05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

Ready For GF吉野 

来週日曜日は今シーズン第二の山場“山岳グランフォンド吉野”でやんす。

今年もMTBで出場。昨年ロングを完走したので今年はスーパーロングに挑戦。

果たして時間内に完走できるか?かなり怪しいとことです。

しかも今年は昨年の逆走バージョン。誰もそのコースの難易度が分からんのも厄介。


ということで先週土曜日はMTBにて走ってきました。

天気が悪いこともあり(?)サイクリストは皆無。

南河内グリーンロードで一人も自転車を見なかった。一人貸切状態w

雨には金剛山付近で降られたけど、ずぶ濡れにはならず。

ただ今年はまだ不慣れな高温多湿での走行なので水分摂取のタイミングが難しい。

久々にグリコのCCDを途中飲んだけど、ポカリよりも補給には良いね。


ちなみに参加するスーパーロングのコース設定は200㎞・4000mUPなので登りが厳しい。

本番1週間前に走った所で効果は懐疑的だけど、アップダウンのある道を選んで実家の熊取まで目指す。

中途半端な登りばっかりを選択してしまったけど、80㎞1300mで土曜日は終了。

自宅⇒R25⇒石川CR⇒南河内GR⇒金剛RW⇒R310⇒R170⇒旧R170な感じ。

単独走だからイベント当日は風よけを探して楽に走りたいところだが、ほぼ周囲はロードだからねぇ。

恐らく足の郷頂上で足切に合うか合わないか…がターゲットとなりそうです。



GF吉野の準備については…

①ドリンク
アクエリアスは個人的には×(効果なし)、ポカリは冷たければ体にしみこむ感じ。

一方CCDは汗をかいてだるくなった身体が回復する感じがする。

なので来週の高温多湿の多汗イベントはCCD持っていかないとね。

②補助食品
追加で持っていくのは…2runと塩分補給のスティックを数本持っていこうかと。

③固形食品
固形食は恐らく現地調達(エイドステーション)できるのでそないに必要ないかと。

④ハイドレーション
問題はハイドレーションを背負うか、それとも2ボトルで乗り切るか…

ボトル1本700mLやから…ハイドレーション背負うのとほぼ一緒なんですよね。

長距離イベントにはいつもハイドレーションを背負う癖というか習慣なので、今年用のハイドレーションを購入したもののまだ決めかねてません。

⑤その他装備品
ほかのライト・テールライトは今年のブルべで揃えたモノがありますからね。
スポンサーサイト

[edit]

祝 良脚へRank Up 

昨年3月にGARMINのパワーメーターを購入。価格はたしか17万位。

今でも高い買い物だと思うのだが、それだけの価値はあるんだと思う。

価値がありすぎて、パワーメーターに故障があると乗る気が失せるのは問題だが…


過去2回故障or破損したけど、正規代理店で購入したのでアフタフォローは万全。

1回目は1万円かかったけど、2回目は無料だった。

やっぱり正規代理店で購入した方が良いよね。壊れやすいモノは。


購入した当時はFTPが210wだった。パワーウェイトレシオにして3w/kg以下w

自分でも貧脚と思っていたけど、その感覚が数値で実証されると正直凹んだ。

それから1年間は殆ど変らず。昨年のシーズン終了時のFTPは222wだったと思う。

それが今年だいぶ伸びた。

5月末の春鈴鹿では237Wに。そして先週244Wまで上がった。

もちろん20分間で計測する推計FTPであるが正直うれしい。

パワーウェイトレシオも3.5w/kgまで上がったってわけ。



下の画像が本当のことであるなら、小生は今年から良脚にランクアップしたわけだ。



登坂が永遠の課題である小生にとってFTP上昇=登坂力UPなのかは疑問だが、

それを信じて走るしかない。

今年は例年と違って距離を走り込んでいる。3-5月は共に600㎞程度走った。

今月は少し低そうだが。

王滝100㎞…7時間切れるかな?

[edit]

ホイール久々に変えてみた 

週末の日曜日はロード。

久々にホイールをROVAL Rapide40からRSYSに変えて走ってみた。

RSYSでの実走はほぼ1年ぶり。

RSYSは普段ローラー台用に使っていて、後輪にはローラー台専用のタイヤを装着していた。

春鈴鹿も終わったし、28Tが付いているRSYSに交換して山を登ろうかと思ったわけ。

本当は土曜日に天気のいい土曜日に乗ろうと思っていたけど、

金曜夜の会社の飲み会が予想以上に遅くなり午前様。なので日曜日に乗ることにした。



日曜日。朝5時に起床。

前日のBBQの影響か?体が重い。寝起きが全然すっきりしていない。

でもあまりグダグダしてると次女が起床して出発できなくなるので、とりあえず着替えて出発。

放出のセブンイレブンで朝食を食べて南下。金剛RWへ向かう。

今日の目的は金剛RWでタイムとFTP測定。

走り出して思ったけど、今日はタイムアップは期待できそうにない。動き出しても体がダルイw

普段通り八尾⇒石川CR⇒道の駅かなん⇒森屋交差点な道順で進む。

森屋を通過。28Tがあるのでさすがにギアに余裕はあるものの、身体が言うことをきかない。

そういえば先週は実走してないから実質実走は2週間ぶりなのに気づく。そらしんどいわな。

途中トンネルと合流する時点でタイム更新は諦め、登頂することだけを目標に。

結局42分といういつもより更に悪いタイムを叩きだし落胆。

6月時点でこのタイムとは…終わってまんがなw



あまりの悪いタイムだったので、休憩もせずそのまま下山。

石川CRで帰ろうか悩みつつ麓のセブンイレブンまで戻ったけど、まだまだ8時半だったので南河内GRへ。

今まで南河内GRは北から南に向かう方向でしか走ったことがなかったのですが、

北向きの方が断然楽だわ。まあたまにはキュッと激坂が現れるけど、ダンシングで乗り切れるし。

この時点でTSSが300に到達。体調悪い割にはしっかり練習できてるみたい。

その後石川CRに合流…しようと思ったんだけど、何このロードバイクの多さは???

視界の中だけでも10台以上のロードバイクが走り回ってる(笑)

ブーム継続?それともこの時期しか走らないにわかサイクリストか?とにかく異様な風景。

その中で走るのも危険なので、側道で八尾方向へ向かう。こちらのほうが断然快適だし安全。

結局家に着くまでにTSSは350に到達。走行距離はちょうど100km。

獲得標高は1300m程度なのでそんなに登ってないけど、まあ朝の体調のことを考えると上出来か?



最後に…

久々にRSYSを履いたけど、やっぱりROVAL Rapide40の方が断然良いと思った。

ハブのグレードもスポーク形状も違うためか、乗り味はマイルドだし、身体へのダメージも違う。

先日どこかの記事でリムハイトが高いホイールは高速走行時の出力が低くても速度を維持できると書いてあった。

リムハイトが40mmのホイールは35km/hを維持するのにリムが低いホイールと比較して20wほど低くてもいいんだとか。

ROVAL Rapide40は全然重たくないホイールなので、ほんまオールマイティなホイールだとRSYSに乗って再確認できた。

ちなみにRSYSの良さは28Tが付いているということと、雨が途中で降ってきても安心できることくらいか?

とにかく…次回イベントはGF吉野byMTBなので、そろそろMTBで練習しないとね。

[edit]

おNEW シューズ 

4年ぶりにMTBのシューズを買った。

前に購入したのは大阪転勤後のショップ探しの最中に守口のショップで購入。

結局そのショップにはそれっきり行くことがなくなったけど、よくまあ4年も履きつぶしましたわ。

よくよく思い出すと、その前に履いていたシマノのシューズもボロボロだった。

4-5年履き続けるとさすがにヨレヨレだしボロボロ。

でもなかなか買い替える口実も理由も無かったもんね。



ちなみに今回購入したのはスペシャのSWモデルのやつ。



発売当初は試着してあまりのアッパーの硬さにこんなの履けるか!って思っていたんだけど。

事情が変わったってわけ。

というのも3年前から腸脛靭帯炎を患ってからというもの、4時間以上ぺダリングすると、未だに痛み始める。

でもここ最近はロードでは長時間履いても痛みが出なくなってきた。

たぶん今のポジションが合っているんだと。そう勝手に思ってる。

ただ・・MTBに長時間乗るとやっぱり痛み始めるんだよね。



結局何度かサドルの高さを変えたりしたけど、症状は変わらず。

いっそのこと、足が動きまくる今のシューズをクリートごと変えてしまおうか!となったわけ。

ほいでシューズの締め付け方法にBOAダイアルが2つ以上付いているものを探したら・・・

スペシャのSWモデルしか無かったってわけ。

本国には黒もあるみたいなんだけど、日本にはこのど派手な赤メインのカラーしかない。

まあ今の車体に合う色だから文句ないんだけど、

さすがにHPの写真に掲載されている黒を日本国内に展開しないっていうのは辞めてほしいよね。




ほんで買って、最初にぺダリングした感想は…やっぱり”硬い!!”ってことかな。

もちろんそれまではスポーツモデルの、靴底がカーボンじゃないもでるを履いていたから、

靴底もアッパーも硬いからもちろん硬くて当たり前なんだろうが。

しかし3度ほど履いているうちに慣れてきたし、硬さ=ダイレクト感が出てきてこれはこれでいいんだと思い始めた。

だけどねぇ…ホールド感がすごくて靴擦れを起こしてしまいそう。特に踵の上あたり。

来月初旬に200㎞を走るGF吉野に参加する予定だけど、おNEWシューズで行くかはまだ決めてない。

長時間走行の練習を事前にしとかないと、当日えらい目に合う可能性もあるからね。

ま、とりあえずシューズを踏みつぶしてアッパーだけでも柔らかくしますか。。。。

[edit]

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。