06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

山岳GF吉野 完走2 

【天川エイド~野辺川エイド】
天川エイドを過ぎれば下り基調だったはず・・・がやっぱりアップダウンが体に堪える

それに加えて、谷の間を吹き抜ける風が向かい風だったから余計に体力を奪われる。

この区間は結構ロードに抜かれたなぁ。サニーサイドの人とかトレインで走るんだもん。

単独走&MTBの小生を見習ってほしい。こっちのほうが練習になるよ。たぶん。

そしてこの区間から想定していなかった敵が現れる。その敵とは”眠気”である。

正直自転車に乗りながら眠気を感じることがこれまでなかったから、正直驚いた。

眠い、本当に眠いのである。おそらく天川エイドでたらふく補給したから、体は休みたいのであろう。

んが、残りは90km弱。半分も過ぎてないし、寝たら・・・というか寝られる場所なんてないし・

どっかの木陰があったら、GF参加者に見えないいい場所があったら・・・少し寝てたかも。

結局野辺川エイドに向かう県道53号線まで我慢したけど、結局我慢できず・・・気合の水浴びをすることに。

道の斜面から流れている綺麗そうな水を全身に浴び眠気を覚ます。冷たい水がこりゃまたいい!!

通過していくGF参加者から苦笑いされるも気にせず、いいクールダウンになりましたわ。

こっから野辺川エイドまでは多少の登りをこなし、ようやく107km地点の野辺川エイドに到着。



補給をたんまりと。そうめん2杯、バナナ1.5本、塩漬けきゅうり2本、おにぎり2個。

倒れる寸前の状態で補給をとっていると、TEAM-NRのエースライダーがやってくる。

エースはスーパーロングなので、小生より40km多く走っている・・・やっぱりすごいわ。

食べるだけ食べて、氷をもらうだけもらって再出発。

ここから県道733→県道722号線と過ぎ、再発した眠気を撃退するためにアスパラドリンクを飲み、

ようやく五条という名の下界に下りてくる。

降りてきた途端の熱風がすごい。山の中と比べるとかなり気温が違う。

下界に下りてきても残り30kmはある。我慢のしどころ。

気持ちに余力は無いが、奇跡的に足は回る。が、ペダルは踏み込めない。なので回して進む。

暑さで眠気は覚め、途中あった給水所でスイカを堪能し、残り20km。

最後の登りが5kmほどあるから、平坦区間は15km。ロードに抜かれ、対向車に気を配り、走りながら放心状態。

そして恐れていた最後の登りに入る交差点に到着。これからキツイ坂を登るのになぜか笑顔が出る(笑

んがやっぱりペダルを踏み込む力は残っておらず、笑顔は一瞬で吹き飛び、汗が噴出す。

寺までの登りも、最後の500mほどある登りも、ほとんど止まりながら、顔を上に上げることができないまま通過。

そしてようやく見えたゴール!!!!!!!!!!!

ゴールの達成感が半端ない。完走証を受け取るも、汗ですぐに文字がにじむ。いや~走った走った。

濡れた体のままで頂くかき氷…最高。

欲を言えばもう少しシロップ多目がよかったな。

とはいえゴール後に考えていたのが来年スーパーロング完走できるか?っていうこと。

ロングに加えて、距離40km、獲得標高1600mもおかわりしないといけないので、今の小生には不可能だね。

ま、それは次回の議題として、とりあえず目標にしていたGF吉野ロングは完走することができました。

めでたしめでたし。




スポンサーサイト

[edit]

山岳GF吉野 完走1 

昨年に引き続き、山岳グランフォンド吉野(以下GF吉野)に参加してきました。

昨年ショートコースを完走したので、今年はロングコースに挑戦です。

ロングコースは距離が160km、獲得標高は2600mといった感じ。

距離、獲得標高はショートと比べて2倍以上です。果たして完走できるのか?


【土曜日】
よりによって前日は講演会の手伝いで帰宅が21時。

何を勘違いしてか、飯を食いながらハリソンフォードの逃亡者という映画を見てしまい、

就寝時間は23時過ぎ。やっちまった感あり。

【日曜日】
なぜか深夜に目が覚める。そのとき午前1時。

あかん、遠足の前日並みに寝られへん。目覚ましは4時半に設定してるんだけどね。。。

悩んだ挙句、この時間ではあるが出発することに。睡眠時間2時間程度。

ま、途中の道の駅で寝たらええわという形でキャリアにMTBを乗せて出発!!

ほいで下市近くの道の駅で2時間半寝てから会場入りした。

到着は5時過ぎ。出走は7時だから少し時間があるな・・・ゆっくり準備し始めた。



天候は快晴。風は少しあるが、暑くなりそうだ。



【スタート~大迫エイド】
TEAM-NRロングコース班がそろってスタート。



最初のくだりからNRトレイン崩壊(笑)。それぞれの力量が違うから仕方がないのだが。

吉野のふもとに降りてからロードと入り混じったまんま走っていく。

昨年はチームで固まって走ったけど、今回は単独走。

待ちながら走るとトレーニングになりませんから。すみませんが先に行きます。

ロングコースは初めてなので、道に迷わないか心配していたんですけど、

事前に作っていた道路の番号、曲がる方向、曲がる時点の距離の表が役に立ちました。



国道169号線に入るまでの20kmは特に問題なく、平均速度25kmくらい。

んが、国道169号線に入った途端、突然ダムが見えて、ダムサイトまでののぼりが現れる。

後々に出てくる斜度と比べたらそうでもなかったけど、初めての長い登坂としては破壊力抜群。

この大滝ダムをやり過ごすとアップダウンがCP1まで続く。

その間、シルクロード&サカタニ&錦ロイヤルでトレインを組んで快調に走ってました。

んでようやくCP1に到着。

この時点で2時間経過。補給はまあそれなりに。

といってもこれから長いのぼりが続くので、米は食べず、水分補給をメインに。

お目当ての柿の葉すしは見当たらなかった(泣


【大迫エイド~天川エイド】
大迫エイドからは登りばっかり。登りばっかりで昇天しそうなくらい。

GF吉野は前後灯が必要だけど、その理由がよくわかる。

この区間は長いトンネルが連続してるし、交通量もそれなりだから、結構危険。

みんな結構明るいライトを後ろに付けていた。たぶん小生のライトは暗い分類。

あとトンネル内は寒い!!さっきまでは暑かったのに、突然寒くなるから腕がしびれてくる。

有名なループ橋の登りも堪能したけど、ループの半分はトンネル内なのでちょっと残念。

その後はもう少し登ってから国道309号線の交差点へ。

行者還りの登りの手前に給水ポイントが。ここでもらったポカリがめっちゃ薄かった(笑



んでここからメインディッシュの行者還りトンネルへの全長10kmの登り。初っ端から斜度きつい!!

下調べで前半の斜度がきついとの情報を得ていたけど、後半は足が削られているのでずっとキツイ!

PCのマップではトンネルの標高が1300m台だったので、

標高1000mまでいったら休憩しようと思っていたら・・・1000m越えたあたりで行者還りトンネルが出てきた。




ライトの無いトンネルなので、ほんま真っ暗なのかと思ってたけど、そんな風ではなかったね。

王滝のトンネルのほうが暗くて怖かったな。トンネル出口にでかいカエルもいたし(笑

今回はライト持ってるからそこまでテンション上がらず、無事にトンネル通過。

トンネル出口の補給所で、不味いマズイ電解質パウダーを飲み、天川エイドまでのDHを楽しむ。

この区間、道が狭く、対向車が来ればほんま危ない区間だけど、

横を流れる川が綺麗過ぎてたまらんかった。





長野県の上高地に流れる川くらい綺麗だった。大阪から2時間ちょいの場所でこの綺麗さはうれしいね。

BBQをしている人もいたけど、ここでしていいんんか?て感じ。

ただこの綺麗さは川迫ダムまで。ダムを過ぎると綺麗さが数段下がる感じ。

子供をつれての川遊びは天川で十分だけど、大人のちょっと危険な川遊びはここで楽しめそうです。

みのずみオートキャンプを過ぎて無事に天川エイドに到着。

ようやくお目当ての柿の葉すしに出会えたのであった。

つづく

[edit]

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。