11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

愛知県民化  

今週末は得意先の忘年会出席のため土曜の午後に名古屋に帰ってきました。
土曜日の午前中に保育所の餅つき大会があったもので・・・仕方なく(?)一時帰阪。
まあ名古屋→大阪のバス移動は1800円ですから。安いもんです。
土曜日の夜に忘年会に参加し、日曜日はゆっくり起床。
子供がいると6時前に起こされますからねぇ(笑)優雅なもんです。
日曜日一日与えられると、ぐーたらして結局無駄に過ごしてしまいそうですのでチャキチャキ準備開始。
とはいうものの、MTBに乗るのか、ロードに乗るのか決めきれず(笑)
結局は最近外を走っていないロードを選択。
とはいえ、交通機関もない場所でトラブルが発生したら困りますからね。準備は念入りに。
コースは名古屋市内から瀬戸市を抜けて雨沢峠を越え、瑞浪当たりからは19号で帰ってくる感じに決定。
おそらく100km弱になると予想。
外堀通りから出来町通りに移動して東進開始。
走りづらい。走りづらいの連続。
左折専用レーンが頻出するし、矢印信号が複雑すぎて疲れる。
名古屋が日本で一番事故率が高いのもうなずける。複雑すぎるでしょ。
特に出来町通は基幹バス専用(優先)レーンもあるもんだから、いろんな動きをする車がいる。
もう少し落ち着いて運転すればいいのに、名古屋人。
尾張瀬戸駅を通過した辺りからは快適な道が現れる。ようやく邪魔されずに走れるって感じ。
信号もだんだん無くなり・・・雨沢峠へ。
比較的ネットでよく目にする峠なんだけど、あまり自転車を見かけなかった。4人位か。
斜度もきつくなく、この時期でも難なく(?)登れる感じ。
夏場に登ると少し物足りない感じがするかもだけど。

岐阜との県境を過ぎ、5kmほど東進して県道96号線で北上。
GF吉野の奥吉野で出てくるような道で走りやすい。綺麗な川が流れてて景色に飽きない。
とはいえやはり山の中なので、日陰の部分は凍っている場所もあり、厳冬期は危険なんだろう。
国道19号線に合流するまでは信号は皆無で非常に走りやすかった。
国道19号線は・・・また走りづらいの連続。
基本的に自転車に対して敵対的だよね。
自転車を抜いてすぐ左折するという愚行に出る自動車が2台。
左折するなら抜くなよ、名古屋人。
あと、大阪では計車両走行禁止になるような区間も特段規制していない。
正直悩むんだよね。標識が無くても。走っていいの?ここ?ってな感じ。
結局内津峠のトンネルは走行せず、旧道で峠を越える。
峠を示す表示は無く、こんな感じの看板のみ。登り甲斐のない峠だった(笑)

春日井市に入ってからは快調に走行できたんだけどね。
慣れてない場所を走るとそんなもんか(笑)
とりあえず93kmほど走って無事に西区の自宅へ帰宅。
TSS250を超える走行をしたんだけど、思いのほか疲れていない感じ。
てか最近長時間走っていないので、こんなに走れると思っていなかった。
年末年始もどんだけ走れるか微妙ではありますが、ローラー台を含めて走れる時は走ろうかね。
風が強い日はランもいいかも(笑)
スポンサーサイト

[edit]

とんかつ屋 訪問記① 

私、とんかつに目がないもので(笑)

大阪の勤務先(枚方市)はとんかつ屋は皆無。

うどん屋しかなかった。

あるにはあるんだけどね。でも通い詰めるほどでは…



ところが名古屋(正確にいうと春日井市・尾張旭市)にきたらどうだ?

かなり行きたくなる店が多いではないか!!

というわけで昨夜その中の一軒に行ってみた。

尾張旭市にある“美はる”である。

食べログの評価はあまり信用していないけど、とりあえず評価は3.8だ。



店はなんとチェーン店のかつやの前(笑)

まあ競合しないんだろうけど。

店内のカウンター席(4席)は既に満席。その他も客が8人ほど。

店員(店長の奥さん?)から、とんかつの製法の関係で時間を要するとのこと。

そんなのは問題ない。うまいとんかつが食べられるなら待ちますよって感じ。

入店が18時15分、注文が18時20分。

そして注文したロース定食が運ばれてきたのは19時頃。約40分待ち。

別に待ち時間は問題じゃない。問題はとんかつその物である。



ロースかつ自体はそんなに大きくない。

活きのいい男衆には足りない量である。

製法的には、揚げた後に蒸らすらしく、サクサクといった感じはあまりない。

なので衣自体は何の主張もない。

正直、肉自体にも主張がない。

肉の味は…どうだろう…ロースの脂の主張も特段ない。

タレ(特製ソース)につけるとタレの味が9割を占めてしまう。

まずくはない。ただロースを食べている感触・満足感はない。

いたって上品な、高齢な大人が好むとんかつといったところか。



もちろん全て個人的な評価である。

ロースらしいロースとんかつが好きな人間の言う言葉である。

40分待つと期待が自然と膨らむものである。

ちなみに昨日支払った金額は1720円である。

ちょっと辛いかな。個人的には(笑)

理想のとんかつに出会うための旅はまだ始まったばかりということか。

[edit]

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード