01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

春到来? 

日曜日にMTBにて奈良まで。

朝は寒かったけど、昼間はだいぶん暑かったですね。

トレイルに入るとグローブは不要。

ブレーキが直に握れるのでなんだか懐かしい感じ。

土曜日の夕方に雨が降ったのでトレイルの状態が心配だったけど、

ほとんどドライ。室の木峠だけかな。濡れていたのは。

子供の森を1周半して法隆寺方面へ。家族が待つ竹取公園へ。

奈良に入ってからはドフラット。アゲアゲ踏み踏みで11時に公園着。

天気が良かったのでかなり子供連れが多かったです。



スポンサーサイト

[edit]

エントリー峠 

いよいよ迫ってきました。エントリー峠。

峠を登るのは確定。あとは無事に峠を越えられるのか。。。

こんだけ出る気でいるイベントに出られなかった場合はどんな気分になるんやろね。

今までエントリー出来なかったという経験は無いからねぇ・



エントリー日まで1週間を切ったのでTwitterで検索してみたところ…

”BRM326”で検索しても関東勢のランドヌールのツイートばっかり出てくる。

はっきり言ってBRM326近畿300についてのツイートは小生と他2名のみ。

あれ?あんま人気無いの?

加えてツイート検索を昨年まで遡ると…

なんと前回同じコースで行われたBRM926(2015)は売れ余ってたとの情報が!!

ムムム…そんなものなのか。なんだか心配して損した気分(笑)

もしかしたら峠なんてないのかも。



ちなみに…

スポーツエントリーからエントリーする形式なんだけど、

ブルべのエントリーの際には自転車保険に入っているかを確認する項目があるのね。

保険会社、保険種類、証券番号の3点がエントリーに必要なんだとか。

事前に調べててよかったわ。保険証券がどっかにいったから今日再発行の依頼した。

これでエントリー峠突入の準備は完了。

峠は2月26日午前0時からスタートでやんス。

[edit]

LEDランタン考察 

ランタンについて考察。コスト面も含めて。

昨年の最後のキャンプは10月の和歌山・熊野本宮大社近くでやりました。

その際は長女の体調が芳しく無かった為、2日目の夜に撤収し深夜に帰宅しました。

2日目の夜は長女の希望により焼肉BBQ。

その際に思ったんです。ランタン暗くない?肉が焼けているか分からん(笑)

我が家の稼働しているランタンは2つ。

1つはメインランタンとして使っているユニフレームUL-X。



もう1つはテント(寝室)内でつかっているコールマンのLEDライト。

キャンプを始めた時にユニフレームUL-C(?)を使っていたけど今はお蔵入り状態。


そんなランタンラインナップ。


それまではUL-Xの暗さは気にならなかったんだけど、

BBQを真っ暗な中でするには暗すぎることが判明。

おそらくこれまで10月みたいに日が暮れるのが早くなっている時期にキャンプをしてなかったので、

真っ暗な中ではUL-Xでは力不足、いや照度不足なのでは?となったわけ。

暗く感じる理由はキャンプの時期だけでなく使用しているガスも理由かも。

メーカーはプレミアムガス(?)使用を推奨しているけど一度も使ったことない。

いつも一般的な1本100円未満のカセットコンロ用ガスを使っている。

それも照度不足の理由なんだろう。



ちなみにUL-Xを1番使うことによるコスト(50回使用の場合)を計算してみる。

UL-X本体、マントル、ガスそれぞれの単価は12000円、222円、100円。

50回使用したとしたら…28100円

これが高いか安いか…ちょっと今時なLEDランタンと比較してみる。



たぶんガス・ガソリンランタン愛好者からしたLEDランタンなんて邪道と思われているんじゃないかな。

実際にわかキャンパーの私もLEDランタンなんて邪道やと思うわ。

雰囲気ないし、電池や充電で使用するランタンなんて…ただのライトやん(笑)

でもねぇ…ランニングコストが安くて、明るかったら文句ないやん?

んでLEDランタンを調べてみる。もちろんメインランタンとして使える程度の。



LEDランタンと検索すると…でるわでるわ。

コールマン?…高い。よくわからん充電パックを買わせようとしているのがイラつく。

ジェントス?…知らんなぁ。なに?有名なLEDランタンメーカーだと?

しかも1000ルーメンのLEDランタンがあるとか。これで比較してみる。




LEDランタン本体、電池(単一×4本)が必要ということなので計算してみると…

ランタン、単一電池の単価が5500円、120円。

50回使用したとすると…29500円。

つまり…

ガスランタンUL-X 28,100円

LEDランタン EX-1000C 29,500円

ほとんど変わらんやん(笑)

単一電池が一晩で使えなくなることは無いだろうから、LEDランタンはもう少し安くなるはずなんだけどね。

ってよく見たら暖色キャンドル使用だと30時間電池が持つとのことなので…電池は5晩は使えるかと。

となるとLEDランタン EX-1000Cの暖色キャンドル使用での50回使用は10,300円。

やっぱり補助的役割のランタンを買うには、ランニングコストの観点からはLEDランタンが良いみたいね。

[edit]

そんでどうする? 

先週走った後の反省会をば。

300km、3000mupのブルベに出るためにもよく考えなくては。

本来ならばMTBで出る予定であったが、今はロードで出てもいいと考えている。

どう考えても大阪→岐阜のロングライドに100km、2000mup追加はツライ。

だから3年ほど点検に出していなかったロードをショップに持ち込んだ。

案の定、BBのベアリングにトラブルがあり、BB交換という形に。

それに本音を言うとアルテ6700のブレーキを9000のブレーキに変えたい欲求も出てきた。

というのも今のブレーキはだいぶん評価が良いようで。でも現在は検討程度。

今の考えだとそんな感じかな。



しかし・・・そもそもブルベに出る!と思い立った原点に立ち返ると、

9月王滝での結果が最近伸びていない(というか3年連続でほぼ同タイム)ので、

何とか後半タレない脚作りをするためにもブルベを選んだ経緯がある。

そして今年初挑戦するGF吉野スーパーロングの完走も今年の課題の一つ。

5月に出るスズカアタック240もロングディスタンスのイベント。

そう、全ては王滝でのベストタイムのために!!

毎月500kmも走らない小生にとって、走行距離を稼げるのも魅力の一つ。

決してブルベに出てご当地グルメを堪能なんて一切考えていないのよね(笑)

つまり・・・やっぱりロードじゃない。MTBで出るべきなんだ。俺。

ということで最軽量タイヤを早々に購入してきた。



S-WORKSを買うか廃盤のCONTROLを買うか悩んだけど、

前後で100gの軽量が図れるということでS-WORKS版のRENEGADEにした。

[edit]

あと100km、2000mはどうする? 

先週の金曜日は強制休暇取得日だったので4連休。

なので1年ぶりに自宅の大阪から嫁の実家の岐阜まで自走で帰ってみました。

昨年もMTBでしたので、今回もMTBにて。

3月に300㎞のブルべをMTB走る可能性もあるので、試金石になるかな・・・と。

まあコースプロフィールは全く違うんだけどね。



走ったのは木曜日。天候は抜群。ただ朝は底冷えの最低気温0℃。

なので朝はしっかり着込んで出発。

道のりは国道1号⇒国道8号⇒国道21号の至ってシンプルかつ退屈な行程。

高低差は殆ど無く、ほぼドフラットと言ってもいい感じ。不安なくスタート。

出発時間は6時丁度。寒いしまだ外は暗い。国道1号を東進。

MTBだからか?選んだブロックタイヤのせいか?全然スピードがのらない。

ま、朝一ですからね。巡航速度は28km/hあたり。

寝屋川市内辺りで汗をかき始めたのでウィンドブレーカーを脱ぐ。

そのまま京都まで問題無く進むも、今回は京都府内で道に迷う。

予定では外環を使って山科駅まで向かうはずだったのだが、

外環は途中自転車が走れない区間があり、今回はなんとなく避けて走ってしまった。

本来なら中書島あたりで外環に乗るはずなんだけど、結局迷い道へ…

結局24号線を走ったり大和街道(?)を走ったりとジグザグに走って何とか外環道方向へ。

でも結局外環道とは合流できず山科駅まで無駄にアップダウンをこなし、足を使ってしまうことに(泣)

国道1号線への復帰については今回は問題なく済ませ、滋賀県に突入。

そして近江富士が見えるコンビニにて休憩。ここで71㎞地点。



ここから彦根までの区間がヤマ場。ド平坦なんだけど、向かい風が吹く関係で全然進まない。

でも彦根までの距離表示が30㎞とか!!全然減らないし、ただただ進まないけど耐える。

耐え忍んで彦根まで5㎞という地点にある吉野家で昼休憩。

塩分補給のために久々にセットで注文。味噌汁やキムチの味が体に染み渡る…(笑)

この時点で100㎞を走破しほぼ中間地点。11時半とあってかなり気温が高くなってきた。

なんで汗がしみ込んだアンダーウェアを着替えて再出発。これでかなり快適になった。

脚の疲労がたまっているので米原まではクルクル回してやり過ごす。

米原を過ぎれば西風区間。東進する者にとっては恵みの追い風。故に速度があがる…はず!!

なんですが、この日は風が弱く、期待していたほどの追い風を得られず(泣)

結局並走するトラックの追い風を利用しながらようやく13時に岐阜県に突入!!

前回走った時より出発時間が遅かったし、休憩も結構長く取ってるから今回はペースが遅い。


大垣市に入り片側3車線になったあたりから脚に疲労がかなり溜まり始めてグダグダになりそうな気配が。

その時の平均時速を見たところ25.9㎞/h。

この平均時速を26kmにして美濃加茂まで行こう!という目標を急遽設けて速度を上げる。

巡航速度を26km以上にするのは容易なんだけど、なにせ信号での停止開始が多くなるので平均速度が下がる。

加えて高架になっている場所が増えるので、高架を登る際にスピードが落ちて…平均時速にプラスになる要素がほぼ無い状況に。

でも頑張ったおかげで途中平均時速が26km台に乗ったものの…各務原市の信号地獄で息絶え…結局25.7㎞/hでゴールの美濃加茂市に到着。

大阪からの総走行時間は7時間13分。平均時速アップキャンペーンを岐阜に入ってからやったので

前回の自走の時と比べると早いんだけど、最近長距離走っていなかったので疲労感・身体へのダメージが半端無かったでやんす。

300㎞ブルべが走りきれるかどうか…試金石にするために走ったんだけど、

今回の自走帰省に走行距離で100㎞、獲得標高で2000mも追加で走らないといけないとか…

絶対無理ダネ!!!!!!

さて…どうする?

[edit]

ロードで外に出るのは何か月ぶりだ? 

土曜日は次女の初スイミング日ということでノーライド。

それを見越して金曜日の夜にまたまたZWIFTでローラー台done。

前回と同じく230w×5分、215w×5分を4set。

このメニューは2度目だけど、すんなりメニューを全部こなせました。



んで日曜日。

最近朝早起きの次女は6時半過ぎないと起きないので、

5時半起床、6時半までには出発という予定で準備を進めていたら・・・

出ました!妖怪早起き娘。なんでこんな日に限って早く起きるかなぁ(怒)

置いていくとまた泣き叫ぶので、子供がきかんしゃトーマスを観ている間に出発。

富田林にある錦織公園で12時に待ち合わせる約束をする。



外に出て気づく。何か月ぶりのロードだろうか?

はっきり覚えているのは11月末の堺ナイターエンデューロ。

それぶりだから約2か月ぶりというわけか。。。可哀相に、マドン君。

2ヶ月もローラー台に縛り続けられていたのか、君。

時間が限られていたけど、集合場所が富田林だったので今回は金剛山方面に。

北風がずっと吹いていたからか?南下するには良いコンディション。

そして最近のローラー台効果か(?)巡航速度速いし、出力も高い。

ローラー台と実走だと、体の使い方が実走の方が自由だから

外で走った方がやっぱり良いんだろうねぇ。

んで序盤で来ていたウィンドブレーカーを脱ぎ捨て、石川CLで富田林まで向かう。

と、順調に進んでいたはずが、羽曳野辺りから雪が降り始める。

分かりづらい?


日曜日は晴れると聞いていたし、まさかの展開(笑)

富田林まで家族を来させておいて、子供が目当ての公園が濡れて使えないとか笑えない。

と思ったので家族に連絡。嫁、大丈夫じゃない?とのことで予定通り金剛山へ。



登り始めがすでに9時半を過ぎていたから?ローディはまったくおらず単独走。

今回マドンには40㎜のディープリム&ノーマルクランク×リア25T(最軽ギア)なので登り仕様ではない。

ギアが足りなくなるかな~と思っていたが、意外と序盤から軽快に足が回る。

最近のローラー台の効果?それとも・・・

それにしても冬にもかかわらず今日は車が多い。バイクも多かったかな。

後に聞いたんだけど、今日は金剛山頂上で樹氷祭があったらしく、

そのせいで人と車が多かったみたい。

ぜんざいも無料でふるまわれていたとか・・・みなさん中々好き物ですなぁ。

途中から雪景色に…夕べに降ったらしい。



結局ロープウェイ入り口前の区間でかなりダレてしまったものの、タイムは超平凡な42分台。

平凡というか平均君以下のタイム。

冬場の追い込めていない時期とはいえ、なかなかうまくはいきませんねぇ。

ま、別にタイム計測しに来たわけではないし、

頂上まで走りきることを重視したということで。

とはいえ…

予定しているブルベ近畿300はやっぱりロードで行ったほうがいいような気がしてきました。



[edit]

イイネ!ZWIFT! 

先月末からZWIFTなるソフトを使い始めたわけですが、

かなり良いですね。

PC連動のローラー台、もしくはパワーメーターを持っていればできるのですが、

練習するにはもってこいのシステムですわ(笑)。



使用前後で比べてみると・・・

ローラー台の時間が30分を超えても余裕で続けることができる

TSSがこれまでだと40程度でローラー台を終えていたけど70程度まで負荷がかけられる

ローラー台に乗るモチベーションが上がる

といったメリットがある感じですわ。

例年の走行距離と比べると意外と乗ってる。

1月の実走はMTBばかりで、ほとんど走行距離は無いはずだから、

ローラー台での走行の占める割合は相当なハズ。


イイネ!ZWIFT!

[edit]

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。