08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

乗らず、洗車 

先週末からは飛び石連休。

飛び石の時点で連休じゃないんだけど…。

土日は長女の誕生日会のために熊取の実家へ帰省。

時間があれば乗ろうかと思ってたけど、結局乗らず。

王滝後に全く手をつけていなかったエピックの洗車&メンテをすることに。



犬の散歩をする人達に見られながら、近所のガキどもに不思議そうにみられつつの洗車。

王滝特有の粒の小さな砂が至る所についていましたわ。

半分しか走ってないとはいえ、洗いきるのに時間を要しました。



さて、レース中に異音がしたサスペンションですが、

フロントは明らかにエアーの入れすぎていた模様。

同様にリアサスもエアーが多めに入ってた模様です。

エアーを無造作に抜いた状態で乗ってみましたが、

この程度のエアー圧が良かったみたいです。

メンテナンス不良、メンテナンス準備不足が露呈しましたね。



この後はプチオーバーホールに出すためにショップへ入院予定。

ヘッド部分に小さい傷を見つけたり、

フロントサスのストローク部分に物理的な衝撃が加わった場所があったりと

購入後二年間の使用感が結構でてきましたね。

あと、ベアリング交換と念のためにサスペンションもメンテに出そうかと。

結構しそうやね😭
スポンサーサイト

[edit]

第六次王滝チャレンジ 

今週月曜つまり三連休の最終日になるわけですが、

毎年恒例のSDA王滝100kmに参加してきました。

昨年は左ひざの腸脛靭帯炎により途中CP2にてリタイヤしましたが今年は果たして?


土曜日に岐阜にある嫁の実家に滞在。ほぼ1日娘の相手をしました。

今年の9月で4歳になる娘。早いもんですね。

思えば4年前の王滝は長女が予定日に出てこず、DNSした苦い経験もありました。

腹いせに名前を”滝子”にしたろうかと思ったほどです。

今年も次女が小さいので王滝には私一人で向かいました。

日曜日の11時頃美濃加茂を出発。途中御嵩にあるTOMOSというショップに立ち寄りました。

本来なら高速で御嵩→中津川と向かうのですが、渋滞10㎞の表示にビビり、

並走する国道19号線で東進することに。これが大間違いでした。

国道19号は登ったり下ったりを繰り返しながら登っていく自然渋滞の起こりやすい道となっており、

この日は高速以上に渋滞していました。たまに見える高速は渋滞していないし…(泣)



なんだかんだで15時頃に4時間かかって王滝に到着。昨年同様奥のグラウンドに陣取ります。

スタート地点に近い駐車場もいいのですが、あそこは車の出入りが激しく、寝れそうにないのでパス。

ここで今年の反省点①、照明器具、カセットコンロ等の調理機材を全く持ってきていなかった。

天気予報で事前に知っていたものの、今年の王滝は寒かった。

昨年は曇&雨でしたが、無理なく冬用ジャージを着るだけで車中泊できました。

一方今年は冬用ジャージだけでは足りず、持ってきたシュラフが必要な程低温に。

ちょっと例年とは違った様相でしたね。



レース当日は3時半に起床。まずは朝食を取り、補給食を再度チェック。

4時20分にはスタート地点に行き、車体を並べる準備をば。前過ぎない場所に整列させます。

そして車体を整列させたと同時にトイレにダッシュ!!!

皆さん前の方に並べることに集中していたので、トイレにはすぐ入れました。

毎年このトイレ渋滞に時間を割かれてバタバタするのですが、今年はなかなかイケてましたね。

自分がトイレを済ませて外に出てきたら、さっきと異なりざっと40人くらいは並んでいました。

トイレ渋滞恐るべし。。。



それにしても今年の気温は低かった。そのため皆さん服装には悩まれている様子。

かくゆう私はスタート直前までどうするか悩みに悩んで...気温が上がると予想し薄着でスタート!

これが後に響くことになるのですが(泣)

今年は走り込んでいないのでタイムは狙わず完走目的で。なので最初から飛ばさず後半に足を残せるように。

なので結構今年は序盤から抜かれまくりました(笑)自分のペースを守ることに専念。

最初の登りは11㎞で終わるのですが、問題なくクリア。早速下りに入ります。が、ここで車体から異音が。

速い速度でサスが縮む際に”キュッッ!”という音がリアサスから鳴ります。

気になるほどではありませんが、なんとなく気になる。とはいえここでは治せないのでw

2つ目の登りも問題なくクリアし、前半の山場のCP1前の最後の登りへ。。。



思えばここから体に変調が現れてたんですよね。なんとなく力が入らない感じ?

とはいえCP1には当初の予想通り9時前に到着。スロースタートを心がけていたのでタイム的には問題ない。

と思いながら補給のためにバイクを降りた瞬間、目の焦点が合わない事に気づく。

たまに寝不足で疲労がたまっている時にでるような眼の奥がジーンと痛むあの感覚。

なにこれ?昨夜はちゃんと寝れたし。そんなに飛ばして走ってないし。ハンガーノックか?

少々パニック状態。しかも今年はこの先のCP2でリタイヤしても、CP2からのエスケープルートが

土砂崩れで、CP2でリタイヤしてもCP3までは行かないといけないとの案内があったので、

リタイヤ確実なら今決断した方がいいんですけど…とはいえ補給不足なだけかもしれんし。

冷静に考えられるはずもなく、補給不足と決めつけCP1を後にしました。



CP1を出発したものの、もちろん体調が回復するはずもなく、何度もストップ。

コースサイドで座り込み、10分目をつぶってみても回復の兆しなし。しかも寒くなってきた。

三浦貯水池に降りてくるまで3回くらい休憩したかな。。。でもCP2まではいかなきゃ。。。

頭痛にめまいに吐き気。その上に王滝名物ガレ場による容赦ない突き上げ。頭も揺れて気分悪い。

こりゃまずいなと本気で思いながら走っていたら、軽トラ2台が停まっていた。役場の人みたい。

さすがにこの状態ではCP2まで行くのは無理と思い助けを求める。

症状から…高山病かな?と言われつつ横になっているようアドバイスされたので装備を外して横になる。

20分ほど(?)寝てみたが、吐き気は無くなったが、今度はあくびを連発。

あくびを何度もしているのを見た役場の方が、もしかしたら低体温状態かも(?)とのこと。

実際に自分の手を触って冷たいことを確認して頂き、軽トラの暖房で温めて頂いた。

軽トラの中で何分寝ていたか分からないが、起きたら頭痛やめまいが快方に…手の痺れはあったけど。



結局このままリタイヤ。軽トラに乗せて頂きCP1まで戻る。

CP1までの悪路を軽トラの荷台に乗って体験したが、役場の方にはホンマ頭が上がらない思いだ。

こんな悪路を何十キロも走ってレースの役員をして頂いているなど想像したこともなかった。

CP1から松原スポーツ公園までは村内バスにて送って頂く。

怪我してない、マシントラブルでもない、いたって普通になった状態でここに帰ってくることに違和感を感じた。

反面7時間くらいで完走した人たちが至る所にいるので、正直恥ずかしい思いだ。

車に戻ってきたのが午後2時。嫁に電話し無事帰って来たことだけ伝える。



今年はタイムは狙わず、2年ぶりの完走を目指して王滝に参加したわけだが、結局2年連続のリタイア。

薄着で行ったから?低体温がリタイアの理由なのか?といまいちリタイアの原因が分かっていない状態なので

正直...あっけなく終わった今年の王滝に悲しい。

浅田真央のあの会見みたく。。。あっという間におわっちゃいました。。。みたいな。

ただ得るものは沢山あったので、自分の×なところは頭に叩き込んでおなじ過ちは犯さないようにしたいです。

2014年、第6次王滝チャレンジ、これにておしまい!!

[edit]

初登頂 

来週は王滝100kmの日。

今年の準備不足具合は昨年同様。

昨年は7月にひざ痛が無くなってからの準備でしたもんね。

今年は?第二子誕生による乗り込み不足…ということにしますか。



さて先週は土曜日が快晴とあって土曜日に自転車に乗りたかったのですが、

保育所の保護者会に参加しなければならず。。。土曜日にMTBしてきました。

王滝前なのでダートに行きたい…ほな岩○山にいこか!ということで朝6時に車で出発。

順調に岩○山に向かっていたのですが…南にいけばいくほど雨が強く降ってます。

岩○山の頂上に登っても、先週みたく景色が見えなかったらつまらんと思い、仕方なくオンロード練をすることに。

道の駅か○んに駐車し、まずは水○峠へ向かいます。

国道を東進し水○峠入口にもう少しというところで、ウ○イ谷という看板が目に入る。

これを登れば大和葛○山に行けるんだよね~と思った瞬間!行ってみよう!!というテンションに。

その先に急坂があることも知っていますが、特段気にせずチャレンジしてみることにしました。


さて林道に入ってみると…最初からなかなかの斜度から始まります。10%弱の傾斜の未知が延々と続きます。

簡易舗装も所々あり、車も走っているようで道は堅く締まっており、走りにくくはない。

でも前半はホンマに休む場所が無い。足つきする程ではない斜度が続くのでじわじわ消耗していきます。



左側から合流する道があるも、基本的に簡易舗装の道をたどれば迷うことはありません。

気づけば見たことのあるゲートが目の前に。噂の遭難ゲートです。

どうやらこのゲートの向こう側は枝道が多く、慣れない人間が入ると遭難する可能性が高いとのこと。


さて、このゲートの場所からが本番でした(笑)

斜度は確実に15%超えてる。ケツの穴をサドルの先に刺し、それでも上がるの前輪を抑え込みながら登る。

しかもそんな坂が何百メートルも続いた後に少しなだらかな坂が続き、そしてまた同じような激坂が…


それがたしか4セットくらい続いたかなぁ。

登坂力だけではなく精神力も試される”天空へ向かう激坂”という名前がふさわしい道ですわ。

結局何度か休憩を入れながら、道の駅から80分程で山頂に到着。

やはり予想通りの曇り空。下界はほとんど見えず。

もちろん登山客はほとんどおらず、なんともさみしい山頂でしたわ。


山頂は意外と寒くなかったので20分ほどまったり&補給をして下山開始。

ここからはもったいない舗装区間の激坂ダウンヒルでした。

途中爆音を出しながら登ってくるトラックが一台登ってきたのですが、

あまりの爆音(荷台の荷物と車体がぶつかる音)過ぎて、土砂崩れが迫ってきているのかと思うくらいでした。

頂上にて働いている人(?)が使っているようで下る際は気を付けた方がよさそうですね。

それ以外は久しぶりのDHを堪能。簡易舗装の場所は残念でしたが、来週の王滝練と思えば有意義でしたね。


帰りに来週の王滝に備えてチェーン&ブレーキパッド&ブレーキオイルを錦ロイヤルにて交換。

ミスターには無理を言ってしまいましたが、その日のうちにメンテして頂き感謝感謝。

特にブレーキパッドはほぼ終了してた模様。岩○山や葛○山をDHしてたらそら減ってるわね。

ミスターありがとうございました。

さて来週月曜は王滝。タイム更新は全く無理な話ですが、

昨年はCP2にて膝痛のためリタイヤしているので、気持ちを切らさず完走を目指して行ってきます。

ではでは。





[edit]

雲海 

2週間前の話。久々に岩○山に行ってきました。

道の駅に車をデポして国華園あたりからトレイルイン。その後滝畑ダムへ出て登山道へ。

ゲートを入った所でオフロードバイクに出会う。その二人組からこの道どこまでいけます?だって。

一応立ち入り禁止の区間出し、バイクも無理やり入れているんだから下調べくらいして来いよ!!

と心の中で思いながら適当に答えてやりましたよ。自己責任でお願いしますよ!!


さて岩○山へのトレイルですが、昨夜の雨によりかなりウェットでした。至る所が川。

とはいえ相変わらずの簡易舗装&所々激坂は練習にもってこい。

ただガーミンのGPSがいまいちGPS電波を受信しないらしく、速度がゼロになったままに。

時間計測もめちゃくちゃなんでテンションが少し下がりましたね。

それにしても最近ガーミンの510が調子悪い。VECTOR-Jを修理に出してから何かがおかしい。

でもガーミン本体はスペインのネット通販で安値で買ったので日本国内では修理出せないのよね~

1万円ケチったせいでこの始末。やはり正規店購入でないことが響きますなぁ~。


さて登りも佳境を迎えます。Y字路手前の最後の激坂区間。

距離的には200m位かな?この区間がやはり一番ツライ。でも降りるわけにはいかない。

こんなに頑張っているのにガーミンは速度ゼロ表示。さらに心拍数も140を表示。なんだかなぁ。。。

Y字路にたどり着き大の字になって寝ころぶ。ほんま体力やばいな。やっぱ王滝あかんわ。

そんなこんなでタレまくりながら山頂に到着。そして見事な雲海を目の前に補給。


もうすこし滞在したかったけど、風が冷たすぎて食べた後に即出発。


そして下山。途中オフロードバイクがなんてことない場所に停まってた。

大丈夫か?まさか男2人で無理心中か?とわけのわからんことを考えながらダムに到着。

なんだか物足りないので岩○寺の方へプチヒルクライム。

道が細いし足がほぼ終わっている状態のため片道3km程度の坂がえらく長く感じたなあ。

目的地の岩○寺は思ったより大きくなく、隣の四季彩館も入らず滝畑ダムへとんぼ返り。

獲得標高1000m程度だったので登りの練習にはなりました。

でも岩○寺にはもういきません(笑)何もないし。

やっぱり滝○→岩○山→南葛○山→蔵○峠→鍋○峠→道の駅

というルートを完成させたいなぁ。。。

[edit]

夏休みなのに雨 

今年の夏は異常気象でんな。おかげで不完全燃焼ですわ。

8月後半の記録おば。


8月の8日から9日間の夏季休暇。

本来なら土日の連泊で岐阜県下呂市のカオレキャンプ場にてキャンプの予定でしたが、

見事なタイミングで台風来襲によりキャンセル。

昨年も行けなかったので2年連続キャンセル。縁が無いのか?

結局岐阜にある嫁の実家で待機。午前中は長女と共にプールで遊びました。


①月曜日

そして月曜日。ようやく走れる状況に。走り出しの朝は雨が残っていましたが意地でスタート。

今回は王滝に向けての長距離練習。MTBオンロード練でやんす。



予定では軽い峠を2本、中程度の峠を2本、余力があればきつめの峠を1本。

あと岐阜名産(?)の朴葉寿司を食べに行く目的も加えて走りました。


走り出しの気温は低め、雨雲と共に北上している感じ。距離は長いのでハイペースにならないように走る。

まずは走り慣れた三和町の間見峠と七宗町の袋坂峠をクリア。
 
国道42号線に合流し、水曜日に行く予定の飛騨金山の花火会場を下見しつつ東進。

下呂市から東白川村に抜ける峠を2つ越えます。



1本目の松坂峠は斜度は緩め?でも松坂峠の入口までの登りがダラダラ長かったので既に疲弊気味。

片側1車線もない田舎道を派手目のNRジャージが走っているからか、沿道の住民や走る車の運転手からの視線を感じるw

そして松坂峠を越え、想定以上に疲労が蓄積した状態で国道256線の佐見という地区に降り立つ。

右に曲がれば商店などもあり休憩できるのだが、生憎予定ルートは左折。また桜峠への登りが始まる。

久々の桜峠。桜という名がついていることもあり、春に来れば桜が綺麗なんだろうと思いつつ縁が無い。

この峠も斜度はきつくない。ただ疲弊している状態ではかなりきつい。今回はかなりきつめに感じた。

そして走り込みの距離が少ないからか、両膝に違和感が出始める。

痛みではないが、膝の外側が擦れた感じでそのうち痛みに変わりそうで怖い。

熱くなった身体をクールダウンするためにも、桜峠の裏側にあった天然エイドステーションで水浴びしてみる。



台風通過後ということもあり、山肌からは水がかなり溢れている。

こんな山奥の水だから飲めるかなと思い飲んでみるが、やはり豪雨の後のせいか水が濁っている。飲むのは止めた。

そんなこんなで遊びながら東白川村に到着。麓は夏らしい天候。夏らしい空。

左に20㎞行けば儀祖母のおススメの朴葉寿司が食べられる道の駅にたどり着けるのだが、

膝の状態を考えて今回はショートカットして別の店の朴葉寿司を食べに行くことに。

東白川村役場から5㎞くらい西にある白川茶屋(?)にて朴葉寿司を食す。ここの朴葉寿司も美味い。



3つで600円くらい。白川茶と合わせて食べながら30分ほど休憩。ええ気分や。

残念ながら休憩しても、水浴びしても膝の違和感は無くならないので、無理しないペースで帰路に就く。

国道42号線に戻った場所にあるサークルKにてロックアイスを購入しアイシング。

これがまた効果抜群。アイシングでましになるということは膝の中に炎症が起きているのか?ちょい心配。

白川口から嫁の実家までは25km程。基本下り基調だが長すぎて飽きる。今回は最初の15㎞は頑張った。

嫁の実家に帰ったのは14時半頃。結構走れた。膝の痛みを治すために儀祖母にシップをもらい貼った。

翌朝には膝の痛み無く、体の痛みもなかった。

脚や体の筋力は問題ないんだろうが、王滝完走を考えると膝だけが心配。。。。去年と同じか(-_-;)




②水曜日
火曜日は雨。またも乗れず。

そして水曜日。この日は夏季休暇の山場。

なぜ山場かというと、この一日だけかなりの強行スケジュール。

朝はMTBでトレイルライド。終わったら長女とプール。

その後夕方下呂市まで1時間ほど運転して花火鑑賞。その後4時間かけて大阪に帰宅するからだ。


さて朝。5時台に出発。かかみ野にするか、八曽にするか悩んだが、

火曜日に雨が降っていたので、かかみ野は木の枝でかなり滑りそう…怖いので八曽にした。

麓まで車で。そこからキャンプ場に行き、ゲートをくぐってトレイルイン。

前回来た時に無かった自転車通行禁止との一文を発見。首を傾げながらゲートを通過。

トレイルはウェット。前半から汚れまくり。シングルは危険と思い取りあえず八曽滝へ。

いままで10回くらいこのトレイルに来ているが、八曽滝は初体験。



この時間帯には誰もいないだろうと思ったが、消防署のトレラン部隊が先に来てました。

その後はヘリサイトまで上昇し、ふれあいの森に突入。地図があるので大丈夫だろうと思い、

どんどん下に下っていくと…なにこれ?もしかして滝までの道無いの?



地図を見ても道が不明瞭で分からずプチ遭難。結局MTBを担いで元の場所まで戻る羽目に。

なんだかストレスフルになってしまったので予定時間より早めに駐車場まで帰還。

駐車場ではいままでブログを拝見させて頂いていた方に出会う。

そのブロガーであることは後日そのブログに小生が話題になっていたため気づいたのであるが(笑)

そんなこんなで5日間も岐阜にいたのにMTBに乗れたのはたったの2日。ほんまに天気安定しろよ!!




そして残りの午前の時間で長女と各務原市民プールに。この日は無料開放とあって激混み!!

プールに入り始めた時は日差しもあっていい感じのプール日和と思っていたのだが、

水温が低い&日差しが陰り始めたという理由から、長女が寒さで凍え始めたため1時間もかからずプールから退散。

小さい子供だからなのか?嫁の遺伝子が影響しているからか?寒さに弱いうちの娘。残念。


帰って昼寝して、花火を見に行って、居眠り運転しながら無事午前1時半に帰宅しました(笑)

無事に帰れば問題なし!!

[edit]

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。