伊長島に到達。ここからはR42に再合流し南進する。

やっぱりね、同じ国道でも2桁国道と3桁国道は違うよね。当たり前なんだけどR42のほうが走りやすい。

R42に入れば凶悪なアップダウンは無く、尾鷲まではスムーズに走行。参加者とは殆ど出会わず変な感じ。

そして311km地点にあるR311との分岐を左折し、仮眠所のPC⑤まで残り30㎞!!

気合を入れなおしてR311に突入するも…道は真っ暗。本当に真っ暗。そして誰もいない。なので真っ暗の中一人進む。

途中後から参加者が抜いていった。登りが早いのですぐ視界から消えるかと思ったけど、何とか踏ん張る。1人より2人のほうが心強いし走りやすい。

やたらに長いトンネルを超えるとようやく峠の頂上。下りも真っ暗なのでライトはハイモードに。VOLT800の性能は安心できる。

下ってまた登り。下ってはまた登り。集落を通過するとまた登り。下って集落を通過するとまた登り…の繰り返し。

途中ブルべライダーか??と思うほどの光量の高いライトを3つつけた自転車とすれ違うwたぶん地元民なんだろうが、ルートミスしたのか無性に不安になる。

ただもう少しで仮眠所に着けると思うと…頑張れるんだなぁこれが(笑)

最後の4kmは平坦基調でトンネルとトンネルの間から側道に降りて21:45にPC⑤勝三屋に到着した。

[edit]

BRM602 近畿600 START~通過①まで 

【プロローグ】
BRM602は午前4時半スタート。

睡眠をしっかりとる必要が個人的にはあるので、前日の金曜日は午後休を取得。

14時10分木曽川駅発のJR鈍行列車に輪行バッグを積んで移動開始。

木曽川→大垣→米原→新大阪まで来て、新大阪からは特急くろしおを使用。

座れるかなぁと淡い希望を持っていたけど、自由席前には電車が到着する前から長蛇の列ができていたので諦める。

先頭車両は指定席なのだが、車両の前方にもデッキがあったのでそこに陣取った。

たしか17時30分に海南駅に到着。

和歌山大学出身であるが、海南駅は無縁の存在。ただ明日のスタート地点であるマリーナシティにはよく嫁と花火を見に来たものである。

今回使用した宿はSEE QUEEN KAINANというホテル。

スタッフさんもフレンドリーで、自転車を1階の屋内スペースに置かせていただけるなど、ランドヌールの前泊で使用するホテルとしては最高のもてなし。

部屋もやたらに広い。。。たぶん。。。ラブホを改修した感じ。だがここイイよ。

なお周囲に大型スーパーやガスト、その他飲食店多数です。



【土曜日】
朝3時に起床し準備を開始。朝3時に起きるのは王滝に出る時くらいか(笑)

朝食を食べ、3時半すぎに出発。ここから集合場所までは10分足らず。

到着する頃には50人ほどが集まっていた。その後も続々と人が増え続けた。

IMG_1981.jpg


4時にはブリーフィングが始まらなかったが、受付と車検を並行して行っていたため、定刻の4時半にスタートした。

(START~PC①)
スタートは一斉だったけど、一気に参加者がド~っと行く感じではなかった。

そんな中先頭集団に入ってスタートした私。最初の右折する交差点では15名程度の集団が形成されていた。

R424に合流するまでは初めての道だったけど、合流してしまえばBRM331と同じ行程。

この辺りまでで身体が暖まったので極薄レインウェアを脱ぐ。上半身は半袖に。

途中信号により前方の集団と切り離されたが、追いかけることもなく。自分のペースで。

なんたって先は長い。人のペースに合わせる必要もないし、人のために前を曳くほど力量がないので。。。

というか、2週間前にギックリ腰を発症しており、約2週間ぶりの実走なんだよね。

だからどれだけ走れるか分からないし、いつ腰痛でDNFとなるかもしれない。慎重に歩を進める。

ただね、五條まで20㎞という地点からず~っと前を曳いていたみたい。後はいっこうに前を走ろうとしない。

イライラしながら走るのも嫌なのでペースをワザと落としたり上げたりするけどお構いなし。正直腹立ったね。

そんなこんなで心中穏やかでない状況でPC1五條ファミマに到着。



(PC①五條ファミマ~通過チェック①高見山)
五條のPCでは飲み物だけを購入してそそくさとスタート。補給するほど持ち物が減っていなかったし。

ここからは初めての道…と思っていたが初めてではなかった模様。

3年前のGF吉野ロングコースで走ったコースだったみたい。見た覚えも走った覚えもある。

IMG_1982.jpg

なのでここから吉野を超えるまでは全く新鮮味のない行程だった。ず~っと単独走w

ただ道は決して広くなく、広がったり狭まったりを繰り返す。また力業で抜いていく車両もあり少し危険な個所も。

なんといっても細い道で抜いていく自動車が、対向車が現れた途端ブレーキを踏むもんだからね。気が抜けない区間だったね。

吉野を抜ければもう高見山へ向かうのぼりが始まる。

START地点から春秋用のレッグウォーマーをつけていたんだけど、それで身体がオーバーヒートしてたみたい。途中で気づいて脱いだ。

IMG_2004.jpg



斜度はきつくても5%程度。木陰も随所にあり気温が上昇する中でのヒルクライムであったが、さほど難易度の高い登りではなかったように感じる。

ただ…通過チェック前のトンネルが長い(笑)。。。

んでようやく…というか思いの外体力を消費して通過チェック①高見山に到着した。

[edit]

BRM602 近畿600 装備リスト 

日時:2018年6月2日~6月3日
天候:晴れ
気温:土曜日 最低16℃ 最高26℃
    日曜日 最低9℃ 最高27℃

IMG_1978.jpg


1、服装

【土曜日】
・半袖アンダーウェア(ファイントラック)
・夏用半袖ジャージ(WAVE ONE)
・ビブ無しズボン(パールイズミ)
・レッグウォーマー(パールイズミ)  ⇒ 吉野町通過後に脱ぐ
・超薄手レインウェア(スペシャライズド) ⇒ R424合流後に脱ぐ
 
※海山にて夜間走行準備後にレインウェアを再度着用  

【日曜日】
・長袖アンダーウェア(ファイントラック) ⇒ 日置川町通過後に脱ぐ
・冬用長袖アンダーウェア(パールイズミ) ⇒ 紀宝町通過後に脱ぐ
・半袖ジャージ(WAVE ONE)
・ビブ無しズボン(パールイズミ)
・レッグウォーマー(パールイズミ)  ⇒ 紀宝町通過後に脱ぐ



2、装備品
【装備品】
・タイヤ continental グランプリ4season 25C
・ライト CATEYE VOLT800 × 2
・カメラ GoPro Session5

【サドルバッグ】
・予備タイヤ continental グランプリ4000SⅡ
・予備チューブ×3
・パンク修理キット
・エアーポンプ
・モバイルバッテリー
・充電用ケーブル
・絆創膏
・クリーム
・補給食
・アミノバイタル
・熱中症対策サプリメント


[edit]

BRM602 近畿600 認定完走 

6/2~6/3の2日間でBRM602近畿600紀伊半島一周に参加してきました。

38時間、600kmと通常では考えられない時間と労力をかけて認定完走に至ったブルべでしたが、いい経験をさせて頂きました。

とりあえず通過時間を下記に示します。
 
詳細はまた後日。


【1日目】
START 海南   4:30発
PC①(60.5km)   五條   6:49通過
通過①(114.4km) 高見山   9:37通過
PC②(163.5km)  多気   12:06通過
PC③(200.0km)  鳥羽   13:54通過
PC④(273.9km)  大紀   18:08通過
PC⑤(338.8km)  尾鷲   21:44到着

【2日目】
PC⑤(338.8km)  尾鷲   01:15出発
通過②(384.1km)  紀宝   05:09通過
通過③(431.0km)  串本   07:31通過
通過④(441.2km)  串本   08:21通過
PC⑥(494.8km)  日置川   11:28通過
PC⑦(561.4km)  日高   15:47通過
Goal(601.1km)  海南    18:41到着

計 601.1km 38時間11分 認定完走

[edit]

BRM428近畿400 画像集  

スタート前。ブルベ日和。

当日の装備。今回は輪行バッグ持参。

唯一?走行中の画像

今回のログ

初の400メダルゲット🥇

田辺以降は借金生活だったみたい。

[edit]

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。