06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

桃ツーリング 

先週土曜日は所属するTEAM-NRの恒例行事”桃ツーリング”に参加してきました。

なにやら今年はFBのグループである大和川サイクリングクラブと共催のイベントだったらしく、

例年の倍くらいの人数が集まっていました。

鍋谷峠入口に8時に集合。小生は家族を実家の熊取に置いて、朝7時ごろ出発し集合場所へ。

2年ぶりの参加だったのですが、今回はMTB半分ロード半分なラインナップでした。



簡単な自己紹介の後出発。特段タイムを計測することもなく…各々のペースで登坂します。

途中までは脚力が同じくらいの方と並走していたのですが、ペースを上げて結局単独走に。いい感じに登っていけてます。

と前に先発していた女性のロード乗りを発見。ほぼ同じペースで登っている様子。なかなか追いつきません。

いくらロードとはいえ男として負けるわけには…変なMTB野郎の競争心に火が付き猛追。

なんとか追いつき、そのまま抜いたかと思うとどうやらべたピンで後ろについている様子。ムムムム…

とはいえまだ登りが4割程残っているので維持可能な強度で登り続ける…3分経過してもまだ後ろにいます(笑)

ツーリングなので引き続けるか?それとも無駄な男の対抗心を満足させるためにアタックするか?

くだらん事を考えながら走っていると、どうやら考えている間に千切れていたご様子。

そしてそのままのペースを維持して峠頂上に到着。30分を切るくらい。春は37分かかっていたので満足?かな。






そしてバビュンと下山。晴れていたので上から見る下界の景色はよかったのですね~

その後ツーリングの目的である桃堪能のためにジェラート屋さんの藤桃庵へ。

総勢25名の自転車乗りが店を陣取った様子は圧巻。他のお客さんはかなりびっくりされていましたね。


ジェラート自体は美味。まあ値段はそれなりに…しましたが次回家族を連れてきたいですね。

そして丸ごとの桃にかぶりつきに再度店を移動。1個500円、家で食べる桃より巨大です。

とはいえ、店頭で食べる用の桃を用意されているはずもなく、下3割は堅かったです(笑)が、残りは美味でした。



その後は帰路に。気づけば和歌山と大阪の県境には黒い雲が。見た目に雨が降っていることが分かります。

途中補給を入れて犬鳴に向かうも、途中で雨が強く降り始めました。全身濡れ濡れ。

ま、夏場の雨なんて恵みの雨ですよね。だって涼しくなりますから。

とはいえロードの方々には恵みではありませんね。路面が濡れて転倒リスクが高まりますから。

とはいえNRのMTBerはディスクブレーキを武器に軽快にDH!!

ここで参加者の皆さんは昼食、小生はここで離脱。

子供を実家に残しているので子どもの相手もしなければなりませんので…


久々の桃ツーリング&集団走行が堪能できてほんま楽しかったですわ。

オプションが無かったので走行距離的には物足りない(?)ところもありましたが、

今年のうだる暑さの中登坂ばかっりしてたら平日に響きますからね(笑)しっかり平日に影響してますが。。。

王滝まで残り50日。鍋谷峠のタイムから想像するに…今年は望み薄です。


スポンサーサイト

[edit]

熱波! 

先週の連休は鶴見から実家の熊取までロードにて向かいました。

家族は冷房の効いた自家用車で向かう中、父親のみうだる暑さの中70km巡行です。

朝早く出たいところではありますが、連休なので家事&洗濯を済ませて11時ごろ出発。

既に気温は上がり、内環は交通量もかなりあるので普段と比べてストレスが溜まります。

んで早速平野区の巽駅あたりでトラブル。

フラフラしながら運転していたおばはんが指示器を出さずに左折…接触はしませんでしたが単独で転倒しました。

路側帯で転倒、速度は高く無かったですが、見事に左肘あたりに擦過傷&バーテープも削れました。

車だけが悪いとは言いませんが、車を降りて大丈夫ですか?くらい言えんかね?

そのまま道を迷ってます!オーラを全体にかもしながら消えていきました。。。

ちなみに白の日産エクストレイル(今の形)です。絶対この車は買いません。



さて柏原に着くあたりからホンマに暑くなってきました。

このまま石川CLを南下するか、南河内GR経由で向かうか…

悩みましたが、時間はたっぷりあるので南河内GR方面へ。今回は起点から走ることができました。

と、うまい具合に前に同じくらいの速度で走っているノーヘルのロードを発見。

前に捕まえられそうなロードがいたら追いかけたくなるんですよねぇ。。。悪い癖。

起点あたりでは200m位差がありましたが、南阪奈道路の料金所あたりでキャッチ。

とまあ追いつくことが目的化してしまったショボイ私はその直後にタレタレ…心拍も180オーバー↓

結局そこからの登りであっという間に差を付けられてしまいました。



直後の道の駅で補給。追いつかない給水。完全に身体がオーバーヒートしています。

水分補給と水浴びをするも、この後の行程を考えると辛くなってきました(笑)

結局もう少しGRを走り、ぷくぷくドーム(?)あたりから下界へ避難。そしてコンビニ突入。

その後は45分程はしるたびにコンビニ補給を繰り返しながら南下。

岸和田市に突入したところから空が曇り始め、ようやく走るのに適した気温に。自然とテンションUP!!

旧170号線のアップダウンも軽快にこなし、15時半になってようやく実家に到着しました。

ほんまに夏とはいえ、暑いにも限界がありますわ。ほんまに温暖化しているでしょうねぇ。。。

行程の前半にオーバーヒートしたのが今回の反省点。

ま、こんなに暑かったらしゃーないわな。






[edit]

INTENSE CARBINE 27.5 納車! 


はい、納車の儀終了致しました。



パーツ構成はこんな感じ。

フレーム INTENSE CARBINE27.5
フォーク FOX TALAS34 160-130
ヘッド CRISKING
クランク SHIMANO SLX
スプロケ SHIMANO SLX
ステム THOMSON 4X
ハンドル EASTON HAVOC
ホイール EASTON
ブレーキ MAGURA MT6
シフター SHIMANO SLX
チェーン SHIMANO SLX
FD SHIMANO SLX
RD SHIMANO SLX
タイヤ MAXXIS ARDENT RACE

車重は約12.2kgでした。

んで、シートポストの径がスペシャとは違ってたみたいで、仕方なく購入。

雨の中自宅に持ち帰りましたよ。



で、早速日曜日にシェイクダウン。

場所は箕面の山です。

マシンの全体像はこんな感じ



即座にトレイルインするとブレーキの当たりが出ておらず、制動力が低いので…

箕面の滝からクリーンセンターの上まで準備体操がてら舗装路をヒルクライム&DH。

自走が可能なのか気になる所でしたが…問題なく自走できるマシンですね。

フロントフォークはCTD、ロックアウト付きなので、

シッティングでの登坂であれば文句なし。

リアサスまでCTDのレバーを触るのは面倒なので、フロントだけ触ってました。



ちなみに29と27.5の違いですが、ハンドルは27.5の方が低くて、ポジションはやっぱり楽ですね。

確かにCARBINE27.5とEPIC29はサスストロークも違うので直接比較できませんが、

サスストロークの長いCARBINEの方がハンドルが低いのは意外。でした。

乗り心地は26寄りのの感覚で、多少はモッサリ感があるかなぁ~。

XCマシンであれば、ポジションを出しやすい27.5の方がいいかもしれません。

僕の意見ですが、身長が高く無い方なら29を選ぶ選択肢は無くなりましたね。このかんじだと。




で、ブレーキの当たりが出た所でトレイルイン!

27.5ホイール、160mmロングストロークバイクということで、

確かに下りは楽です。

路面状況を見て、ヤバイかな?と思った箇所でも案外行けます。

致命的な事に乗り手のDHテクニックが著しく落ちておりますので、

なんだかぎこちないトレイルライドでした。

マシンに申し訳なさを感じますが、ホイール径もサスストロークも初体験の領域なので、これから慣れて行くでしょう。

とはいえ、カーボンフレームの車重12.2kgなので重たさは感じない、

重心も低いので操作しやすいマシンの模様です。





ま、梅雨だし、王滝近いし、今度乗るのは夏休みかな。

[edit]

今週納車の27.5 

2002年から始まったMTBライフ。

歴代のMTBを簡単に言えば…

JAMIS DAKAR 2002
INTENSE M-1 2003
TREK FUEL ex7 2006
TREK FUEL ex8 2008
TREK REMEDY8 2009
SPECIALIZED SW-SJ 2011
SPECIALIZED SW-EPIC 2013

と言った感じ。最後だけ29。他は26。

前回書いたように、26のSW-SJがヤフオクで落札されたので、

次期戦闘機は27.5にすることに決定。

普段流行には無頓着、いや、流行に流されないようにする私ですが、

本業のMTBでは流行ど真ん中で行ってみようかと思ったわけです。

前回から引用↓

候補②27.5
なんと言っても今や流行になりつつある27.5。

メーカー、ショップからAMとかエンデューロとかいう単語が並んでるけど、

果たして日本のトレイルに27.5が合うのか?

ホンマにこれから27.5ブームが続くのか?というのが気になる。

29みたくもっさり感が著しいマシンだとトレイルは楽しく無いだろうなぁーなんて。

候補はトランジションのコバートやサンタクルーズのブロンソン







ストロークの長い160mmのノマドカーボン27.5もあります。



結果から言うと、上記の候補の中からは選びませんでした。

理由はBRONSONカーボンは37万するし、COVERTは重いし…で店員から勧められたのは…

INTENSE CARBINE27.5 CARBON !!

これ、2013年モデルで型落ちなんですけど、カーボンモデルで26万というお値打ち価格。

余談ですが…2014年モデルからは為替の影響(円安)を受けてINTENSEは30%ほど値上げしてるので、

為替変動前の車体を安価で買うラストチャンス?だったかも。

他社の27.5カーボンモデルはだいたい税抜きで35万以上するのでやはり安いです。

CARBINEの完成予想図はこちら…



フレームから組んで、パーツはメリハリを付けて完成車にしました。

ホイールを何にするか非常に悩み、真っ黒のフレームに黄色が似合うと思い、

MAVIC ENDUROにしようかと思った瞬間もありましたが、

おとなしくEASTONのホイールを選びました。

結局お値段はSW-EPICを買ったときと同じくらいになりましたが、

ヤフオクでの収入分もあるのでまあ…許容範囲内かと。

おそらく今週中に完成するはず。

楽しみです。

[edit]

YDQ 

日曜日の話。

久々にMTBチーム練に参加してきました。

前日は早々に就寝したのに…子供達の寝相の悪さで中々上手く寝られず。

朝早く起きたのに身体が起動しない状態でダラダラと出発。

もちろんMTBに乗っても心拍数が上がらず、平野駅近くのコンビニにて

朝食を食べた辺りからようやく30km/h以上のスピードが出るようになりました




法隆寺には集合時間の15遅れて到着。

チームに追いつこうとそのままの強度でトレイルIN!





しかし中々追いつかない。おかしいなぁ…と思いながらも走行。

と、後輪の挙動が怪しくなってきました。久々のパンクデス。

出発時に空気が完全に抜けていたので、NO TUBE液が枯れてるかなと思ってたのですが、

予想通りカラカラでした。素早くチューブを入れて再出発。

結局こどもの森まで行くもチーム員はおらず、到着を待つことに。

どうやら集合地点の出発が遅かったみたい。

10時過ぎにようやく合流。休憩がてらフリートーク。

MTB初心者の方がおられましてが、ロードでバシバシ乗ってる方なので登りが速かったです。

下りはまだ怖いみたいですが、慣れるとメチャ速くなるでしょう。

なぜかショップの店長から軽いMTBの購入禁止令が出てましたよw





その後は家族がこどもの森に迎えに来るのでチームトレインから離脱。

家族が来るまでこどもの森の周回を1周回って終了と会いなりました。

[edit]

MTB8代目? 


物欲の続き。

手持ちのMTBに変化が…これで8台目か?



さて…MTB新車を買おう!と決めたキッカケは、

関東にいた時代のMTB仲間からの富士見パノラマDHの御誘い。

誘われた時はDHで使えるMTBはストローク100mmのHTしか無かったので、

まぁ、HTで行くかなぁ~と軽く考えていたのですが、

やはり欲しくなってきたんです。あぁ悪い癖。

流石にカーボンEPICは手放したくないので、26erスタンプジャンパーHTを手放すことに。




と、ここで問題が発生!

新車のホイールサイズは26か?27.5か?29か?

自分でもビックリ、かなりタイムリーな悩みです。

①26
26ならスタジャンからパーツを移植できるので安く組める。

しかし来年から新車は27.5モデルが多数を占めるとのこと。

果たして26を選んで後悔しないのか?

候補はサンタクルーズのノマドカーボン



②27.5
なんと言っても今や流行になりつつある27.5。

メーカー、ショップからAMとかエンデューロとかいう単語が並んでるけど、

果たして日本のトレイルに27.5が合うのか?

ホンマにこれから27.5ブームが続くのか?というのが気になる。

29みたくもっさり感が著しいマシンだとトレイルは楽しく無いだろうなぁーなんて。

候補はトランジションのコバートやサンタクルーズのブロンソン







ストロークの長い165mmのノマドカーボン27.5もあります。



③29
候補だけど候補でない。

ぶっちゃけEPICとホイールが共有化できるというメリットがあるだけ。

候補は…あったっけな?



で、結局26か27.5か自分で決められないので、

26のスタジャンを売却してもいい値段でヤフオクに出品することに。

売れたら27.5で、売れなければパーツを移植する26にしようかと。




で、ヤフオクの結果は…値下げ後に落札!!

自動的に27.5にすることに相成りました。

続きはまた今度…

[edit]

夜練 

心拍数がなかなか上がらないため朝練を辞めてしまいそうな私。

代わりに夜練に移行しつつあります。

とはいえ、やはり練習回数が例年より少ないと感じ焦っておりますw

で、先週金曜に行った夜練の話。

今回は阪奈道路→清滝峠→自宅なコース



この前夜の阪奈道路をロードで下ったけど、危なくて危なくて…

暗さと路面の凹凸にやられてしまいそうでした。

なので今回は清滝峠から降りるコースに。

ちなみに清滝峠は初めてです。



さてさて、木曜夜にもローラー台に乗ったのであまりあげ過ぎないように。

鶴見通を東進し準備運動しながら阪奈道路に突入。

阪奈道路の登りも慣れてくるとギアが足りない!ということが無くなりますね。

相変わらずの交通量ですが、テールランプを付けてるのでしっかり避けてくれてます。

大阪市内の綺麗な夜景を観つつ…東に方角を向くと一段斜度が上がります。

心拍数は180あたり。どちらかというと心拍よりも脚の筋力の方がシンドイですな。

前回の阪奈道路アタックより30秒くらい遅いタイムで登頂完了。

楽に上がった割にタイムが悪く無いので満足しつつ…休憩なしに清滝峠方面へ北進

ここの道は…真っ暗。道は悪く無いものの危ないでんなw

と、初の清滝峠なためいつの間にか清滝峠を下ってる私。

気づけば国道のトンネル横まで降りてきてしまった。

ここも夜景が綺麗。対向車線にはローディが3名程。

やっぱり阪奈道路より清滝峠を登る方が安全っぽいですね。

このコース…なかなかいいですな。



[edit]

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。