FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

BRM602 近畿600 PC⑤~日高まで  

【PC⑤仮眠所にて】
21:45に勝三屋に到着した。想像通りかなり疲弊している。

まあ朝4時半から340㎞弱走っているんだから当然といえば当然か。

とりあえずドロップバッグを受け取り、サイコンを充電してから勝三屋に入る。

まずは風呂。ブルべ中の風呂なんて初めての体験。まあただの風呂なんだけどね(笑)

民宿テイストなのでそこまでキレイではないが、風呂に入ってから寝るのが決まりだからね。どうやら昨年は臭いまま寝ていた人がいる模様w

洗い場で洗っていると、オダ近ブルべで毎回ご一緒している方がいたので少し雑談を。どうやら湯船のお湯は非常にぬるいらしい。

しかもお湯の色が…(笑)なので洗うだけ洗ってすぐに風呂から出た。

それでも十分さっぱりした。サイクルジャージでは仮眠できんと思って普段着に着替える。

風呂&着替えが終われば次は食事。用意された弁当を食す。

54963727833875.jpg


ここ数時間は固形食を食べていないので食べれるか?不安だったけど、半分くらいは食べることができた。食後はすぐ仮眠部屋に。

22時丁度くらいに仮眠部屋に入ったが、7割方布団は埋まっていたかな。

朝のブリーフィングで1枚の布団に2人寝る感じです!と宣言されていたので恐らく時間がたつにつれて…漁港のマグロみたいに所狭しと並んでいるだろうと予想。

とりあえず寝たには寝たんだけど…12時には起きてしまった。何か不都合があったわけでもなく、ただただ起きてしまったのである。

そして気づけば就寝前に予想していた通り…1枚の布団に2人寝ている(笑)まさしく漁港のマグロ状態。まあ死んでいないところは違うが。

予定ではAM3時に出発する計画だったが、寝れないのにいても仕方がないので0時45分頃に仮眠部屋を出た。

出た場所の光景は圧巻。到着したばかりの人も含めて起きている人が沢山いた。中には廊下で寝る者もいるし、明るい部屋で寝ている人も。。。

一番驚いたのが徹夜明けのハイテンションでスタッフと談笑している女性(笑)寝なくても走れる系の人なんだなと勝手に感心してしまった。

そんな人たちを横目に…勝三屋の玄関を出た時に口から出た言葉は…“寒い”である。

後日GARMINの気温計をチェックしたら最低気温は9℃だった模様。天気予報では15℃との予報であったので、やはり予報を当てにしてはならないようだ。

一応ファイントラックの長袖インナーを持ってきていたが、これでは足りないと感じ、パールイズミの冬用アンダーウェアをファイントラックの上に着る。

準備をしていたからできる選択。俺、ナイス準備。と我ながら思ってしまった。寒いのは苦手だ。


【PC⑤勝三屋~通過チェック②紀宝町】
次のチェックは通過チェックのある紀宝町のローソン。この間46㎞。

勝三屋を出ると寝起きにはキツイ劇坂を登ってR311に復帰する。

次の通過チェックの参考時間は6時すぎ。当初の予定ではこの6時に通過する予定だった。

まあ自分の体が2時間寝た程度ではモタナイことは明白だったので、途中で仮眠を何度かして6時に紀宝町に着けばいいという考えのもとゆっくり走った。

R311の後半も前半同様アップダウン。どちらかというと道が狭いし工事区間も多い。

さすがにド深夜に走っているので自動車は全く走っていないし、ブルべ参加者にもほぼ出会わなかった。

ほいでR42号に再度復帰。昨年の夏休みに行った串本の帰りに立ち寄った飲食店があって“ここに出てくるんか!”といった驚きがあった。

自転車通行禁止のトンネルを避け、釣具屋前の自販機でコーラ休憩。そしたら通行禁止のトンネルからブルべライダーが来るわ来るわ(笑)

君たち舐めてんの?キューシート持ってないの?って感じ。ああはなりたくないね。ちなみに串本に手前にも通行禁止のトンネルあるよ。

ほいで結局ここから20kmの間に仮眠を2度取った。オークワの駐車場に道の駅のベンチ。

もうどこでも寝れる人になった気がする。ただトイレでは寝たくない。寝る人がいるらしいがw

海面から昇る朝日を左後に見ながら南進し、05:09に通過チェック②紀宝町に到着した。



【通過チェック②紀宝町~通過チェック③串本】

紀宝町ローソンで朝食を取り再スタート。数回に分けて寝たが当然のように眠い。眠りの質は最低レベル(笑)

ローソンから見えるトンネルを超えれば新宮市。ついに長かった…土曜日の10時頃からのお付き合いだった三重県ともお別れ。

ここからはゴールまで延々と和歌山県を堪能する。そして地獄の和歌山県の始まり…(後述)。

さすがに日が昇ると眠気は冷めてくる。新宮からはBRM428で通った道。勝手知ったる道。この先路面状況が悪いことも知っている。

新宮のイオン辺りから路面はボコボコ。パヴェかよ!!というくらいボコボコ。

那智勝浦に入る前くらいにパールイズミの冬用アンダーウェアを脱ぎ半袖短パンになる。

この区間は追い風区間だったのか?結構なブルべライダーを抜いた。後で頑張りすぎたと後悔もしたが。

ほぼ平地。平坦。線路と川を超える時だけ登りが出る感じ。難なく通過チェック③串本に07:31に到着した。


【通過チェック③串本~通過チェック④紀伊大島の灯台】
今回のブルべで初めてカップラーメンを食べた。今年のブルべではよくシーフードヌードルを食す。

カロリーと塩分を両方とれるので身体が欲している感じがしたので。まあ紀宝町ではそんなに食べれなかったし。

ここからはR42を外れ、紀伊大島の先っぽの灯台まで行かねばなりません。片道10㎞程度か。

たしか灯台にたどり着くまでには2つ厳しく長い登りがあった。。。もう詳しくは覚えてないけど。復路より往路の登りの方が凶悪だった点は確かです。

この頃から3人組のパックと同じペースで走ることが多かったかな。灯台での写真はこの方々に撮影していただきました。唯一自分が写った写真w

IMG_1991.jpg


 
【通過チェック④紀伊大島の灯台~PC⑥日置川町】

R42に戻り西へと進みます。途中毎年夏休みに行くダイビングショップに立ち寄りしばし談笑(小生はダイビングしませんが)。

そしてここからグダグダ感が否めなくなる…すると眠たくなりイノブータンランドの道の駅で再度仮眠を。15分くらいは寝てたかな。

リスタートしてもグダグダ。途中抜かしたカラフルヘルメットの人も“何かどうでもよくなってきました~”とコメント。全く同感(笑)

ただ2人でトレイン組んでると不思議と集中して走れる…そっからは飛ばして飛ばしてPC⑥日置川町ローソンに11:28に到着した。


【PC⑥日置川町~PC⑦日高町】

ローソンに到着する前くらいから足の指に激痛が走るようになる。

どういう痛みかというと、親指と小指が靴の側面と擦れて、圧迫されて発生する痛みである。なのでペダリングするたびに痛むのである。

これが地獄の始まり(笑)

靴を脱ぎ、凍らせたペットボトル飲料で冷やしますがあまり効果はありません。

まあ400走った時も同じ症状だったので、いつかは発症すると分かっていたんですけどね。痛みが400とは違うレベルに。

とはいえ我慢するしかないので、擦れている部分すべてに絆創膏を貼り再スタート。

靴の中で足が動くスペースはほぼ無いんだけど、小指が靴の側面に当たらないように足首をこねくり回しながら走る。

ただね…ものには限度があるように、田辺市街地に入った時には限界にきたわけ。

そこで出した案は…サンダルを買ってサンダルで残りの80㎞を走る!という案。

早速実行に移す。ちょうど歩道を自転車で走っていた中学男子が居たので、走りながら靴屋がないか?と聞くとすぐそこにオークワがあるとのこと。なのですぐ向かった。

サンダルを2500円で購入し早速履き替える。あ~生き返る生き返る。痛みからの解放(笑)

ただペダリングはし辛い。サンダルのかかと部分の幅が広いのでそのせり出した部分が車体と当たるのである。

あとはビンディングが付いていないので、若干サドルが高く感じた。サドルの高さも変えなあかんか…と思っていたが、そのうち気にならなくなった。

田辺の市街地を抜けるとまたまたアップダウンの始まり。サンダルではペダルに力が入らないので回して回して登りをこなす。

この日はたぶん1日目よりも気温が高いようで…途中で3回も補水のために停車した。

そしてPC⑦に到着するまでのこり10㎞というところで最後にして最大のトラブルが身体に発生する…

長くなったので続きます。
スポンサーサイト

[edit]

« BRM602 近畿600 日高~Goal海南  |  BRM602 近畿600 通過①~PC⑤まで  »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurige1996.blog110.fc2.com/tb.php/296-dd132878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。