FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

エンデューロMTBでブルべ完走①  

今年最後のブルべであるBRM1027 AR中部200に参加してきた。

今年度でいうと200(DNF)-200-300-400-600ときて、今回は6回目の参加。

いつもと違う点は、人に誘われて出たことかな。

なので、そんなにモチベーションが高くなかった。

それがあんなにエキサイティングな展開になるとは…


■10月26日(金)ブルべ前日

事前の天気予報は土曜日の昼まで雨との予報。

長野県平谷村の雨は昼過ぎまで降り続く予報だった。

同行予定だったうちの1人もDNS予定と言っているし…そしたら自分もDNSだな…という感じ。

なので、金曜の朝の時点になってもキューシートも誓約書もプリントアウトしていない有様だった。

それに加え、昼になって乗るマシンが無いことに気づく。

ロードバイクはカーボンホイールしか所持していないため、ブレーキの全く効かない雨の日に使う気になれず、

またXC用のMTBは、フロントサスペンションのエアー漏れが判明し乗れない状態。

つまりブルべに参加するためには…なんと前後160mmものストロークのあるエンデューロタイプのMTBで行くしかないことになる。

普通なら参加を止める方向に動くのだが、

そこは一味違う性格なのか…ちょっとやる気が起きてきた(笑)


夜まで仕事が残っていたのを片付け、もろもろの書類をプリントアウトし、

22時過ぎまで準備がかかってようやく22時半過ぎに就寝することができた。



■10月27日(土)ブルべ当日
朝4時半に起床。

といってもAM2時頃からは遠足前夜症候群により寝られず、

寝不足により生じる頭痛がブルべ中に起きないか不安材料を持ったまま出発した。

実際、1月の伊勢200では須賀利で頭痛が発生し、道の駅海山でDNFを決意した。


スタート地点には6時前に到着。

7時組なのでゆっくりと準備開始。周囲を見たところMTBは誰一人いない。



まあ300㎞ブルべまではMTBで参加するポリシーを持ってからね。

間違っちゃいないのよ。この選択は(笑)



【コースプロフィール】
距離:約202km
獲得標高:約3800m
CP個所:4か所(うちフォトチェック1か所)
通過県:愛知⇒岐阜⇒長野⇒愛知
再考標高:1160m(長野県平谷村 平谷峠)



1、スタート~CP①



7時になると同時にスタート。雨沢峠方面へ東進。

同行者にブロックタイヤの走行音がロードと全然違いますね!と言われる。

GF吉野をMTBで走る時にもよく言われるが、運動エネルギーが音エネルギーに変換されているのよね。

だからそのぶんシンドイ。

だべっているとあっという間に雨沢峠への登りが始まる。

速い人や普通の人は前へ。一定数はエンデューロMTBの後を走っている模様。

着ていた雨具を脱いでさっさと峠を通過。

単独で走行。前も後も誰もいない。

MTBブルべではよくある展開。要はロードとペースが合わない。

下り基調でグングン進み、狛犬を通過した直後の交差点を左折してさらに下る。その後K33の登りが始まる。

道の駅を通過した直後に5名の集団が形成された。

ワイ2番手。しかし前走者の巻き上げた水が身体に当たるので一定の距離を保って追走。まったく風よけ効果無し。

雨が降っていないからだいぶマシだけど、巻き上げた水って結構水量が多いのよね。

で、そうこうしているうちにCP①ローソン恵那岩村町店に到着。(9時10分頃)



2、CP①~フォトチェック①平谷峠

ドリンクも無くなっていたし、この先補給ポイントが無さそうなので、

食料と飲料共に購入しイートインスペースで食す。

そして懸念していた頭痛が発生していることに気づく。左目の奥に鈍痛が生じている。

これまでの経験からすると、鈍痛が激しくなり、右目にも鈍痛が生じ、

焦点が定まらなくなり、走行不可能に陥ることが予想される。

伊勢200のDNFの話には続きがあって、道の駅海山で1時間寝たら治った経緯がある。

つまり、症状が出ても寝れば治る可能性はある。

イベントの前夜は8時間しっかり寝ないとこうなるのよね。

これからグイグイ公共交通機関のあるエリアから離れていくので、ここでDNFか?という選択肢が頭をよぎった。

ただ途中で仮眠を取れば回復する可能性は高いし、まだ痛みも起き始めたばかりなので、とりあえず先に進むことにした。

そして登る。トンネルを通過する。。。

この区間が一番トラックとの並走があったりして危険だったかな。

トンネルの中の中央線にポールが立っていると、大型車は自転車を抜きづらいのよね。

反対車線にはみ出せないから。

んでやはり症状が悪くなる気配があったので、

R418に入った直後にあった町(上矢作町)の中にある郵便局で仮眠をとった。

30分くらい止まっていただろうか…

結局寝落ちすることもなかったが、視神経を休ませるため、

目をつぶり続けたことが功を奏したのか、走り始めると10分程度で症状が無くなった。

完全復活!!


そしてここから20㎞の登りが始まる。

斜度は決して苦しくはないが、ずーっと登りが続くので脚が悲鳴を上げ始める。

ここで長野県に突入w


復活直後の平均時速はグロスで18.2㎞/hくらいあった。それがドンドン減っていく(笑)

はたして平谷峠まで借金無しでたどり着けるだろうか…

頭の中では時間の計算が繰り返されるが、ギリギリであることには変わりはない。

耐えるしかない。耐えるしかない。それの繰り返し。

平谷峠の通過参考タイムは12:04だったが、12:10に到着。

登頂後倒れこむ…


写真撮影と安否確認を行った上で後半の借金生活に突入していった(笑)

つづく。
スポンサーサイト

[edit]

« エンデューロMTBでブルべ完走②  |  山岳グランフォンド吉野に参加してきた② »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurige1996.blog110.fc2.com/tb.php/302-e5078572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード