12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

納車1ヶ月 

新車納車から約1か月。しっかり乗ってますよ。週末中心だけど。

2列目のリクライニング、前後シートウォークスルーなど、

前車プリウスとは違ってほんまにファミリーカーとしては最高ですわ。

運転のしやすさについては、プリウスよりも目線の高さがだいぶ高いので、

大きな車の運転に不安を抱いていた嫁も安心して(?)車を運転しています。



で、大事な自転車ライフの方ですが…色々試しています。

車高の関係でルーフキャリアを付けていないので、車内に格納する必要があるわけですが…

フォークに取り付けるミノウラのVERGOに固定して車載してますよ。通常はね。

前輪は外してホイールバッグに保管。

後輪は2列目シートの間に挟み込む形になるので、後輪~BB、ペダルをホイールバッグに入れて、

シートが汚れることが無いようにしています。

なので27.5、29er用のホイールバッグ(TIOGA製)のものを2つ購入しました。

トレイルまで車で行くときはこんなスタイル。特に不満はありません。



でもね、やっぱりキャンプに行く時は車内に全部の荷物を載せるのは厳しいかもね。

理由はキャンプ道具とクーラーボックスをストレス無く取り出したりするためには、

それなりのスペースがいるってことを痛感したわけ。

夏場の幕が少ないキャンプならまだしも、リビングシェル&アメドM併用の際は苦労するかもね。

あと、MTBの後輪を付けたまま車載すると、2列目を左右に離す必要があって、

そしたら長女が隣に座る妹の顔が遠くなると不満を申すわけです。

なので新型ノアというワンボックスを購入したものの、キャリアの必要性が微かに出てきています。

ま、気長に考えますか。
スポンサーサイト

[edit]

年末年始報告 

年末年始は岐阜&大阪の実家へ帰省してました。

岐阜ではMTB乗り放題。一方で大阪では家事し放題。

そんな年末でした。

とりあえず前半戦について。。。長文ですがw


26日(金)
早々に帰宅。そして岐阜へ出発。

久々に高速使って岐阜へ。門真から乗って吹田経由小牧ICまで。

途中、長女のトイレタイムのために大津SAに停車。

缶コーヒーだけを調達しに行ったはずが、長女が蓬莱の肉まんを食べたいと言い出す。

しかも前に並んでいた人が肉まんを8個頼みやがったので、出来上がりのために15分待つことに(怒)

購入し車で食す。肉まんの匂いが新車の匂いに勝る車内。

しかしさすが高速!岐阜へ到着するのも早いし、到着後の疲労感が全然違う。

あと今回の大阪⇒岐阜への200KMでの燃費は21㎞/L。

カタログ値が23.8㎞/Lで21㎞/L走るなんて優秀すぎるっしょ。暖房入れてたし。


27日(土)
午後からかかみ野へ。

最近チームで流行の”自走”でのかかみ野へ。迫間不動からの峠越えをしてかかみ野へ。

天候は抜群だが、その分非常に寒い!

空気が澄んでいて、御岳山が綺麗に見えた。写真を撮っている人が何人もいた。



昨年の噴火以前は、どの山が御嶽山なのか?あまり気にしていなかったが、今は違う。

噴煙(?)を上げているのでどの山が御嶽山かすぐ分かる。

あそこに未だ取り残されている人がいると思うと…山って過酷で怖いですねぇ。


さてかかみ野。見かけたMTB乗りは3人だけ。年末出し、寒いし、午後だしそんなもんかね。



周回コースは走らず、シングルのA・Bコースをクルクル回り続ける。

Aコースは改修された模様だが、最近は木の根っこが多すぎて何とも楽しめない。

Bコースはあっという間に終わってしまうので何とも楽しめない。

どのコースも突き詰めれば楽しくなるんだろうが、走る頻度が低いんでねぇ。

恐らく6周回くらい走ったか?日暮れの時間もあるので早々に退散。

往路と異なり空気圧が低いので路面抵抗高し。スピードが出ないw

日が暮れて余計寒く、持っている服装を全部着込む。

速乾性のないジャケットを一番上に着ていたせいで全部汗で湿っている感じ。

でもかかみ野はこれからは行くとすれば自走やね。意外と近かったし。


28日(日)
朝一からH曽へ。

駐車場で用意していたらMTBの集団が目の前を通過。

サスは80mmストロークのHTマシンだったのでXCチームか?と思いながら急いで準備する。

急いで準備して追走したが結局見つけられず。とりあえず最初はヘリポートへ。

ヘリポートから見える景色はこの日も抜群。昨日と同様、御岳山が綺麗に見えた。



ヘリポートにいたら一人のMTBerが来る。ダビンチ&極太タイヤの下り系MTBだ。

現地のMTBらしいので色々聞いてみたが、やはりキャンプ場から侵入すると何か言われるそうだ。

駐車場に金を払って利用すれば何も言われないらしい(笑)

あと、この辺りでは過去に山火事やら事故やらがあったため、MTBは歓迎されていないようだ。

今時ハイカーと共存できているトレイルってほんまに貴重なんやねぇ。痛感。


さてキャンプ場へのシングルトラックへ突入!

なんだか乗れてない感覚を感じながら下っていたら、左ハンドルが木に引っ掛かって転倒!!

スイッチバックの内側を切り込みすぎたためか?左肘の上を木にぶつけ、MTBから転げ落ちてしまった。

やっぱりトレイルには750mmのハンドルは長いのか?最近気になって仕方がない。

ゲレンデDHコースを走るならともかく、ハンドルを通すためにハンドルを倒すライディングスタイルってどうかと思う。

帰った後に探してみようかなぁ…と思いながらキャンプ場まで下りてきたら、さっきのMTB御一行が。

5人?6人?のトレインになってそのままT歩道を東進していったので、なんとなく追従。

さすがXCチーム。根っこゾーンも極力乗車して登っていく。そして巧い。

HTが殆どだったか?XCするならこの程度は乗って行かなきゃいけんのかなぁと感心しながら登ってました。

上のトレイル入口で休憩されていたので、そのままスルーして裏のトレイルへ。

裏のカーバイン650Bであれば何の問題もなくクリアしますね。車体の軽さも軽快な乗り心地に貢献している模様。

タイヤの空気圧も適度に下げていたのでグリップ感もバッチシ。


ほいでそのまま休憩せず小屋裏のトレイルへ突入。

休憩してないから(?)体幹が耐えられず登り区間で足つき2回。

前回の休憩をはさんでのトレイルライドでは足つきなしで登れたので、足つきなしで登りたいところ。

その後2kmもあるトレイルを堪能し、最後のV字谷もエスケープルートでクリア。

怪我なく楽しいトレイルライドでやんした。

しかし!気づけば左のシートステーに傷ガガガガガ。

おそらくヘリポートからのシングルトラックでの転倒の時に付いたんだろね。少しショックw



29日(月)
雨のため乗らず。

ここぞとばかりに雨の日に家族サービス。

名古屋駅周辺をうろつくも、駐車場代をタダにするため、ヤマダ電機で炊飯器を買う。

そして帰りにカミハギサイクルに27.5のタイヤを買いに行くも、MTBタイヤのやる気のなさを感じ

何も買わず岐阜に帰る。



30日(火)
T度山トレイルライドへ。この連休の最大(?)のイベント。

人見知り野郎(小生)が、地元MTBerであるbakiさんのブログのコメント欄に突然書き込みをし、

T度山のトレイルの道案内をしてください!!

と何とも厚かましく、おこがましいことをしてしまったのである。

もちろん前夜は楽しみすぎて夜寝られず、朝4時起き、朝5時に出発。集合時間の1時間前に到着しましたw

やっぱり新しい、未知のトレイルに行けるって楽しみですよね。怖くもありますが。。。

さて、準備をしているとbakiさん到着。



TRANDITIONのCOVERTにて走られるとのこと。タイヤがゴツイ!

しかし下り系バイクにはこんなタイヤが似合いますなぁ。ペラペラタイヤを履いている小生は参考にせねば。

そしてbakiさんの連れの方を加えた3人で出発!

まずはT度山頂上までの6㎞の登りを堪能する。

前半の斜度はきつくない。ただ左斜面は切り立った崖!!落ちたら自力では帰ってこれないでしょう。

前半はゴツイタイヤを履いたbakiさんに前を引いてもらう。スミマセン(-_-;)

後半は斜度がきつくなる。そして雨上がりのためか、岩場セクションの登りで滑る滑る。

後半のトレイルで飛ばして走っていたので、激坂区間で大幅なスピードダウン。

そして最後の簡易舗装激坂区間で心折れて足つきw

まだまだ鍛錬が足りませぬな。

しかし6kmの登りのトレイルがあることはT度山の魅力と感じましたね。王滝トレーニングに最適。



見晴らし台で休憩した後に”エビス”と呼ばれているトレイルに入る。

お二方共にサドルを下げる。なんだろう?サドルを下げるという行為は久しぶりな気がする。

神奈川にいた時は結構サドルを下げて走るトレイルがあったように感じるが、

大阪に来て、南大阪や奈良のトレイルを走っていはいるがサドルを下げることは全く無かった。

なのでサドルを下げた後の股間部分のスカスカ感がなんとも不思議な感覚だった。

T度山のエビストレイルは基本岩&ガレガレ&掘れ掘れのトレイル。

よってスピードは上がらないが、振動が激しく、腕が早々にあがる。疲労で握力低下してるw

チェーンの暴れる音が鳴りやまない。路面を見る目が追いつかない。

だから突然急坂が現れるとビビッてしまう。

bakiさんに後を走って頂いていたのだが、小生がビビってしまい良い所でbakiさんを止めてしまった(-_-;)

終わってみればおやじ坂など名物コーナーは全て下りてしまった感じ。

自分の下りテクニックが無いので当然だが、下り系トレイルが久しぶりすぎて満身創痍の状態だった。

ただ最後の最後にあった落ちる場所(名称不明)では前走者の方について行って下ってしまったが、

サドルを下げなければ下れない、躊躇してスピードを落とせば大転倒になりそうな場所だった。



久しぶりの縦落ち系トレイルを楽しめた。いや勉強させて頂いた。

このトレイルはエピックでは無理!登りは王滝練をかねてエピックで登りたいところだが(笑)

今度来る時は同じカーバインにMAXXISのハイローラーみたいなタイヤを装着して走ろうw

そうすれば下りのフィーリングが変わるだろし、もう少し楽に下れるだろう。


いや~登った分を一気に下ってきた感のあるT度山トレイル。



正直想像以上に激しいトレイルだった。

T度山を下ると、カーバイン650BでH曽やかかみ野を走ると物足りなく感じますね。

bakiさん、ほんまにありがとうございました!!

またどこかのトレイルでご一緒させて頂ければ幸いです!!



T度山を走った高揚感でその夜大阪に帰省しました。。。



[edit]

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。