04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

鈴鹿アタック240 再・撃沈 

鈴鹿アタック240に出走してきました。

結論から先に言うと、150㎞でDNFでした。

半分の120㎞を3時間20分で走るという好調な滑り出しだったのですが…



土曜日。鈴鹿アタック240の用意をして…向かうのは芦屋。

家が大阪市なので向かう方向が逆w

今年のメインレースである鈴鹿アタック240の前日がなんと嫁の妹さんの結婚式。

親族同士のこじんまりとした結婚式だったのですが、挙式・食事会をする場所の移動やら

自分の子供の世話などでヘトヘト…昼寝をする暇も無く21時半に鈴鹿に向けて出発。

結局眠気のせいで現地までたどり着くことなく、伊賀SAにて後部座席を倒して車中泊。

0時から5時までの5時間という普段より短い睡眠時間で鈴鹿サーキットに到着しました。

付いた時点で既に疲労が溜まっている感じが絶望的ですが、準備はしっかりとする。

昨年はメインピットの手前の草原に荷物を置きましたが、今年はシケインの中に設置。

ピットの位置はシケインの方が良さそう。ピットアウトしてメインストレート走るのは正直ツラい。

準備をして試走を2周した。身体が重いのでアゲずに身体が動くのを待つ感じ。



午前8時。号砲と共にアタック240がスタート。

前回の反省を活かし、序盤というか前半は徹底的にコバンザメ走法で乗り切るつもり。

乗れない列車には乗らない。単独走行になったら無理せず次の列車を待つ。

結局1時間経過した時点での平均速度は36.9km/h。速すぎる。

そして2時間経過しても平均時速は36.5km/h。やっぱり速すぎる。

途中少しペースを落とし、2名体制で走っている人の後ろで走らせてもらう。

これがまた気持ちいいくらいのペースで走ってくれる。申し訳ないがずっとコバンザメ。

この状態で20週回を終了。時計を見ると3時間20分しか経過していない。40分も貯金ができたことになる。

本当だったら5時間くらいは休憩なしではしるつもりだったんだけど、疲労を感じて20週回した段階で休憩を入れる。

これが間違いだったのか??



休憩は必要な事だけをして7分強でピットアウト。

ピットアウトしてもまだ全然大丈夫。ただ休憩前よりも体が重いのは確か。

振り返ると2時間半過ぎから自分で走ることが多くなった。向風区間で踏むことが増えたためか?

不安を抱きつつも4時間を経過。すると眠気が襲ってきた。走りながら眠気を感じるのは去年のGF吉野ぶりだ。

下を向き続けて走っていたのも良くなかったのかもしれない。結局寝不足の際にでてくるいつもの症状が出始める。

たまらず最初の休憩から10周も走っていないのに2度目の休憩を入れる。

またピットアウトして走り出すも、ラップタイムは12分を超える。眠気が増悪する。

10分ほど眠って再チャレンジすることに。でも結局身体が言う事を聞かなくなりリタイヤすることにした。



20周完了時には今年のアタック240は完走できると確信していたのだが、予想以上にそこからがツラかった。

準備はしてきたのだが、体調不良なのか?睡眠不足が原因?とにかく結果は去年と同じリタイヤ。

リタイヤを決意するときは3時間で80㎞を走る体力があるか?という自問自答の繰り返しだった。体力もそうだが気力もガス欠状態だった。

ただプラスの要素も。3時間半走った時点での距離を去年と比べると…

昨年は100㎞だったが、今年は120㎞も走っている。

これをどう取るかは人次第なんだけど、今年は昨年に比べてかなり走れているんではないか?と思う。

今年は去年と比べると練習量が増えているし、出力も上がってるし。

結果はリタイヤだったけど、来年再チャレンジしよう。

3年越しの完走を目指して。



スポンサーサイト

[edit]

春鈴鹿・アタック240まであと4日 

いよいよ今週末に迫ってきた春鈴鹿“アタック240“

昨年初めて身の程知らずなおっさんが挑戦し見事に打ちのめされたイベントです。

ちなみに昨年を振り返ると、アタック240ではなく、アタック120になってしまった。

つまりDNF。暑さと風と準備不足と力不足の結果でやんした。

まあ初めて参加するイベントってこんなもんだろ?と思う一方、今年はいけるのか?とも思う。

ちなみに昨年のアタック240完走率は25%だったんだとか。過酷すぎるやろ。



ここでいま一度アタック240について予習すると…

アタック240完走とは鈴鹿サーキット40周を8時間以内に走るとの定義なので、総走行距離は232㎞。

加えて8時間以内に40周目に入れば完走扱いになるので、8時間で227㎞走ればいい計算となる(鈴鹿サーキットの1周距離は5.8km)。

なんだかんだで30分途中休憩すると…7.5時間で227㎞なので…合格ラインは平均時速30.3km/hとなる。

休憩時間をいかに短くするか…そこがミソになるのは間違いないのだが、結局は平均時速は30㎞/h以上は必要なのは間違いない。



昨年の走行ログを見ると…昨年の今頃と比べると多少は出力は上がっている模様。

たぶん昨年よりは体重も多少は落せているし、先週末走った際はようやく体が動き始めた感じがしてた。

まあプラス思考に考えるか。

あとは補給食を用意する必要ががが。。。

8時間の長丁場なので、補給色はほぼ王滝スタイルで。つまり流動食メイン。

あと気温が高くなることも想定し、ボトルを何本も用意せねば。

こう考えると用意することが多いですな。まだ準備できていないモノだらけw

まあ気長に、プラス思考で挑もうと思います。

[edit]

高規格辞めます 

約3年前から始めました家族キャンプ。

それまで旅館やらホテルで宿泊することが中心だった旅行スタイルが激変しましたね。

まあテントも買ったし子供もキャンプに行きたがるし…完全に我が家にフィットしてますね。

旅館に泊まる際とキャンプする際の料金の差は…当初想定していたほど無いかもですがw


振り返れば20年以上前のわが実家も夏休みはキャンプに行きました。

場所は新穂高ロープウェイの麓にあるキャンプ場。

つい最近まで長野県だと思っていたら、実は岐阜県だったことが判明。驚愕の事実w

当時は東海北陸道なんてないから、恐らく小牧あたりから下道で父親が一人で運転していたみたい。

今は途中の道も綺麗になってるし、新しいトンネルもできているから、当時はかなり時間がかかったんじゃないかと。

昔は安房トンネルが無かったんだとか。一度走ったことがありますが、えらい峠道でしたわ。

行きも帰りも父親が一人で運転してたと思うと頭が下がりますわい。

んでGWに赤穂市にあるキャンプ場に行ったんだけど、そろそろキャンプスタイルを変えようかと。

綺麗なトイレ、整備されたサイト、周囲には外灯が多数、挙句の果てには乾燥機付きの洗濯機を完備…

そろそろこんな高規格キャンプ場は止めようと思います。

昔行った実家のキャンプではそんなもの一つも無かった。

サイトからは遠い水道、トイレはライトも無いボットントイレ…外灯なんてキャンプ場に無かったよ。

まあ子供が5歳&2歳なのでそこまでのレベルにはしないまでも、都会に住んでいる子供たちに本当の自然を感じさせるキャンプにしたいですね。


というわけで?今年の盆休みは奥飛騨温泉にある平湯キャンプ場へ行くことにした。

本当だったら実家の家族と昔に行ったキャンプ場に行きたかったけど、今は治山事業で無くなっている。

なので上高地などにも行きやすく、自然そのままの平湯キャンプ場はベストなんではないかと。

ほいで今回は実家の両親を誘ってみた。まだ来れるか不明だけど、行ける間に行かないとね。

平湯キャンプ場で2泊⇒白骨温泉にて1泊する豪華な予定。

子供の体調と天候が良かったら記憶に残るキャンプになりそうです。


[edit]

今更ながらGWの話-1 

ハイ。今更です。

ですが一応GW何をしていたか書きます。ニーズは無いだろうけど。


今年の我が家の連休は10連休。

上の子が来年から小学校に進学するため、このような休みは今年が最後。

と分かってはいたけども、特段特別なことはしませんでした。

そう、全ては父親の予定次第で連休の予定が決まったって感じ。

毎年恒例の家族キャンプは後半に実施することになっていたので、

着替えと自転車を積んでさっさと木曜日の夜から岐阜に向かっていたのでした。


初日の金曜日。暴風のためノーライド。

そういえばこの日はBRM429泉佐野400の日。この強風の中ご苦労様です。参加しないでよかった(笑)

んでこの日は持って行っていたロードとDHバイクの整備をば。

とロードを洗っていた時に気づく。パワーメータが壊れている。

壊れているというかペダルに付いているはずの電極が右だけ外れている状態。

そういえば先週の葛城山ライドで途中からパワー表示が無くなっていたんだけど、

見つけるまではただの電池切れだと思っていた。ショック。

後にも先にもこの連休中で最もショックな出来事が早速初日に発生したってわけ。


2日目。この日はロードに乗る。

コースは美濃加茂→金山町→飛騨金山→佐見→東白川→白川→美濃加茂って感じ。

その距離・・・たしか115km。

思ったより走れた感じ。でも平坦は調子がいいものの、まだ登る脚ができていない。

でも登ったわりに平均時速26.6kmと高めだったのでわりかし満足。


3日目。この日もロードに乗る。ただし短距離。理由はガーミンを充電し忘れていたから。

どうも機材に頼った走りをしていると、機材が使えなくなった際のモチベーションダウンが甚だしい。

距離も速度も分からない状態で道の駅までの往復52kmを走る。

たまにはサイクリングモニターを持たずに走るのも良いかもね。

でその日は嫁の実家でBBQをして・・・夜8時出発で富士見に向かう。恒例の富士見DHマラソンだ。


4日目。朝を富士見パノラマの駐車場で迎える。

日にちが変わる12時頃に美濃加茂から下道で到着。酒を飲んだが車中泊は慣れず早起きをしてしまう。

天候は快晴。八ヶ岳もきれいに見えるし、コースコンディションもドライ。

二年連続最高のコンディションでのDHマラソン決行だ。

この日のためにDHタイヤを履かせたINTENSE CARBINE27.5.

おそらく富士見に来た時が一番光り輝くであろうこのマシンが光ることは・・・・多くて年に2度ほどか。

ゴンドラが動く時間から乗りはじめ、最終にゴンドラに乗ったのは15時55分。

今年も12本は下っただろうか。転倒は1回のみ。 Cコースの最終コーナー(笑)

今になってもなぜあそこで転倒したのかが分からない。マイペースで下るのが安全の基本。

で、この日にGW中2番目にショックな出来事が発生する。

携帯電話をDHコース内で落とすという何とも無様な事件を起こしてしまう。

紛失に気付いた時点で4本ほど走っており、もはや落とした場所の検討もつかない。

C2本、B2本下った後だったので、その後14時くらいまではCとBだけ走ってみたものの見つからない(笑)

ほぼ諦めかけていた時、Cコースから降りてきた時に園内アナウンスを聞く。

K様~インフォメーションセンターまでお越し下さいとのこと。

行ってみると笑顔で携帯電話を渡される。

奇跡じゃ。見つかるなんて思ってもいなかったのに(笑)

拾ってくれた方ありがとう。

名乗り出てくれればソフトクリームくらいおごったんだが・・・

あとどこで拾ったのかも聞きたい。コース上?もしくはゴンドラ内?

ともかく見つかったことに安心し、本日初めてのAコースを堪能する。

しかし怖い。Aコースは怖い。

コースパトロールがAコースのコンディションが安定していないと掲示板に書いていたがその通り。

例年に比べて岩がなく走りやすくなった場所もあったんだけど、

ラインを外すとエライことになる場所も多々あり…特にゴンドラ下の区間。

尻尾を巻いてAコースから退散。結局この日はCコースとBコースがメインの1日でやんした。



高速を使って19時半に美濃加茂に帰宅。


5日目。ノーライド。自転車のメンテのみ。

洗車をしていると長女が洗車の手伝いをしてくれた。

してくれるのはいいんだけど、グリスをまき散らしたり、きれい拭きタオルでチェーンを洗ってくれたり・・・

とうちゃんうれしいんだけど、あっちに行ってくれないかい?と言いたいところ。

その後嫁の妹の旦那と初対面&挨拶をしてその夜に大阪に帰省。

後半はまたの機会に。。。

[edit]

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。