FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

BRM406 近畿300 十津川 

久々の記事です。

先週ブルベを1本走ってきました。

BRM406近畿300十津川です。

自分にとってこの十津川ルートはブルベ始りの地。

4年ぶりの参加になります。

昨年は開催直前に災害により青山峠に変更となりましたが、

今回は無事に開催されました。

果たして4年前の自分と比べて速いのか?遅いのか?

ちなみに、来週も300を走るので、夢の2連続ブルベの始まりでもあります。



START~PC①
今回のブルベの驚く点は、スタート時間が5時であるということ。

”寝不足=DNFのリスク”が確定している自分にとっては難易度高めです。

幸いにも、暖かい日になりそう。雨が降る確率はほぼないみたい。

同じチームのSさんと久々にお話した後にスタート。

もちろん今回も使用機材は29erMTBです(笑)


雄ノ山峠はマイペース走行で登坂。下りは飛ばしてロード組の後に憑く。

途中、貴志川線の長い踏切ストップを食らいながらも進む。。。

と思ったら、前の人が走行中にモノを落としたらしく、それを拾おうとした後続が急停止(怒)

どんだけ危険な行動か分かってんのかな?

自分と周囲の安全を確認してから拾おうね、君。

んで、自分は気にせずに抜かして走ったら、いつの間にかロードの集団がMTBの後に沢山w

プライドは無いのかい?君達。

黒沢牧場の登りは、序盤ハイペースだった人達を抜かし、そそくさとダウンヒルを慣行。

スタート時間が早いので、100km地点の道の駅では食事ができない可能性が高いので、

下った場所にあるファミマで補給を取った。あと何枚か服を脱いだ。

ここから椿山ダムのPCまでは順調に進む。服装の選択も問題ないようだ。



PC①~PC②
椿山ダムのチェックポイントはフォトチェック。いつもは有人なんだけどね。

時間を見ると、4年前のタイムと比べて少し遅い。が、ほぼ同タイムと考えていいレベル。

これは喜んでいいのか?それとも進歩無しと考えるか?おじさん困ったぞw

写真さえとれば用もないのでそそくさとスタート。

何人かのロードを抜きつつ、100km地点の道の駅に到着。

店自体は開いているが、なにせレストランは11時から。水分だけ足して再スタート。

4時スタートの集団を抜き(その後抜き返された)、K735に入る前に少し休憩をとる。

花見のできるブルベなんだけど、花をめでることなく淡々と進んでましたらねw

1枚だけ写真を撮る。


さて、ここから引牛峠の登りが始まる。

今回もルートはほぼ同じとのことで、キューシートを持ってきていなかった。

だからいつまで登るか分からない。120km地点?125km地点?

ゴール(峠の頂上)が分からないのは辛いもんである。

結局正解は125km地点まで登りだった。

正確に言うと、奈良県の標識までは登り基調。標識の後はきつい登りが続く。

途中に、峠頂上にあるミラーと思われる物体が遥かかなたに見えるのがツライw

汗だくで峠頂上に到着。

達成感はあるものの、いかんせんこの峠頂上には何もない。景色もさほど無い。

しかしご褒美に路面の荒れたダウンヒルがここから20kmほど続く(笑)

29erMTBで参加した意味はここにある!!

と鼻息荒げて下るも、ワインディングロードなだけで、特段速度も上がらない。

ロードの参加者を抜かすのも申し訳ないし・・・ストレスが溜まる。

途中にあった公衆トイレを使わせて頂き、R425に合流しR168に合流。

ここまでくるとPC②は目と鼻の先。到着は13時。

ちなみに4年前のタイムと比べると・・・ここでもほぼ同タイム(笑)

まあ、昨年は腑抜けだったから、コンディションが4年前程度に戻っているとプラスに考えるようにした。

蕎麦屋のうどんを食す(蕎麦アレルギーなもんで)。




PC②~PC③
辛く苦しい区間の始まり。

前回同様、北から風が吹いてくる。つまり向かい風ね。

爆風というわけではないが、しっかり速度を下げるパワーはある。

トンネルから空気が噴出してくる。そしてトンネルは非常に寒い(笑)

そら疲弊するよ。ロードもMTBも。でも前と違ってロードから引き離されない感じ。

だから停まると1人だけサボっている感がでるので停まれない。

イイ感じで前も後も参加者がいる。抜かれたくはないが、前は抜かしたい。

こんな欲望が出る時点でまだ余裕があるんだろうけどな…と考えつつ。

天辻峠は見事に足つき3回。もうね、恥ずべき行為だよ。

どんだけ軽いギア持ってるんだよ!!ってね。

ただ平坦と登りと平坦が続いたので、膝が痛み始めてたの。だから許してw

天辻峠の道の駅には16時に到着。4年前とホンマに同じタイム。

200km近く走って数分も違わないって・・・どんだけ~????

ダウンヒルに備えて着込んで再スタート。あれよあれよと走っているうちに五条についた。


PC③~PC④
PC③に着いたのは17時15分過ぎ。

ダウンヒルタイムが長かったので多少は休足にはなった模様。

おにぎりを2つほど食べてから出発した。

あとの70kmはビクトリーロードのようなもの。多少のアップダウンは問題ない。

ただし日が沈むにつれ気温が低くなってきた。ウィンドブレーカーで調整する。

感覚的には追い風の区間が多かった。だから平坦だと30km/hは維持できる。

昨年の青山峠の帰りで道に迷ったが、今回は再度下調べしてきたので問題なし。

同じような景色が続く区間なので多少は退屈な感覚はあったが、19時41分にPC⑤に到着した。



PC⑤~Goal
残るは雄ノ山峠のみ。21時までのゴールを期待していたが、どうやら難しそう。

まあタイム競争じゃないからね。上を見たって仕方がない。

ここでの補給はチーズまんだけ。流石に固形物を食べるのがしんどくなってきた。

家族へ安否確認の電話を入れて再スタート。

土曜日の20時とあってか、交通量は多め。

さて問題の雄ノ山峠。今回のタイムは昨年のロードで通過したタイムと遜色なかった模様。

いい傾向なんじゃないかな。後半になっても足が残っているという意味でもあるわけだし。

ブリーフィングでも注意喚起があったように、山中渓は夜桜見学の車と人が多かった。

全然こちらを見てない歩行者が多数。

あと爆音をとどろかせるバイク!愛知県ではあまり見かけないw

やっぱ泉州は田舎だな(笑)

残るりんくうタウンまでの道も無風のため視界良好で進むことができた。

んで、21時17分ゴールに到着した。



●まとめ
2度目となった十津川300のルート。

結局今回は、1度目と比べて約35分ほど早くゴールすることができた。

まあ1回目の時は五条で薬局に寄ったり、すき屋で晩御飯を食べたりしてたからな。

恐らくその辺のタイムロスが無かったら、ほぼほぼ同タイムだったんじゃないかと。

でも37歳の時のタイムと、33歳の時のタイムが同じなのであれば、それはいいんじゃないかな。。。

とりあえず準備してきたものに不足はなかった(真冬用装備は全く使わず)し、

今回のブルベは完勝と言って差し支えない程度なんじゃないかと。

完走タイムも全体で20番手だったみたいだし(笑)MTBerとして誇ってもいいと思う。


さて来週は、今回より獲得標高が1000mも上のAR中部の300に参加する。

次回の目玉は300kmブルベで初めてロードバイクで参加するってことかな。

果たしてどうなることやら・・・
スポンサーサイト

[edit]

 |  SR600に向けて »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurige1996.blog110.fc2.com/tb.php/308-9072b76f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード