10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

最近の話題 

我が家の自家用車は3代目プリウス。
確か購入金額は265万円(車両本体価格+ナビ25万+その他諸々)。
当時は新車購入補助の10万円キャッシュバックとい制度もありましたな。
購入は2010年2月だから来年2月で5年目の車検を迎えるわけ。

我が家のプリウス君は最初の3年間は営業車として使用していたので、
1度目の車検で既に総走行距離が12万キロに。ディーラーもびっくりしてたよね。
(ま、営業車として使用していたので、購入金額の120万くらいは会社に払ってもらったんだけど。。。)

この4年間で家族が2人増えた(今4人)。子供のチャイルドシートが2つ付くと車内がかなり狭く感じるようになった。
今は助手席に長女、運転席の後に次女。そして妻は助手席後席に座っている。
昨年からオートキャンプとかはじめてしまったので、今ではルーフキャリア&サイクルキャリアが装着されている。
キャンプにチャリンコ載せて走行したらかなりごっつく見えているだろな。どんだけ載せるねん!ってな感じ。

勝手に一人で新車購入を検討しているけど考えがまとまらない。
理由は複数あるけど、大前提として買い替える必要ある?という疑問に対処できない。
調べると意外とプリウスの社内空間って広いのよね。

プリウスの問題点は後部座席にリクライニング機能が無い、後部座席が前後ともにスライドできないという点。
なので長女が社内で寝る際はリクライニング機能のある助手席に居場所が限定される。
さらにリクライニングで助手席を倒すとそこには嫁がいるわけで。。。嫁の座るスペースが劇狭。
加えて運転席の後ろには次女のチャイルドシートがあるんだけど、後ろ向きに装着しているので、
たとえ高速道路で休憩しようとしても後ろに倒せない。み~んな雁字搦めの状態なのです。
後部座席の融通の利かなさの理由はどうやら後部座席の下にハイブリット用バッテリーがあるかららしいんだけど。

んで新車の候補は5つほど。
①ノア②アイシス③ウィッシュ④プリウスα⑤フィールダーハイブリット

①ノア
メリット:圧倒的に広い。後部座席のバリエーションが豊富。言う事なし。燃費は16Lくらい
デメリット:値段が高い。たぶん最低でも250万円くらいかかる。
総論:メリットは豊富だが、使用頻度からして、そこまで高い車を買う必要があるのか疑問が残る

②アイシス
メリット:プリウスよりは室内スペースは若干広い。後部座席も融通が利く。値段は220万円くらいか。
デメリット:FMCしてないので車種が古い。燃費は14Lくらい
総論:現在の身の丈に合った車種だが、子供が大きくなった時にふさわしい車種か微妙

③ウィッシュ
メリット:プリウスよりは室内スペースは若干広い。後部座席も融通が利く。車高が低いのでルーフに自転車を乗せやすい。
デメリット:車高が高くないので圧迫感ある?燃費は14Lくらい。そもそも魅力を感じない。
総論:車種としては魅力は無いが、実用性が高いが、いまどき買う車ではないという考えも

④プリウスα
メリット:燃費が良い。室内スペースは現行プリウスより若干広い。
デメリット:値段が高い。候補の中では最高金額。
総論:走行距離と使用頻度を考えるとハイブリット分の費用負担をペイできない恐れがあるし、現在の問題を解消できない。

⑤フィールダーハイブリット
メリット:燃費が良い割に他のハイブリット車に比較して安い(230万円くらい)。後部座席にリクライニング機能あり。
デメリット:社内スペースはプリウスより若干狭い。車高が低い。
総論:狭さに目をつむれるのなら燃費と後部座席に魅力があり費用負担も低い。

結論としては、現在のトヨタのラインナップから検討するのであれば
①>②>⑤>③>④
となるかな。
ま、大前提としてプリウスを買い替える必要を嫁に認識してもらわなければならんのだけどね。
今無料サイトから現行プリウスの売値を調べているのでまあそれを待ちますかな。
スポンサーサイト

[edit]

ベクター君と共に 

先週は日曜日にロードにてサイクリング。
本当は天気の良かった土曜日に出ていきたかったのですが、
嫁の口に出さない希望により土曜日はパス。
日曜日は7時に起きて8時過ぎにスタート。天気はどんより曇っています。
R423を南下し平野駅近くのコンビニで軽補給。よく見たら雨降ってますよ。
まあ霧雨程度なので帰宅せずそのまま葡萄峠方面へ。

何を隠そう、本日はガーミンベクターJの初実走日なのです。
この半年間練習を疎かにした貧脚野郎には必要のない物体がクランクの先についております(必要ないからってパクらないでね)。

少し話は逸れますが。。。
ベクターJの取付、ガーミンエッジ510とのリンクについては自分で簡単にできます。一部を除いて。
苦労したのはペダルの取付トルクのこと。取説に丁寧に締め付けトルクが指定されております。
とはいえ、購入した店舗でその締め付けトルクを体感したのですが、かなり、かな~りきつく締めなければなりません。
あとは取説が読める読解力とペダルレンチがあれば取り付けられますよ(六角レンチでは取り付けられません)。

いざ実走してみると何てことは無い。普通にエッジ510に表示されます。
瞬間のパワー、3秒平均のパワー、10秒平均のパワー、左右のパワー比率が表示できます。
ただパワー表示を見ながら走るわけでもなく、激坂の登坂の時くらいしか見ませんので、
帰宅後にPCで見て楽しむ程度でしょうか。

大阪なので仕方がないですが、信号があるのでストップ&ゴーの繰り返しですので、
漕ぎ出しでは結構パワーが上がるのですが、想像以上に巡行時はパワー使っていないみたいです。
要は巡行時もサボらず踏まなければ強くならないという事でしょうか。


葡萄峠の麓に着いた頃から雨が強くなっていきます。
この日は奈良公園で12時に家族と待ち合わせしていたので、是が非でも奈良公園までいかねばなりませんでしたので登坂スタート。

前回は前2枚のMTBで上りましたが、やはりこの斜度だとロードの方が辛い。
登坂区間になるとパワー表示は250~300W。このくらいでしか長時間踏み続けられません、現状では。
心拍は187を表示。220ー年齢=最高心拍数であるのなら、今年33歳になりますので見事最大心拍数をたたき出しておりました。
色んな数値を見ながら登れるので楽しいです。ベクターJ.
でも189000円だよ。カード払いでw
結局パワーは250Wから段々低下し始め。。。来週も練習しようと決心させてくれるベクター君でした。

さて信貴山のどか村に着いたら本降り。急いで雨合羽を着るが、万全な雨合羽でないので上着に浸みてくる。
奈良側に下山すると、後輪が巻き上げる水が漏れなくおケツに当たり。。。見た目は完全に雨のロードレースみたいな感じ。ある意味テンションが上がってきます。そして靴の中に水が浸入する始末。

R25まで下りてくると雨はましになってきましたので、早く着替えたい欲求を満たすために全速東進!
R24を北進すると容赦ない向かい風、高架には登れず下道を迂回させられ半ギレ状態。
R24って意外に栄えているんですね。イオンやらニトリやら大型店舗が目白押しではありませんか。

結局大阪鶴見から55キロ程度でこの日のサイクリングは終了。
距離、強度共に微妙な練習具合でしたが、ロード実走が久々だったので、来週もベクター君と共に葡萄峠周回練を行いたいと思います。

やっぱロードもイイネ!

[edit]

不満?そんなもん? 

普段行ってる自転車ショップと違う店である部品を買った。

決して安くない部品なんですけど、色々アドバイスしてもらえたので納得して注文。

当然取り付けとかやってもらえると思ってたのに…

小心者のぼくが珍しく取り付けをお願いしたのにもかかわらず…

結局取り付けてもらえそうな雰囲気は無く…。


その買った部品とはペダルなんですけど、

普通のペダルなら無理に取付をお願いしたりしない。

今回の部品は締め付けトルクに指定範囲があって取付に不安があったんです。

いや~もう買いません。あそこでは。

やはりいつものショップでしか買わないでおこう。これからは。

[edit]

たったの一往復 

日曜日に毎度同じY丘陵へ。

前日の夕方までは自走で行こうと思っていたものの、夜の気温の低さから断念。

そして一夜開けて外をみてみると…冷たい風が強いんだわ。自走を再考したけどやっぱ無理。

二度寝は避けられたもののモチベーション低すぎる状態で出発



現地には7時前に到着。薄暗いし風が強い。この日も住宅地のハズレに駐車。

さっさと準備してトレイルIN。所々土が凍ってますね。

このトレイル入口から遊びの森の管理棟までの約一キロは人に会ったことがない。

この日も同じ。WUと心がけてくるくる回しながら管理棟に到着。

流石に今日はハイカーだけでなくMTBerもいない。だって寒いもん。



空気圧を再調整していざ出発!

●管理棟~M尾寺
まずは上り区間。前回9:21今回は9:01。前回と違い足がフレッシュなので参考にならないが、体が軽く感じる。

上り区間の後は下り基調。29インチタイヤのメリットを使いこなせず、きつ目の登り返しで失速を繰り返す。

●M尾寺~H輪寺
ここはほとんどが下り。だから特段難しいところとないし無事クリア

どうやらボランティアの方々がトレイル全体に土をいれて下さったようで、路面が大変綺麗になってました。

ゴルフ場まで戻ってそのまま同じ道をUターン。

ゴルフ場~M尾寺の登りは1度だけの足つきでクリアできましたが、

きつめの登り区間で階段状のコブが作られてまして、それが厄介な感じに。

今回唯一足つきした、今迄一番きつかった岩階段の部分は逆に頑張れば登れるかもしれませんね。

ただ頑張れば頑張るほど土が削れてトレイルが壊れるので、そこは考えモノかもしれません。



とかくなんとも無くクリアできた今回のトレイルライドですが、

やはり一人で走るのは物寂しい。やはり複数でトレイルライドするか、

自走でトレイルまできて走行距離を伸ばさないと、なかなかMTBだけでは練習強度が上がらない気がしたました。

来週はロードかな。風が強ければMTBで。

[edit]

車を持つということ 

大阪の郊外で生まれ育った自分としては、車の無い生活なんて想像できなかった。

正確に言うと想像したことがなかった。

今も当たり前のように自家用車プリウスを所有し、月一万五千円出して駐車場を借りている。


ただ家計を自ら管理するようになった今、家計に占める自家用車のランニングコストが非常に気になるようになった。

来年には既に走行距離が12万キロになる自家用車プリウスの二回目の車検が控えており、

世間一般には買い替えのタイミングとなるわけで、ちと自家用車を今後も持ち続けるか否か考えてみたい。


●現在のランニングコスト
駐車場代 15000×12ヶ月 18万円
ガソリン代 10000+12ヶ月 12万円
任意保険 6万円
自動車税 4万円
他経費 5万円

この時点で年間のランニングコストは45万円。

●次の自家用車について

総額で250万円のファミリーカーを購入予定

以上、5年間乗り続けると想定すると

250万円+45×5=475万円

となる。




次に車を手放した場合のケースを考える。

我が家は旅行好きな家族であり、毎月4万円(ガソリン代含)のレンタカーを借りると仮定した上で考える。

年に二度は実家の岐阜に帰るとし、その際は電車での移動として考える。

40000×12=480000
往復20000×3人×2回=120000
その他移動費 50000円
(480000+120000+50000)×5=3250000


つまり5年間のスパンで考えると…

車を保有した場合 475万円
車を保有しない場合 325万円
差額150万円

[edit]

ローラー① 

WU10min
30km/h維持10min
L4 2min×3set
WD 5min

[edit]

おひさ 

始まってしまいました2014年…

特段目標も決められず、考えもせず、なんとなく始まった感があります。


さて、ブログのアップ自体もほぼ3ヶ月ぶりです。

理由はほぼ毎週里帰り出産のために岐阜へ帰省していた家族に会いに

大阪から帰っていたので、自転車にちゃんと乗ってなかったんですわ。

まあ犬山のトレイルやかかみ野に定期的に入ってましたが、

なんだか乗り気になれず走っても2時間足らず…まぁ娘が遊んで欲しがってたのもありますのでねぇ。



ま、そんな生活もこの年始で終わり、もとの自転車生活に戻りつつあります。


さてさて先週末はY丘陵へ。朝早くから出発。

しかしいつも使う駐車場はなんと!MTBer使用禁止の看板が立ってました。

哀しいですが、MTBにとって貴重な場所なのでマナーは厳守!

他に止められそうな場所が見つからず、今回は住宅街の外れにデポすることに。

デポ地からはR308で西行するしかないと思ってましたが、偶然にもトレイルを発見。

偶然見つけたトレイルから目的地の管理棟までいけました。


ただここまでたどり着くのにトラブルが発生。

前日にリアサスもタイヤもエアーをパンパンにしていたため、乗り味が固過ぎ!

とりあえずタイヤの空気圧を調整しようとした時…

なんとバルブキャップとバルブコアが一緒に外れてしまい…プシュ~と全エアー抜け。

昨日シーラントを新調したのに…ガクンッ…仕方なくチューブを入れてリスタートしました。



この日は午前中に約束があったのでトレイル遊びは10時まで。

リハビリの意味も含めて、今回は管理棟から反時計回りに周回練を3週ほど。

管理棟からの登りが耐えられないくらいツライ!なんだこの体力の落ち具合は。

下から上まで時間を測ると9分21秒。

これからはこのタイムが練習の成果を図る目安となりますね。

また来週も来ますよ!ローラー台も始めなきゃね

[edit]

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。