12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

暗峠 

今朝も自転車。

昨夜まで雨が降っていたのでトレイルは×

かといって北風が強く、金剛山方面行くとなー

帰り道はずーっと向かい風だし・・・

とか考えていたら子供と同じ時間まで寝てしまってた。

もちろん子供の相手をしなければならず・・・

朝食用のパンがないということもあり、子供たちとパン屋へ・・・



そうこうしている間に8時。ようやくMTBで出発。

行く当てもないけど、とりあえず中央大通りと東進。

十三峠にいくか?それとも葡萄峠?とか頭の中で考えていたがどうも気分がのらない。

そしてなぜか暗峠方面に(笑)

思い立ったが吉日とも言いますし、一度試してみますか?てな感じ。

登頂が無理だったらほかの峠に向かえばいいし・・・


ということで9時過ぎに登坂開始。

最初からほぼ壁。最軽ギアの24-42Tが最初から大活躍。

ただ登れない感じではない。我慢我慢。

峠の最初がこんなにきついものとは思っておらず終盤どうなるやらと不安に。

途中何度か対向車やらバイクやらで足付きしそうな時もあったけど、

何とか譲らず踏ん張りましたよ。

手元のログをみると標高は180m。まだまだ序盤?




ここまで登ってると目の感覚が麻痺してくる。

平坦に見えるけど、実は斜度はそれなりにあったり。

ほんまにキツい箇所はエグいですからね。

でも登り始めにあったような、水切り用の溝は無く、

マンホールと、濡れた路面さえ気を付ければ何とかなる感じ。

いままで暗峠の大阪側は敬遠してたけど、

登れる坂と分かればそれはそれで楽しい。



そして気温が低いにも関わらず汗だくだくになりながらも

記憶にあった斜度20%オーバー(体感)のスイッチバック連続区間もクリア。

すると斜度はなだらかになって…

そして無事にゴーーーール!!






文章にするとなんだか簡単に思えてくるけど、

結構我慢のヒルクライムでしたね。

今回はMTBで来たので行けたけど、ロードじゃ絶対無理だね。

絶対登れないし、絶対下れない(笑)

そもそもロードで来る人いるんかね?

というわけで、大阪在住の身としては初の暗峠(大阪側)クリア!!

大袈裟だけど、暗峠を登れるだけでステータス?
スポンサーサイト

[edit]

ZWIFT2日目 

今日もローラー台をした。

昨日初ZWIFTだったが、設定しながらのローラー台だったので、

今日はちゃんとメニューをこなすことにした。


んで今日チャレンジしたのは

5分間250W維持&5分間レスト(120W)の5セットという内容

250Wなんて普段のローラー台では出さないレベル

やれるのか?5分間も?といった感じではあったが、

FTPを本来の225Wで申告しているので、250Wというのもあながち間違いではなさそう。


いざ開始してみるとたいてい10分間のWUがある。

設定の出力が120Wとかだから退屈。仕方ないが従う。

そしてWU10分間が終了すると、一気に250Wまで出力を上げる。

250W付近で調整しながら踏む。数値がばらけるものの維持は可能だ。

結局1本目の250W5分間維持は思ったほど苦しくなくクリア。

2セット目も問題なくクリアし3セット目に。


すると3セット目を終了するタイミングくらいで

便秘解除スイッチが押されたらしく、突然の腹痛に襲われる。

仕方ないが途中中断し、汗だくのまんまトイレin。

もちろんトイレ休憩後に再度やる集中力もなく・・・今日は3セットで終了した。

意外と5セットくらいはできそうな感じがする。

しかし・・・どのメニューもたいがい1時間程度のメニューなので、

もう少し短めのメニューが増えればいいんだけど。

でもローラー台のお供としては最高の環境やね、ZWIFT!!

[edit]

ZWIFTデビュー 

ども。更新をさぼってました。

前回更新の後に関西シクロに初出場してきたんですけどねぇ。

その話はおいおい。。。



さてさて今夜、ついに(?)ZWIFTデビューしちゃいました。

MTB中心の方だとご存じない方が大半ではないでしょうか?

かくいう私も先週金曜日まで存じておりませんでした。

ZWIFT JAPANのHP

簡単に言えば、家のローラー台でのパワー、心拍値をPCに転送し、

仮想空間で世界中のサイクリストと走れるバーチャルなソフトなんですわ。

今まで家の中で寂しくローラー台をするのではなく、

仮想空間での集団走行や、

トレーニングメニューをZWIFTが指定してくれるので、

意味のあるパワートレーニングができるわけです。



最初は無料トライアルができますが、

トライアル期間が終われば月10ドル徴収されます。

この10ドル/月が安いのか?高いのか?

人それぞれ感じるところがあるかと思いますが、とりあえず加入しちゃいました。



必要なもの
①自転車
②PC
③ローラー台(パワーメーター所有のかたはどの型でもOK)
ANT+ドングル

といった感じでしょうか。

PC連動のローラー台だと、走行コースによって自動に負荷が変わって、

より連動した、実走に近い形で走ることができるようです。


ま、そんなローラー台なんて6年物のを使ってますが、

買い替える必要が無いものをわざわざ買う必要はありませんよね。

幸いにも小生が所持しているパワーメーターであるガーミンベクターJには

USBドングルがすでに同封されており、

ZWIFTデビューするのに新規に購入する物がなかったので試してみたところ、

特段こちらが設定する必要もなく勝手にすべてがリンクしたので助かりました。

これからローラー台が楽しくなりそうです。

[edit]

MTBでシクロ初挑戦 

日曜日にシクロクロス競技に初挑戦してきました。

月曜には社内試験があるというのに・・・

土曜日夜には新年会に参加していたというのに・・・

全く試験勉強ということを疎かにしての参戦。

もちろん後悔とかないでしたけどね。



さてさて今回挑戦したのは関西シクロ堺ステージ。

昨年末にコースマーシャルの手伝いをりんくうステージでさせて頂いた際に

一度は参加してみようかと思ったのがきっかけ。

エントリーフィーも安いし、レース開催場所も近いですから。

今回は父親が運動会に出るという誘い文句で家族全員で行ってきましたよ。



朝7時に出発、朝8時過ぎに現地到着。

すでに試走が始まってるし、駐車場もほぼ満車。人気っぷりがすごいよね。

んで何とか車を停めて試走に向かう。

コースマップはこんな感じ。


堺ステージはド平坦コースって聞いていたけど、全くその通り(笑)

序盤にある松林でのプチシングルトラックだけはMTB優位。

そのほかの区間にMTBがシクロ車に優位になる場所はほぼないと言っておこうか。

とにかくストップ&ゴーが延々と続くパワー勝負のコースでしたわ。

あとね、なんといっても、マシンから降りる→走るという作業に慣れていないから、

マシンを降りなきゃいけないゲート(?)区間は中々楽しかったですわ。

そんな風に楽しみながら試走は2周で終了。



そして本番。カテゴリー4Aにて出走。

初めて参加する私のようなイチゲンさんは後から出走。ま、当然だけど。

特に失うものも、目標とするものもなかった私はスタート直前も特段緊張することなくスタート。

スタートから

[edit]

激落ち君 

今週末もMTBにてトレイルライド。

大阪にあるI山にSJで登ってきました。

今朝の最低気温は1℃(大阪南部の山間部では)。

河内長野市のとある場所に車をデポし準備。。。

そうこうしているうちに、昨日のフットサルの筋肉痛を感じ始め、車の外に出るのが億劫に(笑)

眠気も相まって車を出たのは7時半。すでにぐだぐだ。


外環通って、I山麓に向かうも、いつも通る県道がいつの間に舗装路に。

一部はまだダート区間が残っているけど、めっちゃ残念。

大阪ってどうもダートの道を舗装したがる癖があるよね。

鍋谷峠近くの山中も理由はわからないが舗装整備してしまったし。

一般住民の目が届かないからって、無駄な公共事業しすぎでっせ。



20分ほど走ってI山のふもとにつく頃には身体がホットに。

ヘッドウォーマー(?)、ネックウォーマー、手袋を脱ぎいざ登坂開始!!

例年だと雪が積もっていたり、斜面から落ちる水が氷柱になっている山なんだけど、

今年はまったくその気配なし。

最初にここに来た時は路面が凍結しててかなり苦労した覚えがある。

新車のSJはリアが40Tまでデカくなったので、今回はアウター固定で登坂。

山頂までには3か所厳しい区間があるけど、2番目までは我慢してクリアできた。



ところが後ろから軽トラ軍団が突如として現れたので停車を余儀なくされてしまう。

待っていると来るわ来るわ・・・おそらく15台ほど通過していったかと。

ノンストップで山頂まで行く予定だったのだが残念な感じ。

まあ仕方なないので休憩することに。

その後は気を取り直して山頂に向かう。

山頂手前で軽トラ軍団が止まっていて、草刈りを皆でしている。

どうやら野焼きをする準備の模様。

たしか3月くらいには野焼きをしていたはずだから、火が広がらないための対策かと。



結局デポ地から1時間10分ほどかかってようやくI山頂上に到着。

さすがに山頂まで行くと風が強い。

今朝の景色は良くも悪くもない感じ。大阪の町並みはきれいに見えるけど、神戸までは見えない。



山頂に2人ほどいらっしゃったので少しお話をしてから今日は登山道から帰ることに。



この登山道を下るのは…2年ぶり?

900mから250m位まで一気に下れるんだけど、

3割りくらいは階段か劇落ち区間で乗れない感じですね。

でも乗れる場所は楽しいですよ。めっちゃくちゃ。



下り始めるとシングルトラックメイン。

登山道とあって踏み固められてて、

タイヤの空気圧を落としていれば十分グリップする。

ただやっぱり斜度がキツい場所の距離が長いので、

一度転けるとダメージが半端なさそう(笑)

加えてハードテイルだから以前と比べて余裕がない。のが楽しい。



久しぶりすぎるわりに難易度高かったので、結構難しい場所では自主規制しました。

左側は崖。落ちたらえらいことになりますので。

ちなみに転倒は一回。低速で木の根っこでつんのめったようにして前転(笑)

ハイカーが見てたようで、大丈夫ですか~って心配されてしまった(笑)

そんなこんなで久々に地元の難区間を堪能し麓に帰還。

いつものジープロードで下るときと比べてえらい時間がかかりましたわ。

その分楽しめたからええんやけどね。

これぞMTB!!

来週はシクロ堺ステージにこのマシンで出る予定にしてます。

[edit]

ハードテイルで絶叫 

本年初乗りはチーム走行会にて。

昼過ぎにトレイル近くまで家族が来るとのことでしたので、

今回は自走でトレイルまで向かいます。

いつもの集合時間より一時間遅い集合時間だったので、

途中に十三峠を通過する事にしました。



十三峠までの行程では感じてなかったのでてすが、

やっぱり身体が重い。

重い理由は、年末年始の暴飲暴食による体重増加によるもの。

恐らく年末と比べて2kgはでかくなってる感じ。

なんかおかしかったんですよね、

クリスマス前後から食欲が半端なかったんです。

晩飯前にマクドでてりやきセット食べたり…まぁ自業自得ですわ。

そんな感じで十三峠は下から上まで結局27分かかりましたよ。



思いの外しんどかったので、集合場所まではオンロードで向かうことに。

国道を乗り継いで法隆寺まで。

オンロードで楽したおかげで、集合場所には余裕をもって到着。

待ってると…次々と集まり…最終的には20人弱集まりました。



こんなに人数が集まったのはかなり久しぶり?

トレイルインするまで皆さん話が盛り上がってましたね。




その後はいつもは素通りしていたM寺にお参りし、

途中にゆっくり休憩したりしながらKの森まで。

階段区間ではまさかの全員クリアを達成するなど、結構盛り上がりましたね。



そういえば…

いままで挑戦しようとしてこなかった劇坂スポットがあるのですが、

足付きせずにクリアできる人は数人しかいないんですが…

今回スタジャンHTで初チャレンジして…なんと!初クリア!

自分でも予想してなかったので、クリアできた時に叫んでしまいました(笑)

こんな感じのバショデス。



その他DH区間ではオーバースピードでコースオフしたりと

まだまだフルサスに乗っていた頃の癖が残ってますね。

まだまだ乗りこなせてないですな。

そういえば、今のスタジャンのハンドルバーは幅700あるのですが、丁度いい感じですね。

フルサスに乗ってる時は700もあったらすぐ切っていたのですがね。

その辺りの違いを楽しんでおりまする。




また走行会やりたいですね。

今度はペース早めでね(笑)



[edit]

東海圏のトレイル、レベル高いよ 

旧年の話です。

年末は自宅の大阪から、嫁の実家がある美濃加茂まで、

MTB新車で自走して帰省する予定でした。

が、なんと次女が木曜日夜から発熱・・・原因はインフルエンザ!!

診察してもらったこども病院では今シーズン初めてのインフル症例だったんだとか(笑)

結局自走で帰省はできなくなり、日曜日&月曜日に予約していた義父母との旅行参加のため、

MTBは車に置き、小生と長女は新幹線で帰省することに(泣)

んでようやく岐阜でMTBと再会できたのは月曜日の午後でやんした。

3日のロスですわ。



んで火曜日。

実は昨年に続き2度目なのですが、

東海圏にお住まいのMTBerの方に無理言ってトレイルライドに連れて行って頂きました。

予定では前回と同様T山に行くはずだったのですが、なんとその山の周辺だけ雨。

レーダーで雨の予想を見るとこの部分だけ雨が続くらしく、トレイルライドをあきらめかけたのですが・・・

同行されていた方が別の場所であれば乗れるのでは?ということで急遽そちらに行くことに。

駐車場についたときは雨が降ったり止んだりでしたが強行することに。

実はこのトレイルにも行ってみたかったですよね。不幸中の幸い(?)



トレイル入り口までは東海圏のHC区間としては有名なN峠と登ります。

途中休憩を入れながら登りましたが、途中から辺りは雪景色に。

路面もシャリシャリ言うくらい夜中に結構雪が降ったみたい。麓とは別世界やね。

この峠、走る先が見えているのでメンタルも強くしてもらえそう。

王滝みたいに遠くのほうに今から走る・登る区間が見える感じです。

汗だくで途中服を脱ぎながらようやく頂上に到着。




峠頂上からはアップダウンを約1時間程続けて・・・トレイルの入り口へ。



あたり一面雪景色なので、常連の人しか入り口は分からない感じ。



テクニカルな区間を抜けるといきなり縦落ちスポットに到着。

最初にストン!と落ちてその後にも小規模な縦落ちスポットが乱立する名所らしいです。

ところが運悪くこの時下からかなり大きなオフロードバイクが2台上がってきてまして・・・

何度も登ろうとするのですが・・・下手なのかコンディションのせいなのかなかなか上がってくれません。

しかも土を掘るわ掘るわの所業。山のことをほんまにわかっているんですかね?

仕方が無いので迂回路を通って再度スタート。



この山もT山と同様、基本ガレていて、石がゴロゴロ落ちている山だったので苦労しました。

前日にFタイヤだけMINION DHFに替えてきて正解でしたね。

そして名物のKIYOMIZUというスポットでは、このトレイルを良く走っているMTBerのブログで予習はしてきたのですが・・・

迫力は映像で見るものの数倍破壊力のある下りでした。

上から見るとほんま壁ですわ。しかも木の根が縦に横に走っていて、走行ラインはかなり少ない。

挑戦する気ではありましたが、正直無理。

しかし同行していた方が1名果敢にもチャレンジして見事クリア!!!!

https://www.youtube.com/watch?v=NrikCFipOtw

ええもん見せてもらいましたわ。



その後はほんまに気持ちええトレイルが続き・・・

落ち葉に隠れた隠れキャラで数回危ない目に合いそうになりましたが、ノートラブルでクリア。



bakiさん本当にありがとうございました!!

T山といいこのトレイルといい東海圏のトレイルはレベル高いですわ!!!


使用マシン。モンドレイカーはホイールベース長いですね~

[edit]

新車シェイクダウン 

え~旧年の話題にはなりますが、2年連続でMTBを購入致しました。

これまでは29er、650Bともにフルサスを所持していましたが、

2台ともフルサスっていうのも味気ないな~

やっぱり一台はハードテイルのほうが楽しいかなと!思いまして(笑)



んで今回購入したのはなんと前回持っていたMTBと同じメーカー。

しかも同じ年式なのでカラーリングまで同じという・・・なんとも味気ない感じがします。

同じ色系なので、嫁に言わなければ絶対にバレないレベル。

実際酒に酔った勢いで買い替えをばらしましたが、それでも分からないみたいです(笑)

んでこれが新車。



スペシャライズドのS-WORKS STUMPJUMPER HT 2013でやんす。

前回のフルサス29erの重量が12kg弱、今回は10kg弱といったところ。

車体を持てばその軽さは分かるけど、乗っても軽快さがすぐ分かるくらい乗り味は異なるものでした。



ちなみに今回もフレーム組みでの購入。

フレーム自体はショップに約3年間吊り下げられていたモノでしたが、

その他のパーツはショップ店長にお任せ。ドライブトレインは新型XTRで。

本来であれば12月初旬に出来上がっていたはずだったんですけど、

175mmのクランクがほぼすべて品薄状態らしく、クランク待ちが約1.5ヶ月ありましたね。

唯一ブレーキだけはSHIMANOではなくMAGURAのMT6にしました。

なんかこう・・・SHIMANOのブレーキレバーのタッチが気に食わないというか。

なんで650BのMTBについているMAGURA製に合わせました。



んでオフロードでのシェイクダウンは岐阜県各務原市にあるかかみ野MTBコースにて。

10月のかかみ野3時間ED以来のかかみ野でのMTBライド。

DHコースと常設コースを織り交ぜたコースを何周回かしましたが、

FSと比較して登りは非常に楽。これは車体の重量減が主な要因でしょうか。

一方下りは余裕が少し無くなった感じがします。

そりゃリアサスが無くなったんだから当然?

リアサスに任せていた作業を今度は自分がしないといけませんもんね。

乗っている時の加重&抜重のテクニックは磨かないとあきませんね。

ブレーキに関してはMAGURAにして良かったという感じですね。

SHIMANOのブレーキはON&OFFって感じですが、MAGURAは制動力がコントローラブルなところが良い。



総括としては・・・

2013年にEPICかわずにコレ買ってれば良かったやん!!

ってな感じですかね。

気づくのに高くつきましたわ(笑)

[edit]

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。