03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

愛車遍歴更新 

●愛車
①Specialized S-works Epic Carbon 29er 2013
S-Works-Epic-Carbon-29-Frameset-400000-c4632.png

②Specialized S-works Stumpjumper-HT Carbon 26er 2011
m11344_2011_s-works_sj_ht_carb_frame_redwht.jpg

③Trek Madone 5.9 2010
2010_trek_madone_5_9_pro_435x275.jpg


●過去の愛車
【MTB】
①Jamis Dakar Comp 2001
jamis_dakarcomp02.jpg

②ITENSE M-1 2001
intens.jpg

③Trek Fuel EX8 26er 2007
fuelex7_silverblack.jpg

④Trek Remedy8 26er 2010
28584.jpg

⑤Trek Fuel EX7 26er 2009
1679.jpg



【ROAD】
①Trek 5900
5200.jpg
スポンサーサイト

[edit]

RENGADE! 

先日の続き。

初RENEGADE実走。トレイルにて。

RENEGADEはスペシャのS-WORKSグレードのタイヤ。
21743.jpg


アメリカ本国には一つグレードを落としたアルマジロ(?)なるモデルがあるそうだが日本には無い。

自分としては耐パンク性能に不安は残るが、29とは思えない軽さ(1.95で470g)が武器なのです。


29購入時は同じスペシャS-WORKSのFAST TRACKを履いていましたが、

グリップが結構強くて、もう少しノブが低くてもイイかなと思って試して見たのです。

ただ二つの重量差はたったの50g。そんなに変わるものかと思っていました。



試してみると…まず舗装路では巡航速度が違う。乗り手としてもラクに加速できます。

簡単に30km/hが出せて、キープできます!

これは重量が軽くなったからではなく、ノブの低さから来る特徴でしょうね。

残るはトレイルでのグリップがどうか…ですね。

先週は完全ドライなトレイル、やや凹凸のあるガレ気味の路面で試して見ましたが、

全く問題なくグリップしましたね。これはかなり意外でした。

空気圧高めといってもホンマにパンパンに近かったので滑るかなぁと思ってましたが、

目標とした所まで簡単に進んで行けるし、凹凸を利用すればOK

これなら浮き砂利があまり無いトレイルは問題なさそうです。

浮き砂利…な路面はちと心配かなぁ。王滝にはちと辛いか?


登りでのトランクションのかかりも良い感じで、特に滑ることもなく、しっかり路面をとらえ続けてくれたように感じます。

最後にブレーキングについてはあまり期待しないほうがよいかと。

トレッドを見ればわかりますが、スリックにデキモノ程度のノブが敷き詰められてるだけなので、当然リアは滑りやすかったですね。


王滝参戦予定な自分としての結論は…
前タイヤ FAST TRACK 2.0
後タイヤ RENEGADE1.95
で行こうかというものになりました。

たった50g重いだけであのグリップが得られるならこのコンビがベストと思います!

唯一の不安要素は耐パンク性能でんな!

[edit]

快調に楽しむ 

日曜日は実家の近くでMTBライドしてきました。

場所は実家がある熊取町近くのトレイル(?)です。

今回の目的はトレイル探検です。地図に載ってるが行ったことがない場所が残ってますので…。29で向かいます


朝8時前に出発。本当は早く出るはずだったのに、娘に捕まってしまったもので。。。遊んでから出発。

日曜日は暖かかったですが、その暖かさを打ち消すくらい風が強い!

しかも基本向かい風で、トレイル入口に向かう犬鳴山周辺の登りで苦労しましたね。



さて、粉河に抜けるトンネルに入らずに右折。その後採石場を抜けてまた右折すると…トレイル入口があります。

昔途中まで入ったトレイルですが、今回は終点まで行って見ることに。

トレイルの質はアップダウンを繰り返しながら進む尾根道路。しかもジープロードみたに幅広トレイルだから走りやすい。

あわよくば泉南まで抜けられるか!と思ってたのですが2kmくらいでジープロードは終了。

久々にフルサスの楽しさが分かるような良いトレイルだっただけに残念(ーー;)

その先は道があるのですが、荒れた狭い登山道…といった感じ。

残念ながらMTB向きではないようですのでここで引き返すことに。



その後同じ道を戻りますが、途中に大阪側に戻る林道があったので左折。

廃道ではありませんが、落石もりもり、倒木はそのまま。

一応簡易舗装はされていますが、使用不可能の林道となっていましたね。

で、神通温泉奥にある集落に到着。物足りなさが蔓延していたので、docomoの信達電波局横の展望台に向かうことにした。

途中7人組のおばさま達のハイカーに出会いましたが、その他は人けなし。

ブラインドコーナーが多く、登り基調の林道なので気持ちよく飛ばせるわけではないが、29のメリットである推進力を感じながら爆進!

馬別れを超えると直ぐ展望台につくことができました。



なかなか良い景色ですね!

残念ながら今日は山の地図を持っていなかったので、このまま犬鳴山経由で帰宅。

今度はもう少し枝分かれしたトレイル探索をしたいと思います。







↓ポチッと宜しくです!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

[edit]

タイヤ交換 

26でも29でもタイヤって重要部品ですよね。

僕にとっては手軽にMTBの乗り味が変えられるパーツとしてタイヤを比較的多種類持ってます。

個人的な傾向としては、MTBで自走でトレイルまで向かうため、

路面抵抗の低い、ノブが高くないタイヤを選ぶ傾向にあります。

結果トレイルではグリップ不足で下りを攻め切れない…ということを頻繁に経験します。

グリップ不足が致命的だったのは王滝100kmでフロントタイヤにASPENをチョイスした時。

最初の峠を超えた後の下りで既に後悔しましたね。

選んだ自分が悪いのですが、タイヤサイズや空気圧の重要性を身を持って経験しましたね。


さて、29に乗り始めてからはS-WORKSのFAST TRACKを履いていました。

見た目はノブが高めのタイヤ。あくまで自分が感じた印象ですが。

そもそも29は設置面積が26より広いのでノブ高のタイヤは必要がない(山本選手曰く)との情報もあり、

また実感としてFAST TRACKではグリップがかなり良いことに調子乗って、

新しくノブの低いRENEGADEを購入、装着してみました。


少し実走したところ…ゼロ発進が軽いし、速度のノリも良いですね!

これなら奈良まで自走で行っても、寄道して家まで自走で帰ってこれそう。

あとはトレイルでのグリップがどうか?だけですね。


ちなみに取り付けはチューブレス+シーラントでやりましたが、

タイヤレバーが無くても、コンプレッサーが無くても簡単に取り付けできました。

今のところ文句無しです!

王滝100kmはこれでいけるのか?

29×1.95で470gと26と比較しても軽い!

これがメリットに働くかデメリットになるか…走ってみな分からんね!!



↓ポチッと宜しくです!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

[edit]

ガー民510 

GARMIN510を購入しました。

これまで全然興味なかったけど、GPS機能も付いて心拍とかも一元管理できるし、

LIVE TRACKING機能が楽しそうだったので決心。

日本語版は未発売なので海外サイトから英語版を購入。サイトはBIKEINN。

在庫があればDHLで4日くらいで到着するようです。


箱はこんな感じ



ちなみに取り付けですが、普段メーター類を自分で取り付けしている人には難なく取り付けることができます。

今回はチェーンステーにセンサーを取り付け、リアホイールに速度感知用のマグネット、クランクにケイデンス用のマグネットを装着。

な感じにストレスフリーで装着終了。


さて、バイクマウントですが、下調べ通り3つ同封されてきました。

ゴムバンドで固定するマウント×2個、ハンドルバーに固定するマウント×1個です。

ゴムは2種類付いてますが、トレイルの振動で機器本体が落下しないか心配なので、

ハンドルバー固定型をMTBに。ゴム固定型をロードに取り付けました。



実走試験をやりたかったのですが、先週末は生憎の悪天候。

ですので実走試験は来週に持ち越し!

来週が楽しみです。




↓ポチッと宜しくです!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

[edit]

予定立てずに水越峠 

土曜日は家族で京都の高台寺へ。

Yahooの桜開花予想では京橋の桜はまだ早いとのことでしたが、絶好のタイミングでしたね。




家族サービス&買い物は土曜日に済ませて日曜日はいざチャリ練へ。

朝5:30に起床。夜早く寝すぎて日の出前から起きていた嫁と夫婦の会話をしてから出発。

出る直前まで29かロードか悩んだけど、漕ぎが軽いからという理由でロードに決定。

MTBer失格でんな。。。


コースはいつも通りの石川CRで河内長野へ。

今日も晴れていたら絶好の花見日和だったのに、この曇り空…


花見の経済効果が薄まっちゃいますがな~


その後は河内長野に着いたものの、さてどうするか…?金剛?水越峠?はたまた単に折り返し?

まぁせっかく春になったんだしということで(?)水越峠へ向かうことに。

初の水越峠です。R705から向かいます。

意外に傾斜はきつく無く、ダラダラ登る感じかな。平坦箇所も織り交った登りで楽にのぼれました。

ショボいの分かってるのでタイムは未計測。まだ言い訳の世界。

ちなみに登ってる間にサカタニの方々と対向。大所帯でんな…ざっと15人くらい。

集団で走れることが少し羨ましい…とジェラシー感じちゃいました。

もう少し調子が良くなれば、水越峠行って、金剛登って帰るパターンもありですね。


その後は大雨の中富田林、柏原と走り、また石川CRに合流して帰宅の途へ。

仕上げに近畿道下の国道で八尾~鶴見まで踏み倒し!

35km/h維持でこのタレ具合。練習不足は否めないですな。

今回のロードは距離85km、平均時速25.0km/hでやんした。


午後には追加メニューでバスケ1時間強プレイ。

もちろん今朝予想以上に下半身にきて(笑)…プルプル…バタッ!



↓ポチッと宜しくです!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

[edit]

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。