04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

自走で上高地 

待ちに待った夏休み。今年は9連休でした。

今回のメインイベントは美濃加茂から上高地まで自走で行くロングライド。

車で行った場所ではあるものの、往路は後半に峠が3個あり、体力的に持つのか果たして・・・



8月12日。朝4時半に嫁の実家を出発。もちろん外は暗い。

この日のために買ったMTBタイヤの空気圧を再度最高にして出発。

往路は距離は170㎞程度、獲得標高は3500m程度と予想。

前半は高山市までの120㎞はほとんどフラット。

フラットというか、120㎞走って800mくらい登る感じ。ダラダラ登らされるわけ。

終始国道41号線を北上。途中までは何度も走ったことのある場所だから退屈。ゆえに眠気に襲われる。

70km地点にある下呂温泉に7時半過ぎに到着。特段何をするわけでもなく小休止して出発。


高山までここから50㎞。アップダウンが増える。そして気温も上がる。。。

この区間は初めて走る区間なので眠気は襲ってこない。ただ景色はほとんど変わらない。

一か所、高山市に入るトンネルが自転車通行不可のため旧道を走らされるも迷うことは無い。

そして10時過ぎに宮峠を超え、10時半に高山市街地に突入。

高山市街地を少し過ぎた場所のコンビニで昼食&水分の買い込みを念入りにやった。



んでこっからが問題の区間。

残りは50㎞もないんだけど、そこから2000m程度登らないといけない。

加えてこの日は暑かった。日差しが容赦なく降り注いでるし、国道158号線は日影が少ない。

腹ごしらえをして出発。

まず最初の目標は平湯トンネル。ここから30㎞900mUP。3時間は必要かと。。。

登りといっても上り続ける訳ではなく、下りもある。だからその分余計に登らされるのが結構負担(笑)

半分まで登った辺りで休憩を入れる。体温が下がらずツライ。かといって水分を取っても腹に貯まるだけな感じ。

とそこに、ライダーズカフェ(?)のような店の入口に湧き水がかけ流し状態であるのを発見!

たまらずというか、条件反射のように停車し、店主に断ってからしばし水浴びタイム。

上がりきった体温を一気に下げることができ快感。正直助かった~~の気持ちでした。

こちらのお店の方には塩をふったキュウリやトマトも頂き本当に助かりました!!

それからというもの一度も停車することなく平湯トンネルに到着。時間は14時。

平湯トンネルは自転車で通るには危険な道の細さ&長いトンネルと聞いていましたが、

高山側からであれば下り基調なのでササっと抜けることができました。

そして降りたところにある、自転車も通してほしい安房トンネルの入口(笑)


そして最後のメインディッシュである安房峠の麓である平湯バスターミナルに到着。

ちょいと小休止。



安房峠はクマ出没のリスクがあるとのことで、この峠のためにクマ鈴を持ってきました。

ただ登りではあまり鈴が揺れないので鈴が鳴らず…(笑) ただただ受け身の姿勢でしたね。

峠の中腹までは切り立った崖の中に道が作られていたので、横からの襲撃はないと思ってましたが、

後半は両脇が茂みだったので、どちらから来てもおかしくない感じでした(笑)

熊の襲撃に無縁な関西人としては、見てみたい気もしましたが、妻子のある身なので、出てこないほうが助かります。

なんたって登りは逃げれる速度じゃないですからねw

結局インナー×ローでクルクル回すのが精いっぱいだったので、頂上に着くまでに約一時間かかりました。

峠の頂上は曇。そして標高1800mとあってか半袖では寒い。。。

写真を撮って、ウィンドブレーカーを用意して出発。ヘアピンカーブがいっぱいあって楽しい。

今となっては安房トンネルのおかげで交通量は非常に少ないけど、

ここを大型バスが大量に通っていたは考えられないわ。確実にすれ違えない場所だらけだし。



そいでやってきました。釜トンネル。

自家用車が入れない場所を自転車が入っていけるなんて素敵。サイクリストの特権だね。

バスやタクシーの運転手からすると迷惑極まりない存在なんだろうが(笑)

釜トンネルは最初から最後まで劇坂。

しかも通る車両が全部轟音を轟かせながら走るもんだから、

弱小自転車は落ち着いて走ってられない。実際バスに抜かれるときは何度か止まったもんね。

でも距離的にはあっという間なので、もうすぐ到着できるという高揚感だけで登れる感じでした。




んでようやく上高地に到着。

バス停までしか乗車できないことは事前に知ってたけど、この繁忙期だけは持ち込みもダメらしい。

ホテルに置かせてもらうつもりだったので鍵を持っておらず…

でも上高地だから盗難なんてないだろうと軽く考えて、バスターミナル横の駐輪場に鍵なしで停めちゃいました。

到着時の上高地はあいにくの曇天。

しかしバスターミナルから延びるバス待ちの人たちの列が数百メートル延びていて若干引いた。

みんな小奇麗な恰好やら登山客的な恰好をしている人ばかりだったのに、一人歩く汗だくのサイクリストw

しかもピチピチジャージにビンディングシューズだから無駄に歩く足音がうるさくて恥ずかしかった。

ホテルには着替えを事前に宅急便で送っていたのでホテルでは何不自由なく過ごせましたが、

ホテルの風呂でこの日着ていたジャージを洗う必要があったので、それはすこし恥ずかしかった。

どうやら流星群の観測に来ているお客さんが多かったようだが、この日はず~っと曇。

胃腸に不調が来るほど消耗していた小生は7時半まで部屋でゆっくりしてから食事を取り、

ビールも1本だけ注文して即就寝したのでありました。

往路編終了。



[edit]

山岳GF吉野 残念編 

さてさて忘れかけてきたので最後までズバッと。



行者還トンネルまでの14kmを登り始める。

トンネルの入り口の標高が1100m程度。一方天川エイドの標高は500m程度。

つまり600m登るのに14kmも走る。つまり最初はダラダラ登るのがメイン。

そして疲労が蓄積されてへとへとになった最後の2km程度の斜度がキツクなる感じ。

登ってみたものの、とりあえず長い。長い長い長い…上り坂。

結局天川エイドから1時間以上かかって行者還トンネルへ突入。

疲れていたためか、今年は記念撮影無し(笑)2度目だし新鮮味が無かったのか…

トンネル出口で撮影し合っていたロード乗りがいたけど小生はそのまま快調に下る。



気持ちいい下り。はるか下の方に今から通であろう道が見える。どんだけ下るねんって感じ。

緊張感が一気に抜けたためか(?)、急な眠気に襲われる。

結局国道168号線と合流する手前で仮眠3分。寝ようとしたが寝れなかった。暑いし。

その後国道168号線を300m程登る。道の質がさっきの登りと違うのでかなり登りやすい。

長いトンネルを2つこなすとようやくダウンヒル区間。この区間で最速65㎞/hを記録。

てかロングはこれで終わり?あっという間やん!と思ったのだが、小生はスーパーロング。

これからメインディッシュが始まる感じ。まだコース料理でいうと冷製スープを飲んだあたりか(笑)



ここでエイドにて小休止。水浴びやら補給やらポカリをハイドレーションに入れたり。

と、実はこのエイドで残り時間と距離から完走は不可能と考え、係の人にリタイヤを宣告したのですが…“まだ時間あるから足の郷登っておいでよ”

という何とも鬼畜な返しを喰らう。あまりの笑顔での宣告だったので返す言葉も無く従うことに。

時間を見ると12時45分。足の郷の足切り時間まで1時間15分しかない。急いで出発!

橋を渡り左折をすると…さっそく急坂が現れる。散々走った後のメインディッシュとしてはかなりツラい。

この前の結婚式の料理みたいな感じ。イタリア料理やのに豊富な前菜の後にスープもパスタも魚料理も肉料理も出てくる感じ。もうおなかいっぱいだっちゅうの!!

序盤は多少の平坦区間もあるものの中盤以降はただただ登る。登っても登っても登り。

疲労感抜群でメモリが限られた状態の中、足の郷の峠の標高と残り時間から計算すると、10分あたり100m登る必要があることが判明。

40分で400m登る必要があったんだけど…残り30分300mの地点で事件が!

子供の頭くらいの尖った落石が路上に落ちていて、ふらつきながら登っていた小生は避けれずに後輪を乗せてしまう。。。。

すると今まで聞いたことが無いくらいの音で“バシューー”と見事な轟音を轟かせながらサイドカットによるパンクが発生(泣)

公共の面前であることを忘れ、怒りで発狂してしまう。

ただこの日の小生は何かが違った。いつもの小生なら座り込んで諦めるところだが、なぜか急いでパンク修理を始めたのだ。



結局5分程度でチューブレス用バルブを抜き、チューブを入れ、1.4気圧程度空気を入れてベコベコのタイヤで再スタートする。

そこからも見たことがないような急坂が続くものの、半端ない集中力で登り続ける。

ロード乗りは殆ど歩いて登っている。MTBだから登れる坂。故に降りるわけにはいかない。

足の郷の制限時間である14時まであと5分という時点でようやくはるか彼方に係の人を見つける。

係の人も“おーい!”と応援してくれる。小生もヤケクソで叫んでそれに応えながらペダルを踏む。

そして足の郷に到着。足切時間までは3分しか余裕が無かった。諦めずに良かったとテンションMAXになる。

まるでここがゴールかのような盛り上がりが自分の中であったものの、補給するだけして再度スタート。

足の郷の下りはMTB最強!怖いものなしで下る。ロード乗り2人を抜いて平坦区間へ。

たかすみエイドまで多少ダレながら走るも14時40分ほどにエイドに到着する。

ここからは最後の峠(標高600m程度)を登ればお終いだ。



と、ここでショックなことが。

足の郷のチェックポイントを通過すれば時間制限はゴールだけと思っていたのですが…

なんと16時に足切時間が設けられてるチェックポイントが途中あるんだとか。

しかも残り1時間ちょいしかないのにこのポイントが25km程度先なんだとか。

絶望。ただただ絶望。

でもこの日はやっぱり変だった。まだ何とかなる!という状態になり急いでエイドを出る。

これから300mを登らないといけない上に平均時速25kmとかMTBでは無理だと思ったのですが、やってみないと分からないとばかりに飛ばす。

飛ばす飛ばす…峠をなんとか垂れずに登り、エアロポジションを維持して40km/h以上を維持して下る下る…

ただやはりどう考えても無理だと悟る時が来て…無念のスローダウン。。。

平坦区間で強い向かい風の中敗走を続け…16時足切りのチェックポイントで今年のグランフォンドが終了。

係の方の車に車体と身体を乗せてもらいスタート地点まで戻る。

まさか最後の上り坂を車で登るとは…トホホ。

でもタイムアウトになった上に最後の坂を登らされるとかだったらどんだけ絶望を感じただろうか(笑)



結局鈴鹿アタック240に続いて結果はDNF。

グランフォンドの4日前に高熱発症した割には走れたとは思うんだけど、やっぱりスーパーロングをMTBで完走するのは結構ムズイ。

昨年のロングは楽勝でクリアできたけど、やっぱりスーパーロングは別物だわ。

今回みたいに足切時間を意識しながら走るのはある意味新鮮だったのだが、

完走するには40分は余裕をもって足の郷を通過しないと完走できやんやろね。

ちなみにこの日から10日ほど経過したけど疲労は抜けきれず。

ローラー台に乗っても全然速度もパワーも出ない。

177㎞、3200mUPということもあり2週間分の練習になったのだが、ダメージ半端ないわ。

来年は再チャレンジ。大阪にいればの話だけどね。




[edit]

グランフォンド吉野 DNF スタート編 

先週グランフォンド吉野に参加してきました。

もちろん今年もMTB。参加カテゴリーはSL(スーパーロング)でやんす。

十分準備してきたはずがまさかの火曜ー水曜と高熱(39.4℃)を叩き出すなど、

予想外のことがありましたが、何とかスタートラインには立つことができました。

ちなみに前日は仕事。何とか疲労を溜めずに行きたいところですが、

結局家を前日の22時に出発、途中の道の駅で車中泊をする羽目になりました。



5時前に現地到着。早く着いた人ほど遠くに止めさせられるという意味不明な駐車場誘導。

そして見事にトラブル発生。後輪タイヤがサイドカットしてる(泣)

高圧に空気を入れると横から漏れる。シーラントが頑張ってくれればいけるか?

出走可能かも分からない状態だったが、とりあえず前から3列目に車体を並べる。

5時半に再度確認したけど、とりあえずは塞がってくれてる感じ。チューブはもちろん2本持っていく。


6時に予定通りスタート。今年は2名が10秒間隔で出走していく形式に。

最初の下りを下るとロードの集団ができていたので付いていくことに。

少しのアップダウンでも息が上がる。しかも深く息をすることができない。先行きかなり不安。

序盤の25kmは平坦なのでできるだけ付いていくが、やはりSLに出る人だけあってペースが速い。

なので最初の左折交差点の時点で集団から遅れる。というか付いていくのを止めた。


ここからは野辺山エイドまで登りが2本。抜かれまくり(笑)抜いた人はゼロ(笑)

登り始めてからピークに着くまでが遠い。平坦部分を挟んでの登坂なのでだらだら時間がかかる。

それに加えて登るときはキュッと傾斜がキツクなるのでそれなりに体力を消費する。

2本目の登りのほうがきつかったかな。600m級と700m級の峠を越えてようやく第一エイドに到着。


まだあまり消耗していなかったけど、素麺をたらふく食べて、ポケットにバナナを入れてリスタート。

あ、サドルの高さが高かったので、係りの人に六角レンチを借りてサドルを下げた。これはかなり効果があった模様。

ここからは40kmほど天川村までだらだら登り基調の平坦。もちろんロードについていけるはずもなく単独走。

そして襲ってくる眠気。昨年のロングもこの区間で眠気をかなり感じたけど、単調な道だからか?

25km/hくらいを目標に速度を維持して走る。無事に天川エイドに到着。

ここでようやく柿の葉寿司にありつける。しかし今年は何かが違う。オレンジが最強に美味い。

今年のエイドでの補給食で一番食べたのはオレンジ。次いで素麺かな。


さてさてここから行者還への登り。309号線に入ってから14kmもある。。。

以降はまた今度。

[edit]

Ready For GF吉野 

来週日曜日は今シーズン第二の山場“山岳グランフォンド吉野”でやんす。

今年もMTBで出場。昨年ロングを完走したので今年はスーパーロングに挑戦。

果たして時間内に完走できるか?かなり怪しいとことです。

しかも今年は昨年の逆走バージョン。誰もそのコースの難易度が分からんのも厄介。


ということで先週土曜日はMTBにて走ってきました。

天気が悪いこともあり(?)サイクリストは皆無。

南河内グリーンロードで一人も自転車を見なかった。一人貸切状態w

雨には金剛山付近で降られたけど、ずぶ濡れにはならず。

ただ今年はまだ不慣れな高温多湿での走行なので水分摂取のタイミングが難しい。

久々にグリコのCCDを途中飲んだけど、ポカリよりも補給には良いね。


ちなみに参加するスーパーロングのコース設定は200㎞・4000mUPなので登りが厳しい。

本番1週間前に走った所で効果は懐疑的だけど、アップダウンのある道を選んで実家の熊取まで目指す。

中途半端な登りばっかりを選択してしまったけど、80㎞1300mで土曜日は終了。

自宅⇒R25⇒石川CR⇒南河内GR⇒金剛RW⇒R310⇒R170⇒旧R170な感じ。

単独走だからイベント当日は風よけを探して楽に走りたいところだが、ほぼ周囲はロードだからねぇ。

恐らく足の郷頂上で足切に合うか合わないか…がターゲットとなりそうです。



GF吉野の準備については…

①ドリンク
アクエリアスは個人的には×(効果なし)、ポカリは冷たければ体にしみこむ感じ。

一方CCDは汗をかいてだるくなった身体が回復する感じがする。

なので来週の高温多湿の多汗イベントはCCD持っていかないとね。

②補助食品
追加で持っていくのは…2runと塩分補給のスティックを数本持っていこうかと。

③固形食品
固形食は恐らく現地調達(エイドステーション)できるのでそないに必要ないかと。

④ハイドレーション
問題はハイドレーションを背負うか、それとも2ボトルで乗り切るか…

ボトル1本700mLやから…ハイドレーション背負うのとほぼ一緒なんですよね。

長距離イベントにはいつもハイドレーションを背負う癖というか習慣なので、今年用のハイドレーションを購入したもののまだ決めかねてません。

⑤その他装備品
ほかのライト・テールライトは今年のブルべで揃えたモノがありますからね。

[edit]

祝 良脚へRank Up 

昨年3月にGARMINのパワーメーターを購入。価格はたしか17万位。

今でも高い買い物だと思うのだが、それだけの価値はあるんだと思う。

価値がありすぎて、パワーメーターに故障があると乗る気が失せるのは問題だが…


過去2回故障or破損したけど、正規代理店で購入したのでアフタフォローは万全。

1回目は1万円かかったけど、2回目は無料だった。

やっぱり正規代理店で購入した方が良いよね。壊れやすいモノは。


購入した当時はFTPが210wだった。パワーウェイトレシオにして3w/kg以下w

自分でも貧脚と思っていたけど、その感覚が数値で実証されると正直凹んだ。

それから1年間は殆ど変らず。昨年のシーズン終了時のFTPは222wだったと思う。

それが今年だいぶ伸びた。

5月末の春鈴鹿では237Wに。そして先週244Wまで上がった。

もちろん20分間で計測する推計FTPであるが正直うれしい。

パワーウェイトレシオも3.5w/kgまで上がったってわけ。



下の画像が本当のことであるなら、小生は今年から良脚にランクアップしたわけだ。



登坂が永遠の課題である小生にとってFTP上昇=登坂力UPなのかは疑問だが、

それを信じて走るしかない。

今年は例年と違って距離を走り込んでいる。3-5月は共に600㎞程度走った。

今月は少し低そうだが。

王滝100㎞…7時間切れるかな?

[edit]

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。