05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

BRM602 近畿600 START~通過①まで 

【プロローグ】
BRM602は午前4時半スタート。

睡眠をしっかりとる必要が個人的にはあるので、前日の金曜日は午後休を取得。

14時10分木曽川駅発のJR鈍行列車に輪行バッグを積んで移動開始。

木曽川→大垣→米原→新大阪まで来て、新大阪からは特急くろしおを使用。

座れるかなぁと淡い希望を持っていたけど、自由席前には電車が到着する前から長蛇の列ができていたので諦める。

先頭車両は指定席なのだが、車両の前方にもデッキがあったのでそこに陣取った。

たしか17時30分に海南駅に到着。

和歌山大学出身であるが、海南駅は無縁の存在。ただ明日のスタート地点であるマリーナシティにはよく嫁と花火を見に来たものである。

今回使用した宿はSEE QUEEN KAINANというホテル。

スタッフさんもフレンドリーで、自転車を1階の屋内スペースに置かせていただけるなど、ランドヌールの前泊で使用するホテルとしては最高のもてなし。

部屋もやたらに広い。。。たぶん。。。ラブホを改修した感じ。だがここイイよ。

なお周囲に大型スーパーやガスト、その他飲食店多数です。



【土曜日】
朝3時に起床し準備を開始。朝3時に起きるのは王滝に出る時くらいか(笑)

朝食を食べ、3時半すぎに出発。ここから集合場所までは10分足らず。

到着する頃には50人ほどが集まっていた。その後も続々と人が増え続けた。

IMG_1981.jpg


4時にはブリーフィングが始まらなかったが、受付と車検を並行して行っていたため、定刻の4時半にスタートした。

(START~PC①)
スタートは一斉だったけど、一気に参加者がド~っと行く感じではなかった。

そんな中先頭集団に入ってスタートした私。最初の右折する交差点では15名程度の集団が形成されていた。

R424に合流するまでは初めての道だったけど、合流してしまえばBRM331と同じ行程。

この辺りまでで身体が暖まったので極薄レインウェアを脱ぐ。上半身は半袖に。

途中信号により前方の集団と切り離されたが、追いかけることもなく。自分のペースで。

なんたって先は長い。人のペースに合わせる必要もないし、人のために前を曳くほど力量がないので。。。

というか、2週間前にギックリ腰を発症しており、約2週間ぶりの実走なんだよね。

だからどれだけ走れるか分からないし、いつ腰痛でDNFとなるかもしれない。慎重に歩を進める。

ただね、五條まで20㎞という地点からず~っと前を曳いていたみたい。後はいっこうに前を走ろうとしない。

イライラしながら走るのも嫌なのでペースをワザと落としたり上げたりするけどお構いなし。正直腹立ったね。

そんなこんなで心中穏やかでない状況でPC1五條ファミマに到着。



(PC①五條ファミマ~通過チェック①高見山)
五條のPCでは飲み物だけを購入してそそくさとスタート。補給するほど持ち物が減っていなかったし。

ここからは初めての道…と思っていたが初めてではなかった模様。

3年前のGF吉野ロングコースで走ったコースだったみたい。見た覚えも走った覚えもある。

IMG_1982.jpg

なのでここから吉野を超えるまでは全く新鮮味のない行程だった。ず~っと単独走w

ただ道は決して広くなく、広がったり狭まったりを繰り返す。また力業で抜いていく車両もあり少し危険な個所も。

なんといっても細い道で抜いていく自動車が、対向車が現れた途端ブレーキを踏むもんだからね。気が抜けない区間だったね。

吉野を抜ければもう高見山へ向かうのぼりが始まる。

START地点から春秋用のレッグウォーマーをつけていたんだけど、それで身体がオーバーヒートしてたみたい。途中で気づいて脱いだ。

IMG_2004.jpg



斜度はきつくても5%程度。木陰も随所にあり気温が上昇する中でのヒルクライムであったが、さほど難易度の高い登りではなかったように感じる。

ただ…通過チェック前のトンネルが長い(笑)。。。

んでようやく…というか思いの外体力を消費して通過チェック①高見山に到着した。
スポンサーサイト

[edit]

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード