09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

29erユーザーに相応しい車とは・・・ 

前回の続き・・・

表題のごとく、29erユーザーの車選びは難しい。

理由はホイール径の大型化によりマシンの全長が伸び、車種によっては室内に載せられないのだ。

今の我が愛車はZVW30という3代目プリウス。現状はルーフキャリアを設置し積載している。

極論が通用するなら選ぶ車は決まっている。それは”ハイエース”。

真顔で妻にハイエースが良い!と男のロマンをとくとくと語るが女に男のロマンが通用するわけもなく

”業者の作業用車両なんていや!”という感情一切なしの発言により意気消沈してしまう。

なんて気の弱い俺、33歳。



さて現実を見ると、家族4人、自転車を趣味とし、家族とキャンプを楽しむ我が家。

今のZVW30型3代目プリウスではかなり積載量として辛いものが多々ある。

それでも今年は我慢できた。

しかし子供が大きくなるにつれ、荷物が増える。

さらに長距離ドライブをする我が家にとっては、子供の数だけリクライニングする座席が必要になる。

そこで買い替える必要性が出てくるわけです。


さてさて家族の歴史上トヨタしか許されない我が家。ちなみに今のプリウスもトヨタカローラで購入。

理由は両親の時代に世話になった営業の方が、今はたいそうお偉いさまになっているらしく、

コネで安くしてもらえるってわけ。コネですよコネ。コネクション。

だから今回も何軒も無意味にディーラーに回るつもりもなく、トヨタカローラに行ったってわけ。

そして考えている車種はプリウスαとノアハイブリッド。


プリウスαとノアハイブリッドの実車を見て触って考える。

プリウスαはプリウスと比較してやや大きい、使い勝手も良いのだが、

やはり同じプリウスをもう一度高額な金を払って買う気にさせる何かが足りない。

それにプリウスαを選んだ場合、29erのMTBやキャンプ道具をまたルーフまで持ち上げないといけない。

仕方がないが、やはり辛い。プリウスαがもう少し大きくて燃費が良ければ文句なしでプリウスαを選んだだろう。


一方のノアハイブリッド。

今回の来店はノアハイブリッドの社内に29erが入るか確かめに行ったと言っても過言ではない。

そのために来たわけ。

もし入らないようであれば、プリウスα一択となってしまう。

理由は新型ノアのルーフキャリアは発売されている物で最大積載量が30kgとなっており、

現在のプリウスみたいに、車内に入らなければ上に載せれば良い!というわけにはいかないのである。

さて試した結果は・・・可もなく不可もなく。ただシートは7人乗りに絞られる。

絞られる理由は、やはり29erのサイズのせいで、前輪を外さないと車体は乗らない。

しかも後輪を2ndシートの間に置く必要があり、シート間が無い8人乗りでは載せられないのだ。

よって前輪を外し、2ndシートの間にタイヤが鎮座していても問題なければノアハイブリッドでも問題なさそう。

正直うれしい誤算か。わざわざルーフに荷物を載せなくてすむわけだし。


というわけで、ディーラーにて実車を見た結果、プリウスαは無し!ノアハイブリッドで行こう!!

と相成りました。

残るは嫁の許可のみ(笑)
スポンサーサイト

[edit]

ディーラーまで片道2時間 

先週末も母親の入院の世話をするため自宅→熊取へ。今回はエピック29er。

先週までと違うことは、熊取に行く途中にトヨタのディーラーに行くことになってる。

その件は後に記載します。

さて、金曜日は会社の歓送迎会にて帰宅したのが午前0時30分。

家族のため(?)に帰宅してから洗濯物を干し、土曜日の準備をしてから就寝。

翌朝、さすがに酒を飲んだ次の日とあってか、身体はだるい。

ただ休日の朝、我が家に長居すると自転車に行けなくなる恐れがあるのでさっさと準備をし出発。

なんといっても今回はタイムリミットがある。急いで行かねば。


自宅を出たのが7時半、約束の時間は10時。

自宅は大阪市鶴見区。行先は光明池の運転免許所近くのトヨタカローラ南海。

予定では7時に出発するはずだったけど見事に遅刻。

猶予は2.5時間。間に合うか?

漕ぎ出しは重いが、幸い北風のため背中を押してくれる。

30km/h以上は大体出せてる感じかな。

途中南巽駅の辺りで歩道に突っ込んだ車があったんだけど・・・けが人もいなさそうだし通過。

7時を超えると内環といい25号といい信号につかまりやすくなるから厄介だよね。

走行時間40分強で柏原警察署を通過。信号待ちの関係もありすでに8時30分。やばい。


石川CLに入っても順調に飛ばす。残念なことに南下するローディがおらず単独巡航。

褒められたことではないがMTBのTTポジション乗りでスピードアップ。

なんちゃってTTポジションだけどある程度速度が上がるからホンマおもろい。

石川CRと309号線が交わる交差点を右折し170号線に突入。さらに速度が上がる。

170号線に入った時点で9時15分。まだまだやばい。

たぶん170号線の横山から光明池まで20分はかかるから・・・と逆算してみるもやっぱりぎりぎりや。

多少集中力が切れたりしたが、なんとか目標通り横山に9時40分に通過。

走りながらの頭が回らない中で計算しながら走り、予定通り到着した俺、スゴイ(笑)

もちろん汗だくだくのサイクルジャージではディーラーに行けないので、

手前のコンビニのトイレで簡単に着替えてディーラーイン!!

たまには時間に迫られながら走るってのもいいね。

ディーラー編に続く。



[edit]

消したい過去 50km地点 

何となくブログ村のMTB人気記事を見てたら、

王滝村役場の方がSDA王滝の写真をアップしてた。

撮影してたのはご存知の方も多いと思いますが…たしか50km地点あたりか?

そう、わてが低体温症で倒れこんだあの場所でやんす。

そして写真をみてたら…あらま!

低体温症から復活しつつあったさえない男が写ってるではありませんか!



間違いない、消したい過去の1つやね。

[edit]

初めての足つき in 大阪 

先週末はロードにて鶴見→熊取まで。

土曜日の夜にウェスティンホテルで仕事があったので日曜日乗りました。

ご存じのとおり、母親が脳出血で倒れたため、週末は実家の熊取に帰ることにしています。

土曜日のうちに家族は先に熊取へ。小生は日曜日朝6時に出発。



いつも通りつまらない内環→R25とこなし、この日は南河内GRへ。

なんというか・・・この道は苦手。アップダウンを連続されると足が弱いのが如実にわかってしまう。

いまさらではあるが、MTBのほうが軽いギアがあるためか、ロードのほうがのぼりは辛い。

サドルの前に座りインナー&ローで走ることもしばしば。

さて、南河内GRは河南町のほうへ下っていくが、この日は弘川寺方面へ左折。

先週熊取ではだんじり祭りがあったが、この周辺は先週末が祭りだった模様。

その後の千早赤阪村でもだんじり祭りを見ることができた。

さて問題なく弘川寺を通過するも、初体験のこの道、結構登らされます(笑)

なんとなく斜度も上がり、強烈な個所もあり・・・けっこう厳しい状況でのぼっていたのだが・・・



目の前に明らかに斜度20%超えの区間がドーン!!!見てしまった、見えてしまった。。。

しかし当然のごとく心の準備をしていない小生はメンタル的にやられてしまう。

もちろん脚は残っていない。

どうにかあがく。

もう少しあがく。

結局足つき。

初めての足つき。しかも大阪で。。。(笑)

後々聞くとこの箇所はアウターで登る場所なそうな(笑)

一度その姿を見せてもらわねば(笑)



その後金剛ロープウェイの道を途中までヒルクライムし、R170へ。


やはり先ほども書いたが、ロードのほうが同じ距離を乗っても足にきてしまう。

先日雑誌にも書いてあったが、コンタドールもニーバリもコンパクトクランクで登っているそうな。

コンパクトって何?て感じですが、今のロードを買うときはコンパクトにさせてもらえなかったなぁ。確か。

その理由が”甘えたらあかん”というまったく意味の分からないりゆうでしたがw

結局先週とほぼ同じ行程でロードライド。

獲得標高1200m程度でこんなに疲れるなんて・・・不覚!

来週はどうしようかなあ。



[edit]

堅い話2 

続き。

ソフトバンクの実行税負担率は0.006%。

純利益が788億8500万円にもかかわらず、納税額はたったの5百万円。

ユニクロを経営するファーストリティリングは6.92%。

すなわち純利益756億5300万円に対して納税額は52億3300万円。リンク

日本の法人税は本当に高いのか?

公開されている企業情報や直接取材によって明らかになったのは、その驚くべき税負担の軽さだ。

巨大企業が適正に納税をしていれば、消費増税も、そもそも消費税制度の導入すら全く必要ない!

法人税減税など言語道断だ。リンク

【税金を払わない巨大企業 富岡幸雄】実効税負担率の低い企業トップ10は世界に名だたる大企業ばかり。

大企業が適切に税金を国庫に納めていさえすれば、貧困層ほど税負担が重く逆進性のある消費税の導入そのものが必要なかった。(同紙より表も引用)

【5期通算で実効税負担率の低い大企業】1)みずほFG、2)東京海上HD、3)みずほ銀行、4)三井住友FG、5)三菱UFJFG、6)三井住友銀行、7)みずほコーポレート銀行、8)三菱東京UFJ銀行、9)三井不動産、10)小松製作所。

三大メガバンクと、その持ち株会社が全て入っている。

2008年4月~2012年3月期までの5期通算で、みずほFGの税引純利益=1兆2218億5500万円だが、納税額は2億2500万円。

すなわち1期あたり4500万円となる。

この割合をサラリーマンの平均年収400万円と単純に比較すると、年間わずか737円しか納めていないことになる。

みずほファイナンシャルグループの「実効税負担率=0.02%」というのは、ありえない割合であり、あってはならない数字だと言える。

【受取配当金の多い会社(2008年4月~2013年3月までの5期通算)】1)三菱東京UFJ銀行=2.83兆円、2)トヨタ自動車=2.32兆円、3)第一生命保険=2.14兆円、4)三菱商事=2.08兆円、5)三菱UFJFG=1.98兆円、6)みずほコーポレート銀行=1.71兆円。

【受取配当金益金不算入制度】経営上の収支が赤字だが子会社や関係会社からの受取配当金で補填して黒字になった場合、申告税額を0にできる可能性がある。

たとえば東芝は1005億円の赤字だったが、受取配当金はその670%(6.7倍)にのぼる6737億円。

しかし課税ベースとなる所得は0円。

引用終わり。

[edit]

意外と短い実家まで 

先週は自宅から実家の熊取までMTBにて。

というのも、先週火曜日に親が入院してしまい、

当面入院が続く模様で、週末は実家に帰ることがこれから多くなりそうです。

今回は寄り道せずに、内環→R25→石川CL→R170→実家という道程。



いつものごとくガーミン510を取り付け走行開始するもなんか変な表示が出る。

どうやら先日アップデートした後に変になってた模様。

これまでの設定も全部リセットされてるし(怒)

しまいにゃ速度まで出なくなってしまい…やる気半減。

最近機材によるテンションダウンが多い。

なんたって最近ロードに乗らない理由はパワーメーターがぶっ壊れたせい。

正確に言うと一部壊れてるだけなんだけどね。



とにかく速度も時間も出ないもんだから楽しみがないわけ。

石川CLまでは重めのギアを踏む。

石川CLではロードのケツについたり、ぶっちぎったり。

R170に入ったらもう一回アゲアゲしてみるも、

旧R170に入った途端だんじり祭りにてペースダウンを余儀なくされる。

ま、岸和田と貝塚で1回ずつインターバルを入れてちと練習っぽくしてみる。

結局朝5時過ぎに出発し8時過ぎに到着。

もう少し踏み続けられる練習しなきゃね。

来週も同じ行程でライド予定。

[edit]

これからと来年 

王滝100㎞を2年連続リタイアを受けての雑感。

会社の上司にお前の体調管理はそんなもんか?と王滝の結果について言われた。

王滝について全く知らない上司ではあるが、言い返せなかった。

正直体調管理の問題なのか、装備不足の問題なのかリタイアの原因は不明だが、

言われたことにほぼ間違いはないであろう。

あまり気にしても仕方がないが、王滝直後なので結構この一言にショックを受けた。

まあ今年のレースシーズンはグランフォンド吉野のショートだけ。

ショートということもありあまり完走のハードルは高くないが、楽しんで完走したい。

今はそれだけ。




①来年予定
来年どうしようか。。。

とりあえず予定だけ立てておく


1月  無
2月  無
3月  タイオガカップ ソロ4H
4月  無
5月  布目湖畔サイクルフェス
6月  富士ヒルクライム
7月  無
8月  シマノ鈴鹿2H
9月  王滝100㎞
10月  グランフォンド ロング(?)

今年は週末の悪天候が多かった。

晴天の週末はキャンプに急遽行くことも多く、練習してなかったなぁと感じる。

ガーミンのログを見ると、今年100㎞を超える練習をしたのは数えるほど。

来年はイベントの無い4,7月と長期連休にキャンプに行くことにしよう。

そうすれば今年よりは練習できるはず。


②練習について
相変わらず今年の王滝はインナー×ローで走る時間が長かった。

踏む力が足りない。ただそれだけなのだが、オフは踏むギアを重く心がけよう。

下りは別に問題ない。早くなるためには得意を伸ばすより苦手を克服したほうが良いって聞いたな。

問題はMTB?ロード?どのマシン?どこで?どんだけ?自走する?しない?

山岳?平坦?オフロード?オンロード?てっこと。

あとは。。。ローラー台する時はもっと集中して、強度上げて。。。やることくらいかな。

だんだん絵に描いた餅になってきたなあ(笑)



③体のケアについて
ぶっちゃけ低体温にならなくても右の膝は100km走りきれる状態ではなかった。

昨年のリタイアの理由は左膝、今年痛みを感じたのは右膝。要は両膝とも爆弾なわけ。

その割に今年は体のケアをしてなかった。柔軟体操を8月からしてたけど、明らかに堅い。

今オフはテレビ見ながらでもいいから柔軟しよう。特にハムストリングと腰。

あと体重。体重を見れば今年走っていなかったのは明らか。

毎年70kgを切るのは3月、今年は8月。

今年と昨年の9月体重を比べてみるとおそらく2.5kgは違うかと。

酷いね。


④目標
なので来シーズンは毎月目標を立てようかと。

1~3月 1時間泳ぎ続けるようになる、FTPを250Wに上げる(現在220W)

4月 タイオガカップ4時間を走りきる体力であること(ソロで走り続けた経験ない)

5月 布目湖畔サイクルフェスの10km×12周回を完走する(来年初出場)

6月 富士ヒルクライムにて1時間18分を切る(ベストは1時間25分)

7月 金剛ロープウェイTTを35分に短縮する(ベストは39.5分)

8月 シマノ鈴鹿にて13周回達成する(ベストは12周)

9月 王滝100kmで7時間を切る

10月 グランフォンド吉野スーパーロングを完走する(今年初出場)

※5月の布目湖畔が完走できなかった際はロングに変更

進捗状況は毎月月初にローラー台にてFTPを計測することにしよう





とりあえず今の気持ちを忘れないために。

宣言。

[edit]

グランフォンド吉野ショート完走 

日曜日は初参加のイベント”グランフォンド吉野”に参加してきました。

タイム計測の無いイベントは初めて?エイドステーションにも期待。


前日の土曜日は午前中は子供の保育園の運動会。

午後は梅田のヒルトン大阪で講演会の手伝いで6時間立ちっ放し。

土曜日夜の時点で結構疲れてましたね。

急いで準備して就寝も、予定の4時半起床に対しなぜか2時半に起床。

寝ようか悩んだけど、ロング&スーパーロング班のスタートを見たい!

とのことで荷物を載せ、3時過ぎに自宅を出発。予想外にも90分で到着。

現地は夜も明けていないのに人が沢山。盛況な雰囲気。

開会式は市長と警察、ほら貝を持った修行僧など来賓沢山。



来年はたぶんロングに出るので、早めに会場に来て参考になりました。



さてショートの出発時間は9時。スタートを見送ってから3時間暇でした。

8時ごろから準備を開始。するとすぐ気付いたこと。

①レーパンを忘れた ②尾灯を固定する機材を忘れた

結構致命的な忘れ物(笑)

①に対しては短パンを持ってきていたのでそれで出走。

②に対しては大会本部にてタイラップを借りて対処。なんとか形にはなった。

スタートは最後尾にて。今回はTEAM-NRの4名にて走る。




スタート直後は下り坂。最後尾にて走る。久々のトレイン走行。テンション上がる。

が下ってからの序盤はず~っと登り。チームのペースに合わせて走る。ま、タイム計測無いし。

しかし登りが続く。しかも所々台風の風が前方から吹き付ける…

雨はないものの序盤から登りが続くと辛いよね。

とはいえ、80㎞のショートに参加だから、物足りないであろうと考え、

アウター縛りとかインターバルを入れたりして厳しめの80㎞にしてみる。

後々後悔するんだけど。

幸いなことに今回はひざ痛無し。なので楽しかった。

んでようやく最初のエイドステーションに到着。ほんま補給食がいっぱい。



柿の葉寿司やらくずもちやらバナナやら…しかも食べ放題というところが良い!!

王滝の野戦場のような殺伐としたエイドステーションしか知らない者にとって

感動もののエイドでした。美山のレースはもっと内容が良いんだってさ。





さて結構食べて再出発。これからまだ登るんだってさ。

走っていると8月に行ったキャンプ場に続く道を走る。確か国道369号線。

国道に入った途端雨が強く降り始める。ある程度覚悟してたけど結構堪える。

しかも登りの斜度が段々と上がり…速度が8㎞/hを下回るように。

アウター縛りなのでトンネルあたりから並走していた方から取り残された。

んでようやくコース最高高度の地点に到着。あれ?いつの間にか晴れてるし。



さてここからは下り基調に。MTBだからグリップ高いしロードと違って超楽しい。

このイベントは路面が荒れてるし、雨が降ると危険なのでMTBの方が断然安全。

下って下って7km下ってエイドステーションに到着。

さっきの登りで空腹感を感じていたのでここでも食べる食べる食べる。。。

熱いお茶も用意されており、冷えた体にしみわたる。ちょっと熱すぎたけど(笑)



またまたたらふく食って出発。残る登りは2kmの峠と最後の4kmの登り。

このあたりからペースの違う方を残し前二人はアゲアゲで走り始める。

しかも一緒に走って頂いている方はアイアンマンを完走するくらいの鉄人。

鉄人の鬼挽きが始まり…脚が悲鳴を上げ始める(笑)

最後のエイドステーションで残りそうな補給色をカバンに詰め込み再出発。

残り25km。最後の登りが4kmだから…20kmは絶対ついて行くと決心!

そしたらエライ勢いでペースアップ。アカン、ここで切れたら追いつかん!

ペースアップに何とか喰らいつき、ヒーコラヒーコラを20㎞。

そして最後のヒルクライムが開始された時点で鉄人を見送り…

ようやく14時過ぎに無事フィニッシュ。あ~疲れた疲れた。



今回台風だの大雨だの心配していたけど、思ったほど雨風は有りませんでした。

しかしショート80kmを舐めてた自分としてはかなり疲れましたね。

鬼挽きがあったからかなぁ…ただ単に脚が弱いだけ?とはいえ楽しかったですね。

来年はロング!と走る前は簡単に言っていましたが、ショートに比べてロングはキツイ!

だって距離は2倍、獲得標高もたしか2倍以上。えらいこっちゃやがな!

タイム計測無くとも、楽しいエイドステーションあり、痛気持ちいコースあり、

一緒に走れる仲間ありで楽しいイベントでした。

晴れたらもっと楽しいだろうに…来年ロングで参加予定。

布目湖畔サイクルフェスで10周走りきれたらスーパーロングかな?



[edit]

雑談 

2015年モデルの情報が最近出つつありますが、

なんだかラインナップおかしくないですか?

例えばマビック。

ロードのホイールが高すぎる。

まあ買う人がいるんだろうけど…10万近くするホイールがローグレードってか。

そんなにアホみたいなテクノロジー入れんでいいから、

15万位がホビーレーサーが買う上限金額じゃないかな?



次にスペシャ。

完成車にしろ、ホイールにしろ中間のグレード、中間の価格の物がない。

ターマックとか40~50万位のグレードが一番売れ筋じゃないのかな?

確かに、50万くらいのロードを買ってもホイールを買い換えるので、

結局70万くらいはするんですけどね。

とはいえ一度にエスワークスを買うために一度に80万も払える庶民ってそうそういないよね。

トレックはエモンダのセカンドグレードのフレーム&フルデュラで55万のグレードがあるんだけどなぁ。


円安の影響もあるんだろうけど、

もし本国に中間のグレードがあって、

日本のメーカーの都合でラインナップを決めてるんだったら…

しばくぞ?コラ。

[edit]

王滝後吉野前 

先週も軽く?行ってきました。


またもやガーミンのパワーメーターの部品を壊し…

パワー表示しないロードに乗る気になれずMTBで出走。

とりあえず内環から平野駅経由葡萄峠へ。



MTBとはいえ、高めの速度を維持できるよう

TTポジションみたいな姿勢で走ります。

軽いギアでなく、一枚でも重いギアを踏むように意識して。

脚質改善になるかなぁ…時間かかるだろうけど。



葡萄峠へ入るも自転車野郎は誰も見かけず。

のどか村まで上がってもローディとは2人しかすれ違わなかった。

序盤はいい感じで登ってたけど、相変わらずのオーバーペース。

ゼーゼーハーハー言いながら途中撃沈。

自転車歴10年とは思えないペース配分の下手くそさ。嫌になっちゃうw



途中で便意を催し、のどか村のトイレを貸してもらおうと頂上まで頑張ったのに、

なんとトイレが閉まってる。。。orz

ホンマは奈良側に降りてY田まで行くつもりだったけど、

結局オオケン?のコンビニまで無駄にDH

途中あまりに景色が綺麗だったので小休止





八尾空港を初めて上から見た。ホンマに街中の空港やね。


さてさて来週は山岳グランフォンド吉野のショートに出場します。

初めて参加するイベントですが…台風来てるし天候が心配

まぁ楽しみますか。

[edit]

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。