01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

無茶した男。 

日曜日に29で行って来ました。奈良。

今回は無茶して自走で。。。はたして無事に帰ってこれるのか?

この日の工程(オフロード部分は適当ですが)



ちなみにチーム走行会の集合時間はAM8:00

出発は6:15だな…(就寝)…5:40起床。

起きて早々大和川堤防から大回りして行く35kmか、阪奈道路と榁木峠を超えて行く30kmかどちらで行くか悩む。

結果、無茶して阪奈道路コースに向けてまだ暗い中出発。この時6:20


初めは府道8号線を東へ。ゴーゴーとMTBタイヤが唸る。

納車後舗装路を走ってなかったので気づかなかったが、

舗装路でのFAST TRACKの漕ぎが重い!

タイヤのせいか?はたまたブランクのせいか?

朝一ということもあってか、30km/h以上にならない。くらい重い。



そうこうしてるうちに、阪奈道路に差し掛かる。始まる登り。

ちなみに初投入したネックウォーマーは効果覿面すぎて身体がオーバーヒート気味に。

GOLDWINの光電子ネックウォーマー!SPORTS DEPOで2400円なり。

仕方なく一度止まり、服装を整えてサイド登り始める。この時6:45頃

それにしても昨夏朝練で登ったこの道もホンマ久々。斜度がきつく感じますわ!

んでようやく頂上を通過。この時7:05。ヤバい。間に合わない!!

そして奈良側の下りで飛ばすもフロントダブルだから回すギアが無い!

だから何となくエアロポジションで激走(後続車には激しく迷惑でしょうが)



次はR168で南下。程なくしてR308を左折。

ここは何度も通ったが、ホンマにこれは国道か?という道。

更に心の準備が無い状態で始まる直登!たぶん斜度25%くらい。これぞ酷道!!

まだまだR308は足を休ませてくれないぞ。次は榁木峠だ。

この峠はきつい箇所は200mくらいだが、斜度は30%オーバー!

心拍を落ち着かせてから直登区間に近づくと…見えたっ!そびえる壁。

勿論インナー×ロー固定で登る…メーターは斜度30%と表示…

そこに運悪く応援してくれる叔父さんがいたため、降りたいのに降りれない!

心拍も確実に190いってただろうか。それくらい辛かった…(泣)

民家に響くMTBに乗った不審者のゼーゼーという声。。。



前置き長かったけどようやく矢○到着。

これからオフロードで松○寺まで目指します。

その前に集合時間での集合は諦めて小休止。誰もいませんねぇ。。。

それにしても空気が今迄と違う。明らかに綺麗でウマイ!これだから山は良いよね。



さて、空気圧を下げてオフロード突入します。

この区間でようやくではありまふが29erの特性が分かるようになってきましたね。

路面の情報が26に比べて伝わってきづらいし、伝わらなくてももさっと走れてしまう。目線もかなり高く感じます。

加えてゼロスタートは明らかに26の方が上!そして10km/h以下の速度だと29では辛いです。

ホンマに雑誌で紹介されてる通りですわ。

それだからスピード低下のロスを最小限に抑えないといけない。

登り返しでは無理してでもスピードをあげる必要があるんですよね。

ホンマに雑誌で紹介されてる通りですわ。

あと…タイヤグリップは確かに29は安定感に秀でてますね。

まぁ甘やかされたノブの高いタイヤはいてますから参考にはなりませんが。



その後チーム員と合流して再スタート。

所属してるチーム…体育系チームですわ。それを表してるのが皆さんのマシン。

今日は5台中4台がS-WORKSで、そのうち29が4台。

なかなかこんな団体は見かけない筈…



その後は松○寺先~矢○を往復。先週登れたところが登れなかったり、

違うコースを走ったりと朝6時から昼過ぎ迄奈良でたっぷり走ることができました。

最終的に右膝に強めの痛みが出ましたが、以前より長い時間走れるようになっているのは確実。

夏前迄はレースに出れそうにないが、順次長い時間走って王滝迄には完治できるようにしたいですな。

来週は26で出撃かな?さてさてどうなることやら(笑)



まるでXCerの家みたいでんな(笑)



↓ポチッと宜しくです!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

サドル高 

昨夜の調整の最終チェックのために外出。

シートポストにつけたライトの位置が悪かったり、

サドルの高さ、サドルの前後位置がまだまだだった。


特に時間がかかったのがサドルの高さ。

乗っては降りて調整、乗っては降りて…の繰り返し。

おかげで少し夜連しようと思っていたが、近所のバーに行ってしまった!

まぁ、サドルの高さは完璧になったので明日の出発に備えるとするか!


ちなみに…まだ帰って来た26の存在には嫁は気づいておりません。

(新車29の納車と共に26はいなくなったと嫁は思っております)


明日は6時過ぎ出発!奈良方面行きの予定。



↓ポチッと宜しくです!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

[edit]

ポジション 

今日は29のポジションの話。

そう、29に乗り始めたら誰でもぶち当たる問題ですよね。


ちなみに26の時はサドルとハンドルはほぼ同じ高さであった。

それに対し29納車時のポジションは2cm程度ハンドルが高かったのである。

先週の実走で受けたイメージはというと…やっぱりハンドルが高い!

急登する時に上半身で踏ん張れないのよね。。。

チームの方からは、最近のXCでは急な下りが多いからライザーバーなどを取り入れてアップポジションの選手も多いよ?とのアドバイスを頂く。

何とも否定できないのだが、普段のトレイルは急な下りは無いしね。

心の中では変えちゃおうという事で決心。

んで昨日ポジション変えちゃいました。



今はスペシャの角度可変ステムだから簡単に角度が変えれるのよね。

今は-13°のステムが付いてて、選択肢として-17°と-21°があったのだが

思い切って-21°にスイッチ。

さらにコラムスペーサーをいじってこんな感じになりました。





分かりづらくてすいません…


これだけしてもようやくサドルより少しハンドルが低いかな…の程度。

まぁまた今週末に試して見ます。

ちなみに…見た目はこっちの方がレーシーで格好良いですね!!




↓ポチッと宜しくです!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

[edit]

体重測定 

只今のEPIC29の体重は11.3kg

ホイールがROVALの最軽量のものと重量差が350g程度

クランクがたしか200g程度XTRに差があるとすると…

まぁもって頑張っても10.5kg程度にしかならないだろう。

と思われます。

あ、タイヤもモノによっては前後で200gの軽量化も可能なので頑張れば…10kgを限りなく狙えますねぇ。

ま、費用対効果と財布の事情を考えると来年以降考えます。



↓ポチッと宜しくです!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

[edit]

26と29 

29が来てはや4日ですか。

意外と車体を完成車のままで部屋に置くことに気が引けて来ました。

26に比べて29はデカイですよ。ホンマ。

しかもフルサスのせいか、見た目ゴツイし。


あとマシンの形状の都合でバイクスタンドに載せづらいことも判明。

理由はトップチューブとリアサスのクリアランスが狭いため、

バイクスタンドのアームが入らないのです。

なので、載せるためにはリアサスの下にアームを設置しなければならず…

これ載せて大丈夫か?といった感じです。

なので4.5畳の洋室に29とローラー台に乗ったマドン5.9が居座り…

今まで以上に自転車パラダイス化してます(笑)



極め付けに…もう1人の26が今ショップにお留守番中なのです。

そして来週には持ち帰らないといけないという何とも一般人には理解できない状況が…

これぞチャリンコパラダイス!

ロードに26に29。贅沢だ…




↓ポチッと宜しくです!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

[edit]

納車&初乗り 

やっと手にしました。

2013 S-WORKS EPIC CARBON 29er !!

言わずと知れた最強のフルサスMTBでやんす。

乗り手は2ヶ月ブランクのへなちょこライダーですが…

お世話になってるお店のHPにてちょこっと紹介されてます→ http://nishiki5536.blog.shinobi.jp/Entry/143/

先週一週間は完成連絡を今か今かと待ち望んでましたが、

待って待って…土曜日に納車してもらいました!!

今までで一番豪華なマシンというのは間違いない!

値段は言えないが…人生最後のフルスイングとだけ言っておこうか。

しかしその日は家庭の事情で乗る時間がなかったので、日曜日の走行会にてシェイクダウンすることに。

新車より、家族を優先、これ大事(五.七.五風に)



んで日曜日。我が家を6時前に出発。

6時過ぎると娘が起きる可能性ありますので…早めに出発!まだまだ暗いです。

場所は奈良県の某丘陵地帯。我が家から車で1時間足らずの場所です。

それにしても寒い!冬用装備を着てもそれでも寒い!

県境の峠では-3°の道路表示を発見。道路凍結は大丈夫かいな?ちと不安になります。

そして難なく集合場所の某お寺さんの駐車場に到着。

この駐車場にて朝食と身体の軽量化を開始。終わり次第記念の撮影とやらを…



とか



など…ま、カメラないから大した画像ではありませんが

奈良県の寒空の中、1人だけテンション高いのは間違いありません。



写真撮影の後は乗車体験に移ります。

ん?んん?…なんだ?この感覚は?

全く分からない。何が違うか…分からんぞぉ!

タイヤ径はもちろん、サスペンション機構、フレーム材質、ポジション、ハンドル幅と何から何まで違うから当然だが、

平地を乗り回しただけでは全く分からないと判断。大人しくチームの皆さんを待つことに。



8時過ぎにスタート。3番目位に位置して隊列を形成します。

すぐにダート区間に入り、即直登を開始!

このコースは…半年ぶりか?前はHTで来たがそこそこに足つき無く登れてた。。。

んがそこはブランク2ヶ月の男。鍛錬不足は直ぐに脚と心臓にあるセンサーを鳴り響かせる

艦長!マシンと乗り手がマッチしてません!

まるでセイラさんがガンダムに乗っている様です!

いや、むしろGP03のコアファイターを操れないニナ・パープルトンの様だな!

と後ろ指をさされても文句が言えない状態に陥るも、足つきだけは避けることができた。

既に心拍は180を超えていただろうか。先行隊の中で1人だけハーハー言ってる(T ^ T)


ただこの区間で感じたのは、ブレインショックが非常に優れてるということ。

ブレインショックについて(英文)
→http://bikestuffreviews.com/2011/01/26/specialized-afr-brain-shock-review/

つまり上から入力されるパワーにはサスは動かず、

路面からの衝撃のみ吸収してくれるという、ダートを登る際には非常に武器になるシステムなのであ~る(MTBerなら誰でも知ってる知識ですが)

王滝の登り区間で有利になりそうですな。


その後は平坦区間を各々のペースで走行。

途中空気圧が高いことを指摘して貰ったり、サドル高さを調整したり…

折り返し地点の管理棟に無事到着。



29erフルサスなので下りも快適に下れますね。

ただリアサスの動きがぎこちなく感じる瞬間があり、これは慣れる必要があるかもしれませんな。

というのも、一気にリアサスに力が加わると、リアサスが沈み込む途中に沈み込み速度が一瞬遅くなる感じがしましたね。

ホンマかどうか分かりませんが(笑)


そっからは昼迄に帰宅できる様途中離脱。

一緒に帰路についたIさんはお初王滝で6:15という記録の持ち主ということもあり速い速い!

しかもこちらのシートポストが下がってきたこともあり登り区間で差が大分ついてしまいました。

ただIさんのマシンがHTということもあり、ガレた場所や登り返しではフルサスの方が速かった様に感じました。

確かに昨年の王滝ではHTで参加しましたが、登り返しや、がれ場での下りでの速度維持が難しかったのを覚えてます。

やはりフルサスのメリットは捨てがたいですな。



今回は3時間足らずの走行会でしたが、未だ未だ新車を乗りこなす迄は時間がかかりそうです。

現状膝が完治してないので、自宅からの自走というのはきびしいですが、

例年の遅れを取り戻すためにもMTBに乗る時間を増やして行こうと思います!

ではでは



↓ポチッと宜しくです!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

[edit]

軽く犬鳴峠 

連休なので実家へ。今回は熊取です。

嫁は結婚式のため3日とも東京へ。

なので娘と二人での規制です。母親は娘の面倒を観る気マンマン


土曜は昼からロードで出発。天気は良くも悪くもない感じ。

ただやはり昼から出発するとやる気があまりデナイデスネ。

今日も軽く走るだけにしました。

とはいうものの、山と海を除けば行く場所がなくなる立地なものでして…結局犬鳴山に行くことに

まだまだ膝の軌道を気にしておかないと痛くなりますね。

29er、未だ完成せずじまい。。?







↓ポチッと宜しくです!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

[edit]

半年ぶり 

ほぼ半年ぶりに金剛山ロープウェイ口まで行ってきました!

石川サイクリングロードから河内長野駅、R310からR705で目的地に向かいます。

昨日は久々の北風。南下するコースなのでずっと追い風で楽に進む時間帯もありましたね。

と…河内長野駅を出たあたりだったかな?

やはり筋肉に疲れがで始めると膝痛が出始める感じがします。

ただ痛みで踏めなくなるほどではなく、強い違和感を抱きながらも踏める…という状況です。

はたして良い兆候なのか?傷口を開いてるだけだけだったりして。


ずっと乗ってなかったから当然ですが、R705に入ってからは貧脚化したのを痛感。

金剛山ロープウェイ口のバス停からロープウェイ乗り口までの最後は泣きたくなるくらいだった。

いくら斜度10%とはいえタレ具合が半端なかったなぁ…

来週の連休は、新車のSWORKS EPIC CARBONが来てるはずなので、

近くのトレイルに向かいます。
晴れますように!





↓ポチッと宜しくです!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

[edit]

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。