03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

BRM428泉佐野400 和歌山一周① 

2度目の400kmブルべに挑戦してきました。

今回もオダックス近畿主催の泉佐野400和歌山一周です。

前回(昨年)は紀伊勝浦駅にて左ひざ痛(病名:腸脛靭帯炎)にて途中リタイヤ。

豪華にオーシャンアローを使ってスタート地点まで戻るという苦い思い出のあるブルべです。

4年前くらいから腸脛靭帯炎を発症して半年間は自転車に乗れない日が続いて、

その後寛解と発症を繰り返したので、カミハギサイクルでフィッティング受けてきたんですよね。

さてフィッティングの効果やいかに???? 


【金曜日】
営業職なのに月末の最終日に半休を取得し14時頃家を出て在来線で大阪に向かう。

自宅のある一宮市からだと、実家の大阪までは鈍行列車で行っても近鉄電車を使っても

かかる時間は同じ。近鉄電車を使ったほうが1,500円ほど高いし(笑)

岐阜、大垣、米原、大阪と乗り継いで18時に実家のある熊取駅に到着。

やっぱり実家は慣れているせいか、落ち着くしぐっすり9時間寝れた。

【土曜日】
快晴。明日も快晴。問題は気温が何度まで上がって何度まで下がるか。

さんざん悩んだ挙句、極寒使用の冬装備で行くことに(→後でこれが正解だったことが判明する)

6時40分頃自宅を出る。実家から20分もしないでスタート地点のマーブルビーチに到着。

8時スタート組でエントリーしてたけど、7時スタート組でよかったかも。

特段知り合いがいるわけでもなく。Twitterのフォロワーさんはいたみたいだけどw

ブリーフィング&車検を受けていざ出発!



(START~PC①)
スタート直後はどうしても団体走行になる。まあ慣れたものなので後ろにつかせてもらう。

イオン泉南前の信号にタイミングよくはまり、その後集団の先頭を走ることに。

んが、高架下をウネウネしている間に集団崩壊。小生は前の集団に追いついたのでそのまま峠へ。

雄の山峠も淡々とペダリング。つい1か月前に走った峠。桜の新緑が眩しい山中渓w

登りの速い人を早々に見送り単独にて登頂。安全にダウンヒル。ロードだと怖い。

峠を降りて紀ノ川を渡る頃には5名のパックが形成(ほぼ先頭集団?)。

次の黒沢牧場に向かう峠は登坂力が試される。登りが速い人はどんどん抜いていく。

平坦路で元気に前を引いていた人もいつの間にかドロップアウト。

私、最初から踏む気(踏む力)ありませんから。淡々と登り前半ハイペース組を抜く。

7時スタート組(?)の女性の方は歩いていたな(笑)大丈夫か??

慣れてしまえば景色の良い峠道。特段斜度もきつくない。最初から突っ込まなければ問題なく越えられる。

8km程度下って麓のコンビニにピットイン。

アンダーシャツ2枚、半そでジャージ1枚着ていたので、アンダーシャツの厚い方を脱ぐ。

脱ぐっていうか捨てた。大学4年生から使っていたNIKEのアンダーウェア。

当時はNIKEもサイクルウェア作ってたんだよね。ランスのスポンサーしてたもんね。

もかれこれ15年使っていたのか??なにかと使ったアンダーウェアだった。

左折後、修理川横を上流へ登っていく。幸い今年は川沿いも追い風基調だった。

アップダウンを繰り返しながら進む。途中にある”しらまの里”はパス。あんまり商品置いてないしw

11時36分が昨年のPC①到着時間だったので、目標にしていたのだが、今年は11時30に到着。

ほぼ同じペースで笑った。人ってそんなに早くならないかw


続く
スポンサーサイト

[edit]

400kmブルべを控えて 

4/28に近畿400和歌山一周に参加を予定している。

200kmはDNS⇒DNF⇒完走(BRM317)と苦労したけど、、

300kmはBRM331で難なくクリア。

次は今年の最低限の目標であるBRM428近畿400ってわけ。

400kmを楽にクリアするためと思って300kmまでMTBで参加したけど、

今になって少し後悔している。



というのも昨年の400kmをDNFした理由が持病の腸脛靭帯炎での左膝痛。

これは昨年12月にカミハギサイクルで受けたフィッティングで、

クリート位置が悪かったのが原因と考えられたわけ。

しかし実際クリート位置が主原因だったかは不明なわけで。

それなら300kmを変更した位置のクリートで走ればよかったなと・・・

今更な話なんだけどね。



ちなみにフィッティングでクリート位置がどう変わったかというと…

巷でのQファクターが狭いほど良い!!という風潮を真に受けてたけど、

僕の様に坐骨の幅が広い人間にとっては、Qファクターを狭めれば狭めるほど

膝の外側に負担がかかるって話だったの。

後は腸脛靭帯の緊張度合いによってシューズの角度をハの字に変更。

実際サドル幅も142㎜から155㎜に変更した。

全ては400km、その後に600km走るために。

[edit]

BRM331近畿300 MTBで完走  

3/31(土)はBRM331近畿300に参加してきました。

正式なルートでは泉佐野⇒十津川に向かう予定でしたが、

3/23頃に発生した災害により十津川ではなく青山峠往復に変更となりました。

コース変更は残念ですが、まあSRを取りに行く方針は変わらず。

今回もMTBでの参加です。300kmまではMTBで行く方針なもんで。




前日は3時間時間休を取得し、前泊のために16時に自宅を出発。

りんくうタウンにあるホテルに格安プランで宿泊。



綺麗なホテルでしたが、寝つけず、ベッドが合わずで熟睡した感じがしない前泊でした。

当日は5時半に起床。朝食を食べつつ軽量化を図って6時頃チェックアウト。




6時半過ぎのブリーフィング開始直前に集合場所に到着。



ブリーフィングが終わってから受付をし、ブルべカードを受け取る。



車検を終えて直後の出発と相成りました。





スタート直後はロード軍団と共に和歌山へ。

雄ノ山峠までにファストラン集団には抜かれたけど、通過チェック①で追いついた。



【通過チェック①】25km地点 セブンイレブン和歌山下三毛店 8時8分通過




まだ25km地点なので補給もそこそこに出発。休憩するほど走ってないし。

ロードの方々はまだ元気なのでスイスイ走っていく。後に付こうにも細かいアップダウンがあるとMTBはついていけない。

と、通過チェック①から5km程度走った所でいい感じの集団が後から来た。

もちろん乗車。知り合いの知り合いの方が集団のリーダー的存在みたい。

微妙に紀ノ川沿いは東風が吹いており、向かい風区間だったのでこれ幸い。

結局五条のPC①に着く直前まで乗車させてもらった。

【CP①】69kmファミマ五条病院前 10時10分通過



この頃には気温も上がり、3枚着てると暑くなったためモンベルのジャージを脱ぐ。

ファイントラックに起毛長袖の2枚を着て袖をまくって再出発。まあこれでも暑い。

ここからの250kmは本当の意味で単独走。ロードの人はさっさと抜いていく。

登りになった途端なぜああも巡航速度が変わるのかねぇ。。。ま、そんなもんか。



なぜMTBで出るの?と聞かれるのですが、一応計算していてですね…

今回の300kmの獲得標高が3500m程度。次の400kmの獲得標高が4200m程度。

なので300kmをMTBで走れれば400kmは簡単に走れるはず!ってことでMTBでの参加なんです。

ただそれだけ。300kmはMTBで走れる距離ってのが個人的な感覚であり考え。



さてさてR24を右折した辺りから一気に里山風景の中を走ることに。県道120号を東進。

地図上では立派な道路が走っているように見えるけど、本当は自動車がすれ違えないほどの道幅なんですよね。

Googleのストリートビューを確認してから参加しているので特段迷うことなく通過。

R169 に合流し飛鳥駅前を通過。桜が満開とあって出歩く人も車も多い。





幾度となく右左折を繰り替えし序盤のハイライトである忍阪峠(?)へ。

ルートラボを見てもかなりな斜度で登らされるって分かってたんですけどね(笑)

文字通り予想以上というか凶悪な登坂でしたね。

登坂が始まった途端、道が一直線。しかもずーっと一定の斜度で(笑)

斜度7%が3kmに渡って続いている。先行者がはるか遠くに見える。

国道とあってかトラックの走行量も多く、炎天下のもと苦しみ続けるランドヌール。

まだ1/3にも到達していないので、後半の体力を考え、早く登るのを諦めて着実に登りきることを最優先に耐える。耐える。耐える。

交差点を左折して20mほど登れば登坂終了。そして通過チェック②へ到着。

【PC②】106km地点 ローソン榛原篠楽店 12時12分着

時間も時間だし空腹を感じる時間になったのでガッツリと補給を。

シーフードヌードルと諸々を平らげる。今回は塩分補給のために汁まで飲んだ。

なんと味気ない昼食。食事をとりながら家族へ順調である旨連絡。



さて、通過チェック②の次は146km地点の青山峠までアップダウンを繰り返しながら標高を上げて行く。峠までは40kmもある(笑)

なお青山峠のピークは500m程度。サラ足なら簡単に登れるんだろうけどね。

既に100km走ってきたし、これからアップダウン続くし、そこから400m登るので大変厳しい。

考えても仕方が無いので食べ終わってすぐ出発。塩分補給したせいか、汗が出始めるw

長い付き合いになるR165に合流。序盤は下り多め。名張市街を通過。

名張市って栄えているのね。意外。でも交通渋滞が激しくストレスが貯まる。

名張市を通過するといつの間にか向かい風。しかも山に近づくにつれ強まる。伊勢湾から風が吹き下ろしてきている感じ。

で、ようやく青山峠に向かう登坂が始まる。忍阪峠ほどではないが、なにせ長い。

Qシートには峠頂上の距離が表示されているので、確実にそこまでは上り続けないといけないわけで…残り5kmもあんの??

何人に抜かれただろう…そして前走者達が峠から下ってくる。同じ時間に出発したのに何たる差だ(笑)
ヒーコラヒーコラ登り続けてようやく峠頂上のトンネルに到着。



ここにPC設置してくれたらいいのに(笑)と恨み辛みを言いながらダウンヒル。青山峠頂上から11km先にあるのが折り返し地点だ。

【PC③】157km セブンイレブン津市白山町店 15時26分通過

ようやく折り返し地点。長々と登ってきたからかまた空腹。スパゲッティとカステラを食べる。

Twitterのフォロワーさんから声をかけて頂き談笑。3人で参加されているとのこと。羨ましいw

30分程休憩しようかと思ったんだけど、休憩しようがしまいがこれからまた11kmも登らないといけない訳だし…食べてすぐ出発した。




食後ですからwゆっくりスタートしてゆっくり登る。

峠を下ったので分かってはいたけれど、三重側の登りの方がまだ優しい。そう思うようにした。結局最後は斜度が上がるんだけど。

峠の頂上までで2人ほどに抜かれる。どうぞどうぞ。私は亀の子走法で着実に向かいますからw

1度ならず2度も脚付きをしてようやく登り切った。思わず奇声をあげて喜ぶww

ここからは下り&追い風区間で無双状態w軽く踏むだけで30km/hは出る。

ただボーナス区間はすぐ終わった。風向きは変わり、いつの間にか向かい風にw

名張市を通過した辺りからは登り基調のアップダウンが連続し…たぶんここの区間が一番辛かった。

R165と別れる頃には日も暮れナイト走行に。タラタラ走ってたらPC4に着いた。

【PC④】208km ローソン榛原篠楽店 19時7分通過





ようやく全行程の2/3を走った。

ただ2年前の十津川300の時は200km地点の天辻峠を18時頃に通過したはず…今回の方が遅いやん(泣)

自分の力量が足りないからか?信号が多いからか?こちらの方が難易度高いからか?

答えが出ない事を延々と考えながらまたシーフードヌードルを食す。今回もスープ完飲。

さすがに寒くなってきたのでモンベルのジャージを再度着る。

忍阪峠の反対側は想像の半分もキツク無かった。あっという間に終わり苦しんだあの区間を一気に下る。

サングラスのレンズが傷傷だからか?対向車のライトで前が見えずらい。ライトを上向きにしている車が多いからなのかもしれない。

で、ここで唯一のトラブルが発生する。床ずれならぬサドルずれだ。

要はケツの皮がめくれて痛くなるっていうトラブルです。

ココカラファインのある交差点を左折したところでニベアクリームを塗る。

民家の前、歩道の上での所業なので人がいたら変質者扱いされそう。自分のお尻を触っている変質者が家の前にいます!って感じに。

だいぶ塗りたくったのでその後に問題になることは無く。雷の交差点の手前で先ほどお話させて頂いた方に抜かれる。

ちょっと頑張ってPC⑤までご一緒させて頂いた。もちろんPC⑤の手前の登りで置いてきぼりに合ったけどw

【PC⑤】239km ローソン五条住川町店 21時01分着。

十津川300の時と比べて90分も遅い。ダメだこりゃ(笑)



こっからゴールまでは70kmあるけどほぼウィニングランみたいなもの。

風もあまりなく、平坦路だからか?タイヤとアスファルトの相性が良いからか?速度が上がる。

上がるといってもさっきに比べて…という程度なので25km/hも出ていないと思う。

途中R424からK130に交差点を直進して進まないといけないのにR424 をそのまま走り2kmほど余計に走るトラブルを経験しながらも無事に通過チェック②へ。

【通過チェック②】289km セブンイレブン和歌山下三毛店 0時11分

なんと日が変わってしまった(笑)そしてまだ先があるw

最後の雄の山峠も難なくクリアしようやくゴール地点へたどり着く。

【ゴール地点】305.9km セブンイレブン阪南自然田店 1時17分

【ブルべ提出場所】315km 道和モータープール横温室 1時56分

結局予想以上に遅いタイム18時間17分で認定完走となった。




80km地点くらいから完走は視野に入っていたけど、集中力を切らさなければ眠たくなることもなく走れることが分かった。

集中力が切れたからコースミスしたんだな。次回はヘルメットライトを準備しようw

前泊したにも関わらず、寝不足だったけど、休憩と補給をしっかり取ればまだ走れる感触が持てたので400kmにむけて収穫になったかな。

それにしても序盤から持病の左膝の腸脛靭帯炎の予兆が出た時は焦ったけど、左踵の角度と適度にダンシング&ストレッチを入れれば何とかなることが分かったのは400や600を前にして最大の収穫かな。

まあMTBはQファクターが広いという違いもあるけどね。

次はBRM428近畿400和歌山一周だよ。

去年は紀伊勝浦付近でDNF。オーシャンアロー使って高額交通費を払って帰ってきた苦い思い出が…。

なんとか完走したいですね。

【走行data】
総走行時間  18時間28分
移動時間   15時間2分
獲得標高 3439m
平均スピード 20.7km/h
消費カロリ  10650kcal


【服装】
●スタート~PC①五条
ファイントラック スキンメッシュ長袖
モンベル ジオラインM.W.
Spotufu TinkoffSaxo裏起毛アウター
●PC①五条~PC④榛原篠楽
ファイントラック スキンメッシュ長袖
Spotufu 裏起毛アウター
●PC④榛原篠楽~ゴール
ファイントラック スキンメッシュ長袖
モンベル ジオラインM.W.
Spotufu TinkoffSaxo裏起毛アウター




[edit]

BRM317AR中部200 MTBで完走  

3/17開催のAR中部200kmのブルべに参加してきました。

今年のブルべ参加状況は、近江八幡200⇒体調不良DNS、伊勢200⇒頭痛DNFと散々な状況。

3/31の近畿300までには何とか200kmブルべは達成しておきたかったので参加してきた。




コースは瀬戸市から下呂市にある岩屋ダムを往復する往復208km。




獲得標高は2000m程度。

3/31の近畿300十津川に比べれば距離は2/3、獲得標高は1/2。

今回のブルべが完走できなかったら、次のブルべも完走なんてできないレベル。

なおMTBでの参加は3名のみ。ただ2台はお仲間らしく、MTB単独走は小生のみw




7時道の駅せと信濃をスタート。快晴。風も強くない。

序盤は平坦路であるため、50名程度の車列が続く続くw

自動車にとってはホンマ邪魔の極み。なんとか工夫をせねば危ないレベル。

瀬戸市⇒春日井市⇒小牧市⇒犬山市を抜けて坂祝の通過チェック①へ。



ここまでは集団走行。ロードの後についてラクラク走行。

ほいでここからは登り基調に。ロードの集団の後につかせて頂く。

3名のグループで先頭が2番目の女性を曳き、距離を取って3番目が走っている構図。

その3番目の方の後について走る。強度低め。

曳いてもらうのは楽でいいんだけれど、今日のテーマは近畿300に向けた練習なので、

楽ばかりしていられない。なので登り基調になった所で前に出る。

少しは前を曳くつもりでいたんだけど、ペースが速かったみたい。距離ができた。

ただ斜度が増すほどMTBなのでそこまで速度差はできず…結局里山の中を100mほど距離を維持して走行するという構図になった。

放生峠に向かって登りが続く。長い登りなので後発の速い参加者に抜かれていく。

当然巡航速度が違うので、抜かれた時に後につくなど到底できない。ただ見送るのみ。

放生峠のピークの500m手前から斜度が10%を超える劇坂が登場。

いい感じに疲れていた所に劇坂なので、気合を入れて登る。足つきしている人も。

でもねぇ…引牛峠や天辻峠に比べたら屁でも無いわw

峠のピークを越えてようやく下呂市に入る。サクッと下って、ここから岩屋ダムへの登坂が始まる。



ここからPC1までの19.2kmがほんまにきつかった。

斜度も6%以上の坂が連続するし、放生峠での疲労で力も入らない。そして向かい風。

ロードの集団はええのぉ。助け合って走れて。おら自分の力で走るしかないでよ。

その頃には6時発の方々も対向して走るようになり励まされたけど、気持ちをすり減らしながらようやくPC1に到着。

綺麗な景色の里山の中にある道の駅であったが、疲弊しすぎて写真を撮ることもなくw

この先の30kmは食事をする所が殆ど無いので昼食休憩。

道の駅の売店は品薄だったので、向かいの食堂で昼食をとることに。

店内を見渡すとまだ食事の来ていないグループが複数あったので、まだすぐには料理が来ないことを察してカウンターで昼寝をば。

20分ほどウトウトしていたら料理が来たので、食してすぐ再出発した。




PC1から次の通過チェック②までは30km。下り基調。

でも知ってるもんね。10時以降はこの41号沿いの道では向かい風が強いって(笑)

予想通り下りなのに速度が上がらない。そして少しの登り返しでも速度が劇落ちする。

あと数キロで通過チェック②に着く…というところで後から集団が来る。

今回は少し無理をして後に付かせてもらう。もう…めっちゃ楽に進むやんけ!!

感動するのも束の間、その列車にお世話になったのは通過チェックまでの2km程度。

ボーナスタイムはスグに終わったわけですよ。そううまくはいきません。

通過チェック②はR41号線沿いにあるデイリーストア金山店。

ええ、いつも来る所ですよ。ここからはいつも通るコースです。全部知ってますよ。

もうね、知りすぎてて辛いくらい。速度は上がらんし、抜かれ放題だし。

間見峠と健康の森の登り坂を越え、中部台の登り坂を越えたら通過チェック③に到着。

既に16時を過ぎている。ハンガーノック防止のため食べて飲んで出発。

美濃加茂市から可児市・多治見市に入り…ラスボス内津峠を目指す。

多治見のアップダウンを越えたらソコは未知の領域。

先週走った場所とは違うらしい今回の内津峠。

採石場の横を通る道なのだが、積載オーバーのトラックが頻繁に通っているためか道がボコボコ。半端ない。

そして終わらない登坂。確かにみんな言っていた通りだわ。かなり登った。

ただ何でしょうね、ピザまんを食べたおかげか力が入るようになってきましたね。巡航速度も自ずと上がるし足も廻る。

峠に入る前には寒かったのだが、登坂中は汗だくで、今度は汗冷えで寒くなってきた。

上着にウインドブレーカーを着こみ内津峠を下る。この頃には日が暮れた。



高蔵寺ニュータウンへ向かう登りは予想してたほどキツク無く。

残りは10km弱。ほぼウィニングランみたいなもの。

美濃加茂の通過チェックのコンビニにいたロード乗り達には最後に抜かれたw

ピザまん効果で結構ペースが戻ったんだけどね。集団走行のロードには勝てんわ。

結局7時発で19時6分に到着。

MTB2人組にも抜かれたけど、そんなことはどうでもいい。

中盤からほぼ単独走で強度高く200kmを走り切れた。

今年の冬は寒すぎて練習不足なので不安は拭いきれないが…

ん~300km走れるかなぁ…


【走行data】
総走行時間  12時間6分
移動時間   9時間55分
獲得標高 2193m
平均スピード 21.0km/h
消費カロリ  7400kcal

【服装】
●スタート~通過チェック①
ファイントラック スキンメッシュ長袖
モンベル ジオラインM.W.
Raphaアウター

●通過チェック~内津峠
ファイントラック スキンメッシュ長袖
Spotufu 裏起毛アウター

●内津峠~ゴール
ファイントラック スキンメッシュ長袖
Sportsful 裏起毛アウター
Rapha RaceCape



[edit]

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード