08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

温泉から峠三昧  

3連休は下呂温泉に行ってまいりました。

当初は往路(一宮市⇒下呂)にMTBでいこうと考えておりましたが、

直射日光の強さと湿度の高さと。。。で途中で辞めました。

ちなみに・・・今話題の(?)犬山城(笑)




この日は青空のもと綺麗に見えていました。

先日の集中豪雨でTV中継で放映されていた箇所も元に戻ってましたね。



さてさて下呂温泉から目的地の美濃加茂市までは国道41号で75km。

75kmも国道41号線で帰っても何にも楽しくないので、山の中を通って帰ることに。

笹峠、松坂峠、桜峠、大多尾峠、遠ヶ根峠、蛭川峠・・・

と峠三昧の予定。

下呂を出発したのが11時ごろだったので、時間と天候と相談しながら行こうかなと。



標高がだいたい350m位の下呂温泉からは国道41号と別れるまでは下り基調。

そして県道62号線を通り笹峠方面へ。

この時すでに汗だく。しかしドリンクを買うのを忘れていたので途中で購入。

このまま自動販売機が無かったらどうしよう・・・・と思うくらい全然無かった。

峠付近は斜度がきつくなるものの、笹峠と松坂峠は難なくクリア。

松坂峠は南から登るとキツイ感じかな。下るといつものホームコース国道256号線に合流。

合流地点からはほどなくして桜峠への登りが始まる。

途中の自動販売機前にローディ発見。挨拶を交わして通過。

(実は次の日に偶然この方をツイッター上で発見w)

相変わらず景色もくそもない峠。名前は綺麗なんだけども。



んで12時半ごろに東白川村の役場に到着。

ぬるいコーラと烏龍茶を補給。これから大多尾峠。初めて登る。

大多尾峠の断面図を見ると結構登るみたい。

距離は6km、平均勾配7%、最高標高は800m程度。




初めて登る峠はなんというか・・・怖いね。

その上地理的に熊もいるかもしれないし(笑)

もちろんこの峠に来るつもりだったから熊鈴持ってきてたけど。

序盤はそんなに斜度はキツク無いけど、後半から8%を超える勾配が延々と続く。

つちのこ神社あたりから辺りが暗くなって・・・そもそも森の中なのでさらに暗い。

左右は茂みになっているのでいつ動物が出てきてもおかしくない雰囲気。

熊鈴を無理やり鳴らしたり、声を無駄に出しながらのヒルクライム。

あ~やだやだ。

途中からは雨が降り出し全身ウェット。路面もウェット。

まあMTBで来ているから下りも問題ないく下れるんだけどねw




そして無事に峠を制覇し次なる峠に向かおうか悩んだが・・・峠の向こうは黒い雲。

雨雲レーダーを見ると真っ赤。こりゃまずいと思い、そのまま白川口までダウンヒル。

この県道70号線のダウンヒルが最近のお気に入り(笑)

道幅もそれほど広くないし、テクニカルな下りもあるので飽きない。

白川街道の単調な下りと比較するとあっという間に白川口につける。やっぱりこの道良いわ。



結局終始身体は濡れたまま目的地まで90km程度を走破。

いつもは白川口からは向かい風を受けて悶絶しながら帰るところ、このひはなぜか追い風。

壮絶な日焼けとともに帰ってきました。

来週はロードでシゴキ練習会に参加予定。

どうやら4000mUPの鬼コースなんだとか。

果たして来週は走破できるんだろうか?????



スポンサーサイト

[edit]

SL6 発注したよ  

7年ぶりにロードバイクを新調することなりました。



普段出入りしているショップがほぼスペシャライズドしか取り扱っていないため、

購入することにしたのは、あの“SL6”でやんす。

完成予想図はこちら…




既にフレームセットは発注済み。

恐らくここまで下調べして購入した自転車は初めてなんじゃあないかと(笑)

ちょいちょい備忘録として。

7月1日、SL6発表。その日はGF吉野に参加するために大阪に戻っていたので、ショップに立ち寄る。

世界発表日にショップに行くなんていかにも買いそうな客だわ。

サガンが乗っている新しいカラーリングのマシンが欲しかったけど、

どうやら限定カラーらしく、当ショップには入る予定はないとの事。

この時点で新車新調の熱が冷める。その後1週間何も進まず。

でもやはり既存の車体の痛みも激しいし新調したほうが良いかと思い再スタート。

ちなみに今回発表されたのはリムブレーキ版のみで、ディスク仕様は未発表。

好きなカラーリングが出るかもしれないし1年待つ選択肢もあったが、

ここでリムブレーキ版とディスクブレーキ版の比較をしてみることに。

両仕様の違いをまとめたサイトをすぐに見つけることができた。

重量を比較すると、もちろんディスク仕様の方が重い。

だいたい600g~700g重い。価格も2~3万高い。
またDURA ACEとULTEGLAのグレードの違いも調べてみる。

価格差は12万、重量差は300gということ。

そのサイトではシリアスレーサー以外はULTEGLAでいいのでは?とのこと。同感だ。

そもそも論だが、ロードバイクで劇坂を好んで下るタイプのサイクリストでもないし、

雨が降れば乗らないし、安全な練習のためにMTBを選ぶことも多い。

高い、重い、必要性も怪しい・・・のでディスク仕様は不要との結論に至った。

“軽さは正義“である。

故にSL6発表後10日後にTARMC SL6の黒いフレームセットを発注した。

[edit]

愛知県民化  

今週末は得意先の忘年会出席のため土曜の午後に名古屋に帰ってきました。
土曜日の午前中に保育所の餅つき大会があったもので・・・仕方なく(?)一時帰阪。
まあ名古屋→大阪のバス移動は1800円ですから。安いもんです。
土曜日の夜に忘年会に参加し、日曜日はゆっくり起床。
子供がいると6時前に起こされますからねぇ(笑)優雅なもんです。
日曜日一日与えられると、ぐーたらして結局無駄に過ごしてしまいそうですのでチャキチャキ準備開始。
とはいうものの、MTBに乗るのか、ロードに乗るのか決めきれず(笑)
結局は最近外を走っていないロードを選択。
とはいえ、交通機関もない場所でトラブルが発生したら困りますからね。準備は念入りに。
コースは名古屋市内から瀬戸市を抜けて雨沢峠を越え、瑞浪当たりからは19号で帰ってくる感じに決定。
おそらく100km弱になると予想。
外堀通りから出来町通りに移動して東進開始。
走りづらい。走りづらいの連続。
左折専用レーンが頻出するし、矢印信号が複雑すぎて疲れる。
名古屋が日本で一番事故率が高いのもうなずける。複雑すぎるでしょ。
特に出来町通は基幹バス専用(優先)レーンもあるもんだから、いろんな動きをする車がいる。
もう少し落ち着いて運転すればいいのに、名古屋人。
尾張瀬戸駅を通過した辺りからは快適な道が現れる。ようやく邪魔されずに走れるって感じ。
信号もだんだん無くなり・・・雨沢峠へ。
比較的ネットでよく目にする峠なんだけど、あまり自転車を見かけなかった。4人位か。
斜度もきつくなく、この時期でも難なく(?)登れる感じ。
夏場に登ると少し物足りない感じがするかもだけど。

岐阜との県境を過ぎ、5kmほど東進して県道96号線で北上。
GF吉野の奥吉野で出てくるような道で走りやすい。綺麗な川が流れてて景色に飽きない。
とはいえやはり山の中なので、日陰の部分は凍っている場所もあり、厳冬期は危険なんだろう。
国道19号線に合流するまでは信号は皆無で非常に走りやすかった。
国道19号線は・・・また走りづらいの連続。
基本的に自転車に対して敵対的だよね。
自転車を抜いてすぐ左折するという愚行に出る自動車が2台。
左折するなら抜くなよ、名古屋人。
あと、大阪では計車両走行禁止になるような区間も特段規制していない。
正直悩むんだよね。標識が無くても。走っていいの?ここ?ってな感じ。
結局内津峠のトンネルは走行せず、旧道で峠を越える。
峠を示す表示は無く、こんな感じの看板のみ。登り甲斐のない峠だった(笑)

春日井市に入ってからは快調に走行できたんだけどね。
慣れてない場所を走るとそんなもんか(笑)
とりあえず93kmほど走って無事に西区の自宅へ帰宅。
TSS250を超える走行をしたんだけど、思いのほか疲れていない感じ。
てか最近長時間走っていないので、こんなに走れると思っていなかった。
年末年始もどんだけ走れるか微妙ではありますが、ローラー台を含めて走れる時は走ろうかね。
風が強い日はランもいいかも(笑)

[edit]

信号地獄 名古屋  

土曜日に仕事が名古屋であったので先週は大阪に帰らず。
日曜日は一日雨との予報だったので自転車に乗ることにした。
とはいえ名古屋市西区に住んでいる身としては行き先が中々決まらない。
理由はハッソもかかみ野も多度も全部35km程度あり同じ距離だから。
とはいえ手持ちのMTBは下り系バイクのCARBINE275なので多度かハッソか。
多度は正直道がはっきりと覚えていないので、結局走りなれているハッソにした。
土曜日朝に起きたら快晴。放射冷却で寒い。
この時期は着るものに悩む。着すぎると汗冷えするし、着ないとただ寒い。
結局冬仕様を着て、前のジップを開け閉めすることで対応することに。
それにしても名古屋市内の信号地獄には嫌気がさす。
ストップ&ゴーの繰り返し。
途中同じようなトレイルバイクの方と並走するが速度が違うので特段声もかけず。
国道41号線を北上、扶桑町に入ってから東に向く。
道は下調べしていたものの、大正村(?)前の峠(いや丘?)の登りに苦労した。
裏のトレイルから山道に入る。
下の駐車場にいかにもMTB載せてきましたといった車が5台ほど停車していた。
だいたいどの方々なのかは想像できる。話したことはないが。
上の展望台までノンストップで到達。

寒かったけどいい天気。家の中にいる理由なんてない。山に行かない理由なんてない。
上から下のキャンプ場に向かう。下りがダメダメ。
身体が固まってうまく動かない。
俺ホンマにMTBerなのか(笑)?
シングルトラックに行きたかったが、仕事の時間が迫っていることに気付き諦める。
さっきタイヤの空気圧下げたところだったのに…(;´・ω・)
同じ道を帰るのは面白くないので国道19号線方面に向かう。
毎日向かう春日井市。そこを休日も通る俺。
大型トラックの後に憑かせてもらい、名古屋市まで順調にたどり着く。
そっからは迷うことなく帰宅できた。時間は13時。結構かかったな。
楽しかった!と言い切れる日じゃなかったけど、とりあえず乗れて満足。
来週は大阪で乗れるのだろうか????

[edit]

自走で上高地 

待ちに待った夏休み。今年は9連休でした。

今回のメインイベントは美濃加茂から上高地まで自走で行くロングライド。

車で行った場所ではあるものの、往路は後半に峠が3個あり、体力的に持つのか果たして・・・



8月12日。朝4時半に嫁の実家を出発。もちろん外は暗い。

この日のために買ったMTBタイヤの空気圧を再度最高にして出発。

往路は距離は170㎞程度、獲得標高は3500m程度と予想。

前半は高山市までの120㎞はほとんどフラット。

フラットというか、120㎞走って800mくらい登る感じ。ダラダラ登らされるわけ。

終始国道41号線を北上。途中までは何度も走ったことのある場所だから退屈。ゆえに眠気に襲われる。

70km地点にある下呂温泉に7時半過ぎに到着。特段何をするわけでもなく小休止して出発。


高山までここから50㎞。アップダウンが増える。そして気温も上がる。。。

この区間は初めて走る区間なので眠気は襲ってこない。ただ景色はほとんど変わらない。

一か所、高山市に入るトンネルが自転車通行不可のため旧道を走らされるも迷うことは無い。

そして10時過ぎに宮峠を超え、10時半に高山市街地に突入。

高山市街地を少し過ぎた場所のコンビニで昼食&水分の買い込みを念入りにやった。



んでこっからが問題の区間。

残りは50㎞もないんだけど、そこから2000m程度登らないといけない。

加えてこの日は暑かった。日差しが容赦なく降り注いでるし、国道158号線は日影が少ない。

腹ごしらえをして出発。

まず最初の目標は平湯トンネル。ここから30㎞900mUP。3時間は必要かと。。。

登りといっても上り続ける訳ではなく、下りもある。だからその分余計に登らされるのが結構負担(笑)

半分まで登った辺りで休憩を入れる。体温が下がらずツライ。かといって水分を取っても腹に貯まるだけな感じ。

とそこに、ライダーズカフェ(?)のような店の入口に湧き水がかけ流し状態であるのを発見!

たまらずというか、条件反射のように停車し、店主に断ってからしばし水浴びタイム。

上がりきった体温を一気に下げることができ快感。正直助かった~~の気持ちでした。

こちらのお店の方には塩をふったキュウリやトマトも頂き本当に助かりました!!

それからというもの一度も停車することなく平湯トンネルに到着。時間は14時。

平湯トンネルは自転車で通るには危険な道の細さ&長いトンネルと聞いていましたが、

高山側からであれば下り基調なのでササっと抜けることができました。

そして降りたところにある、自転車も通してほしい安房トンネルの入口(笑)


そして最後のメインディッシュである安房峠の麓である平湯バスターミナルに到着。

ちょいと小休止。



安房峠はクマ出没のリスクがあるとのことで、この峠のためにクマ鈴を持ってきました。

ただ登りではあまり鈴が揺れないので鈴が鳴らず…(笑) ただただ受け身の姿勢でしたね。

峠の中腹までは切り立った崖の中に道が作られていたので、横からの襲撃はないと思ってましたが、

後半は両脇が茂みだったので、どちらから来てもおかしくない感じでした(笑)

熊の襲撃に無縁な関西人としては、見てみたい気もしましたが、妻子のある身なので、出てこないほうが助かります。

なんたって登りは逃げれる速度じゃないですからねw

結局インナー×ローでクルクル回すのが精いっぱいだったので、頂上に着くまでに約一時間かかりました。

峠の頂上は曇。そして標高1800mとあってか半袖では寒い。。。

写真を撮って、ウィンドブレーカーを用意して出発。ヘアピンカーブがいっぱいあって楽しい。

今となっては安房トンネルのおかげで交通量は非常に少ないけど、

ここを大型バスが大量に通っていたは考えられないわ。確実にすれ違えない場所だらけだし。



そいでやってきました。釜トンネル。

自家用車が入れない場所を自転車が入っていけるなんて素敵。サイクリストの特権だね。

バスやタクシーの運転手からすると迷惑極まりない存在なんだろうが(笑)

釜トンネルは最初から最後まで劇坂。

しかも通る車両が全部轟音を轟かせながら走るもんだから、

弱小自転車は落ち着いて走ってられない。実際バスに抜かれるときは何度か止まったもんね。

でも距離的にはあっという間なので、もうすぐ到着できるという高揚感だけで登れる感じでした。




んでようやく上高地に到着。

バス停までしか乗車できないことは事前に知ってたけど、この繁忙期だけは持ち込みもダメらしい。

ホテルに置かせてもらうつもりだったので鍵を持っておらず…

でも上高地だから盗難なんてないだろうと軽く考えて、バスターミナル横の駐輪場に鍵なしで停めちゃいました。

到着時の上高地はあいにくの曇天。

しかしバスターミナルから延びるバス待ちの人たちの列が数百メートル延びていて若干引いた。

みんな小奇麗な恰好やら登山客的な恰好をしている人ばかりだったのに、一人歩く汗だくのサイクリストw

しかもピチピチジャージにビンディングシューズだから無駄に歩く足音がうるさくて恥ずかしかった。

ホテルには着替えを事前に宅急便で送っていたのでホテルでは何不自由なく過ごせましたが、

ホテルの風呂でこの日着ていたジャージを洗う必要があったので、それはすこし恥ずかしかった。

どうやら流星群の観測に来ているお客さんが多かったようだが、この日はず~っと曇。

胃腸に不調が来るほど消耗していた小生は7時半まで部屋でゆっくりしてから食事を取り、

ビールも1本だけ注文して即就寝したのでありました。

往路編終了。



[edit]

プロフィール

フリーエリア

最新記事

カウンター

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。